2005年01月04日

モーターサイクルダイヤリーズ

久々にいい映画を見た!

相方に誘われて年の暮れも押し迫った
30日に恵比寿です。

ロードムービーに「はずれ」は少ないというが
私一人ではたぶんノーマークだった映画。
今年はよりいっそう、
進取の気鋭に富まねばなりません。


「バイク」じゃなくて「モーターサイクル」!!

内容は、あの共産革命の英雄チェゲバラ氏の
青春の愛すべきおバカな日々・・といったところ。
表題どおり「モーターサイクル」で親友と南米大陸を北上する
自分探しの旅に出る。ブエノス育ちのお坊ちゃんが
現実と遭遇してだんだん目指すべき方向が見えてくる。
本当に内容はそれだけ。
「これはいわゆる英雄の物語ではない」だったかな??
劇中でも何回か繰り返されるとおり、
彼が志を立てる前段階なので
どんぱちもカーチェイスもありません。

ゲバラ氏というと、
若者むけTシャツにコラージュされているような
ベレー帽に髪もじゃもじゃの
思想に凝り固まった気難しそうなおっさん・・てな
イメージでしたが(あと多少カプコンも(笑))
なんのなんの。彼も同じ人間で
悩みまくっている時期があったんだなーって。
なんかすっきりしましたね。陳腐な感想ですが。

それから「ああ、青春っていいなあ」と
素直に楽しんでしまいました。
劇中で「共産主義」をむやみに
お仕着せしなかったのも高感度UP。
ゲバラ氏は別に「共産」という「主義」のためでなく
貧しくとも懸命に生きている南米大陸の「人々」のために
戦っただけのことだったのでしょう。

驚いたのがスタッフロールで、
現存する彼らの旅行スナップ写真が流れるんですよ!
最後まで席を立たないでください。
CD屋で南米の民族音楽集でも買ってこようかな。

素敵な映画を紹介してくれた相方に感謝。
いい映画を見た!
でもモーターサイクルこけすぎ!!

12/30「恵比寿ガーデンシネマ」にて。
http://www.herald.co.jp/official/m_cycle_diaries/index.shtml
posted by PON at 21:36| ☁| Comment(4) | TrackBack(12) | 映画(マ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする