2005年04月06日

馬鹿か?

「ノーロープ有刺鉄線
 ストリートファイト
 トルネード
 バリケードマット
 ダブルヘル
 タッグ・デスマッチ」


知っている横文字在庫一斉セールのようで
ホント頭の悪そうなイベントタイトルですが
これは何処かの国の「国会議員」○仁田氏の開催した
「卒業デスマッチ」
だそうな。参加費一人 一万円也。
新手の議員パーティー
ですね。
何を卒業したんだろう。「明○大学」かな。
たしか入学していた気もする。
卒業するなら国会議員だったらよかったのに。
そういや、彼は3度目のだかの引退で
「プロレス格闘技評論家」に転職したらしいよ。
また怪しい職業がでてきたな。
「プロレス」だけじゃあ仕事がないからね。
なるなら「スポーツ冒険家」になれって何それ?

最近ブレイク中の「ガッツ何某」が以前
落選したときは「まだ国民に良識が残っていた」と
ひそかに快哉したもんだったが、
結局「国会議員」なんて金かネームバリューがあれば
誰でも務まるみたいだね。
「ガッツ」も今なら当選するかも。

間違って入社したようなヒラも社長も
一口で言えば同じ会社の社員
同様に「国会議員」といっても様々。
さすがに「総理大臣」になるくらいの人はそれなりの
良識、人望、財力、知力、体力、時の運
あるのかもしれない。
そう思うと、ちょっと頼もしく思えませんか?
有象無象の議員連を率いる例の彼
なに?幻想?そうか。

続きを読む
posted by PON at 20:14| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする