2005年04月07日

奇蹄目ウマ科ぱかぱか

相変わらず、よく知りもしないのに
書くものじゃあないんだろうけど。

ウマは人類が家畜として用途を見出して
いなかったら当の昔に絶滅していただろう
、と
エゲレスの学者が発表したことがありました。
良くわからんが、同じ草食動物でも
生物的に偶蹄目のウシさん達のほうが
優れているらしい。
確かにウマはひ弱だよね。特に
「サラブレッド」
・・トモにぶつけてラチを傷めました

偶蹄目奇蹄目とは草食動物の分類で
蹄(=ひづめ)が奇数か偶数かってことで
分かれます。
奇蹄目には「ウマ」や「サイ」が居ます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%9E

「モウコノウマ」って確か多摩動物公園にいた気がする。
「もう子」って誰?ではなく
「蒙古」「野ウマ」ってことでしょうね。
 判りますよね。どうもすみません(笑)

他にも奇蹄目でググっていたら・・
↓奇蹄目ウマ科ロバに注目
http://aikidobaka.chat-jp.com/1koma-page/aiueo/ra.html
「性格」はもう一族で決まっちゃってるんでしょうか?
「ホモ・サピエンス人類:性格:好戦的」とか??

昔、競馬がブームになったころ、
人並みに競馬を研究してみよう!
それにはゲームからその世界に入るのが一番手っ取り早いと
ダビスタに手を出してみたんだけれど
「ウマ」に愛着が沸かない。
軍事に興味の無い人には
「4号戦車」も工事現場の「ブルドーザー」も
一緒に見えるように、PONにはどうしても
「ウマ」は「ウマ」にしか見えなかった。

だって「ウマ」じゃん?
その世界の歴史的瞬間を両の目で見てきた人間だけがわかる
「思い入れ」の違いなんだろうな。
・・俺、WWUなんか当然未経験だけど
posted by PON at 23:03| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする