2005年09月04日

MS−05 ザクT

PONです。
カテゴリーにわざわざ「MS」が存在しながら
あまりにも扱いが少なすぎる、と私の内面の声が
聞こえてまいりましたのでMS関連、ぼちぼちと
固め撃ちしてまいろうかと。
なお、今後に共通して言えることですが
資料性はZEROですので。思いつくままに。

第1回目は
モビルスーツの代名詞ザクですよ。
しかもザクT。
これに乗っていたのは
旧式補給艦「パブア」の艦長ガデム大尉。
自艦の危機に艦長自ら出撃とは。
ヤマトの危機に「沖田艦長」自ら
コスモタイガーで出撃!
っつーくらい
とんでもないことなんですね。本来は。
けど古代君はモロそれを実践してますから
喩えをもってくる場所が悪かった気もします。
すみません。

まあそれはさておき、このMSの存在から
MSV(モビルスーツバリエーション)という
思考遊戯が始まり、ガンダム世界が広がりを見せる
余地が生まれたという事実からして
まさにモビルスーツの発展母体です。

放映当時では
「すこーし毛色の変わったロボットも出したれ!」
というくらいの感覚だったんでしょう。
それがいつしか
「あれは実は古いタイプのザクなんだよ」
「だから武器もなくてショルダータックルだけで
 ガンダムに立ち向かったんだ」
「旧ザクだ」
「・・いっそのことドイツの戦車みたく、
 ザクの開発史なんか設定したら面白くない?」
「いいねーそれ!」

ってな流れになったんでしょう。
小学生としては「試作型」「量産型」「カスタム」「××専用」
よく判らないのにそんな響きに「リアル」を感じたものです。

ゲームですと「ギレンの野望」シリーズ。
自軍の駒たる兵器(MS)とかを
少ない軍資金と現在の科学技量のなかからやりくりして
新兵器を開発してゆくわけですが、
プレイヤーが何もしなくても
ゲームスタート時には既に「ザクT」は
開発終了されているんです。
ご丁寧に「既開発済み兵器リスト」にリストアップが。
自分(プレイヤー)が
ゲームを引き継ぐ前に
ゲーム世界の人間が想像を絶する苦労を重ねて
ようやく「ザクT」を開発したんだろうなーって。
そしてその成果を享受できる自分がいる。
そんなところに「リアル」を感じる自分デス。
嗚呼それなのに、前線ではたかが「ザクT」なんです。
ごめんなさい(笑)

ゲームを単に勝ちたいというだけならば
速攻でスクラップにして、少しでも資金と資源を
「ザクU」に置き換えてゆくところなんですが、
PONはザクT配備部隊を
何故かとっても大事に使ってしまうのです。
「後方警備部隊に二線級の兵器がまわされ
 乗る兵士はぶつくさ言っている状況」
の再現。
そんな脳内妄想。
(「ドイツ38トン戦車が治安部隊に
 回されるようなもの」いえば
 判ってくれる人はくれると信じます。)

もっとも、後半はいつもそんな余裕無くなるんですけど。
最前線の連邦軍に「MSモドキ」でも現れたものなら
そんな部隊は瞬殺ですから。
でもたった1ユニットだけ混ぜておいたりね。
ジオン本国にとか。
ぼろぼろになるまで仕える姿が
絵になるこいつの存在が結構好きです。

旧ザク.jpg
「GVSZのゲーム画面より」

***********************
このブログ、面白かったら
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

続きを読む


posted by PON at 18:10| ☔| Comment(5) | TrackBack(1) | MS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。