2005年01月30日

大戦略とドイツ軍

どうもPONです。
しばらく旅行記が続きましたので
ここらでひとつ趣味の世界に
突っ走りたいと思います。

・・その前にやっぱりついていけない人は
ここに置いて行きます。

「大戦略」というゲームがあります。
初出は古き良きNECのPC98。
今から18年くらい前でしょうか。
そのうちにPCからコンシューマへ。
舞台も現代戦から第二次世界大戦ものまで、
世界は広がっていきました。

各兵器ユニットにはジャンケンのように
「相性」があります。
航空機戦車対空戦車航空機
てなわけです。
「航空機の爆弾で戦車は吹き飛び
 戦車は対空戦車をカモにして、
 対空戦車はここぞとばかり、航空機に当り散らす」
多少の例外はありますがこんなカンジ。 

このゲームはもう必勝法というかセオリーがあります。
初心者ならば戦場の花形たる戦車
前線を突破したい所ですが、少々慣れてきますと
戦車は拠点のキープを主任務とし、
ZOC(Zone Of Control)を考えて
前線を構成、ときどき襲ってくる敵を
適当にあしらっていればよく、
結局、相手の前線を効率的に切り崩していくのは
航空機(攻撃機)の爆弾であることが
判ってきます。
(自国の予算が潤沢であれば・・という条件付ですが笑)

これは実戦でも同じで、
「空から」という三次元攻撃に
基本的に地上は弱いのです。
こんなことを高校生の私はゲームから学びました。
(そらそーだ。逆に言えば
 ぢべた這い回る歩兵にとって
 味方の航空支援は勇気百倍だよな)

第二次世界大戦でポーランド軍等を圧倒した戦法は
かの有名なドイツの電撃戦
(Blitzkrieg ぶりっつくりーく)です。
一般的に、無敵ドイツの戦車が無人の平野の如く
他国を蹂躙するイメージがあると思いますが、
大戦初期のドイツ戦車はまだまだ貧弱でして、
いくら戦車大国=ドイツと言っても
最初からタイガー戦車なんかを装備していたわけではありません。

それでも華々しい戦果を上げられたのは、
戦車に初めて無線を積んで有機的に戦車軍団を動かせたとか
航空機を使用した積極的な偵察とか
移動手段は歩くのみだった歩兵に移動手段を用意したりとか
そもそも敵が弱かったからとか。
まあいろいろ勝因はあります。
詳細はその筋にもっと詳しい方に任せますけど。

ドイツ軍はStuka(スツーカ)と呼ばれる
急降下爆撃機を開発、前線に大量配備。
こいつの爆弾で、敵のとっても固い
トーチカ(小規模な要塞だと思ってください)やら
敵陣地やら敵戦車やら、戦車の進撃に邪魔なモノを
正確な情報とスツーカの正確な命中率によって
次々と露払いしていったのです。
ドイツ戦車軍団の快進撃は実にここにあります。
誤解を恐れずに言うならば、
その頃の戦車はあんまり
強敵と戦ってなかったわけで。
立役者は「航空機」

電撃戦なるものを書籍で
初めて知った高校生の私はこうつぶやきました。

「なんだ大戦略じゃん」

知らないって強いですね。
今日はこれだけです。
お休みなさいませ。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
ラベル:大戦略
posted by PON at 00:40| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする