2005年04月16日

行け!イ−507

「世界の艦船」っていう
食玩シリーズがあります。
PONはプロフィールにも表記の通り、
戦艦が大好きですから、存在自体は無問題。
実は今まで敬遠していたのですが
(買い出していたらキリがないので)
ここにきて
「世界の艦船第三弾」発売

世界の艦船3.JPG

http://www5f.biglobe.ne.jp/~syokuganhonpo/page369.html

「ローレライ」の小説を読書中の私。
気分はすっかり潜水艦乗りでしたので
ひとつ買ってみました。
近所のコンビニに残っていたのは三つ。
わが海軍の今期購入予算は一個です。
それ以上購入も可能ですがその場合、
今夜の夕食大減量が前提。
涙を呑んで一個にしました。
慎重に重さを見極めて購入です。
「カスピ・モンスター」なんて
当たりでもしたら悲しいじゃないですか。

家に帰って開けると・・
パッケージに青いラインが見えます。
・・「青の六号(フリッパー付)」?
なんじゃこの玩具じみているのは?
どうも昔の漫画の主役機らしいです。
私には縁がない漫画だったので
まったく思い入れはありません。

しかもネットで調べるとフリッパー付はシークレットでした。
シークレットという言葉はそれだけで
甘美な響きがするものですが、
でも「青の六号」じゃあなあ。
できれば主人公艦「ローレライ・イ-507」の原型艦という設定の
シュルクーフ (1931年・フランス)号。
だめなら帝国海軍の潜水艦が欲しかったのだが。
シークレットなのは嬉しいけど、なんか、ね。

一方で同じメーカーが「ローレライ」シリーズも出しています。

http://www.takaratoys.co.jp/microworld/lorelei/

ローレライ.JPG

こちらも基本的に「世界の艦船」シリーズに準拠してますが
映画公開に便乗し、劇中に出てくる艦船等だけで
シリーズをまとめてあります。
PONが小説の影響を受け始めたころ、
ほとんどのコンビニでは既に販売終了(要は売り切れ)でしたが、
先日、一個だけ残っているのを発見!
早速確保しました。
いそいそと開封。
・・「お?緑色だ。もしや」
「シュルクーフ (1931年・フランス)号」でした。
けどおかしいな、ラインナップにないぞ?
ネットで調べたところ
「ローレライ」シリーズでのこれまた
シークレットでした。

連続シークレットか・・・けれど
世界の艦船の通常シリーズにある
「シュルクーフ号」と一緒じゃん!
これはもうシークレットとちがうだろ?


世界の艦船第三弾の生産ラインから適度な数の
「シュルクーフ号」を引っこ抜いて
「ローレライ」シリーズのシークレットとして
紛れ込ませたってところでしょうか?
うーん商売上手。
むかつくけど。

レアアイテムとか言って
単に塗装の手間を省いただけ
「クリアバージョン」とか
「ゴールドバージョン」とかで
お茶を濁さないだけ、このメーカーはマシだが。

主人公イ−507はGETできなかったけど
似たようなものがGETできたから良しとするぅ。
2個買って2個ともシークレットとは、
打率としては効率的でありました。

小説は読み終わりましたが感想はまた今度に。
続きを読む
posted by PON at 22:39| ☔| Comment(4) | TrackBack(5) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする