2005年07月13日

彼の敵は世界

「ヒトラー最後の12日間」

家政婦は見た「ヒトラー家」の秘密、
といったところだろうか。
(ウソです。書いてみただけです)
PONは見ていません。見る気満々ですが。
混んでいるだろうなぁ。
見てないのに記事にしてしまったのは
東急線の車両内でポスターを見てしまったからです。

ヒトラー映画.jpg

「彼の敵は世界」
チンケかもしれませんがよく出来た
コピーだと思いますよ。
これまでもそしてこれからも「自分の敵は世界」という
人間は居なくならないでしょう。
そういう人間は日常レベルなら「陰に篭もる」か
「カンシャク」または「ヒステリー」。
よりアクティブなら「発作的犯罪」に手を染め、
行くとこまで行くと
社会的義憤に己の勝手な怒りを重ねて「テロ」活動、
といったところでしょうか。
ところが神のいたずらか本人の実力か
「世界を敵に回すことの出来る」地位
ある男が就いてしまったことがいけなかった。

ドイツ人ってすごいな。
平気で歴史の総括できるし。
(もっとも、あの時代は「ヒトラーの個人的」大犯罪であって
 今のドイツ国家は、むしろ彼の「被害者」ですらあるのだ!
 というように、ドイツ人は、自分達の過去を「切り離して」
 見ているようにPONには思えます。
 だからこそ、ここまで客観的に出来るのかも。)

今のところ渋谷「シネライズ」でしか
公開しないらしい。
7/9から全国順次ロードショー。
Zよりも実は見たいね(笑)

オフィシャルサイト

http://www.hitler-movie.jp/

************************
このブログ存続のために
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ


posted by PON at 22:08| ☔| Comment(7) | TrackBack(10) | 映画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。