2006年03月10日

中学時代

今日、この一ヶ月ぐらいで一番
びっくりしたことがありました。
世の中これだから、生きていて
楽しいですな。
マスライです。どぞ。

*********************

えー中学時代のこと。
音楽の授業で珍しく宿題が出たんですな。
PONは珍しくやる気になりまして
学生時代の誰もが貴重な時間帯
そう「帰宅〜夕ニャン(もしくはルパン再放送)〜夕飯」
のゴールデンタイムを利用しまして
数日かけてその宿題をこなしたんですわ。

いよいよ宿題結果発表という日
事件は起きました。
PONの学校では各授業の始業前に
教師が出席点呼を取るんですが
なんかのハズミで、音楽教師は
誰かが代返したと思ったらしいのです。
大学生じゃあるまいし
当時の田舎の中学生にそんな
度胸のある奴いませんて。
実際、PONが見回しても
クラス全員揃っている様に見えましたし。

教師「誰が代返したのか判明するまでは
   授業は進めない」


犯人なんているはずありませんから
10分以上、黙りっこタイムが続きました。

せっかく、宿題やってきたのに!
たまらなくなったPONは
つい、教師に言ってしまいました。
PON「先生、もういいですから
   授業を進めてください!」


教師も思わぬ生徒の逆襲にびっくりしたようだったが
ともかく授業をスタートしてくれた。
しかし、こんなスタートでは
宿題なんか発表したくったって

できるわけがない。

結局、PONはそれ以降沈黙を貫き
宿題は発表されぬまま
幻の回答となってしまいました。
まあそんだけです。

************************
このブログ存続のために
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ


posted by PON at 22:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

旅荘 駒

誰に向かって言う・・というわけでもないのだが
判る人にだけお知らせしておきます。

神楽坂のかくれ宿
(「連れ込み」とか「逆さ海月」とか
 「純和風旅館」とか「茶屋」とか「ご休憩」とか
 どんな表現でも可)

知る人ぞ知る
風情のある石畳と黒板塀の
神楽坂「かくれんぼ横丁」にあった
旅荘 「駒」(こま)
「東京都新宿区神楽坂3丁目1」

2006年1月15日を以て
閉館
しました。
30年程の歴史があったそう。

寂しいね。
************************
このブログ存続のために
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
posted by PON at 23:30| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

三菱支援戦闘機F−1 勇退

ごくごくミクロな範囲で
当ブログ、マスライの
マーケティングリサーチを行ったんですが
なんかマスライで
「軍事」系を取り扱うと結構、不評
らしく。

・・悲しい。悲しいぞ。
あんちゃんは。

まあそれはそれとして(スミマセン)
・・3/9の九州は築城基地での
ラストフライトを最後に
航空自衛隊、支援戦闘機、
三菱F―1
が引退します。

国産初のジェット戦闘機、F―1が引退

> 国産初のジェット戦闘機「F―1」が
>現役を引退する。航空自衛隊築城基地
>(福岡県築上町)の第6飛行隊に
>残る7機のうち、6機が9日に
>ラストフライトを行い、
>30年近い歴史に幕を下ろす。

>引退後は自衛隊基地や博物館に
>展示されて余生を送る予定。

> F―1は、米ソ冷戦のさなかの
>77年に空自三沢基地(青森県三沢市)、
>80年には築城基地へ配備された。
>最高速度はマッハ1・6、
>最大航続距離は約2600キロ。
>ロケット弾76発や爆弾12発を積み込める。

> 80年代には、築城基地と三沢基地で
>最大計77機が活躍。三沢基地の配備機が
>2001年に引退し、築城基地の7機も、
>飛行時間が基準の4000時間を
>間もなく超える。
>(読売新聞) - 3月8日

f-1.jpg
@三菱重工 防衛庁

こいつ、上から見ると「エンピツ」みたいで。
(主翼が小さい・・宇宙戦艦ヤマトみたいな羽根が
 申し訳程度に生えているのみ)
でも横から見ると流線型と直線の融合が結構かっこいい。
いかにも日本人的デザイン。
(デザインはヨーロッパ製「ジャギュア」攻撃機を
 パクッた参考にしたらしいけれど)

そもそもF−1は「T−2ジェット練習機」という名目で
開発され、教官が乗れるよう、前後に2乗りだったんですが
後部座席をそのままコンピュータ室にして
壁でフタしてしまったものですから
戦闘機のクセして後方視界最悪。
パイロットは多分、バックミラーが欲しいと思う。

全機とも戦没することなく退役・・
要するに兵器としてはムダだったわけですが、
それが一番なのだ。
F−104にしても61式戦車にしても
「真に役に立たないまま退役する兵器」
これほど素晴らしい存在がありましょうや??

そうだ、映画平成版「ガメラ2 レギオン襲来」でも
レギオン相手に奮闘していたなぁ。
整備兵は今は亡き「おやっさん」!

三菱F−1、お疲れ様でした!

************************
このブログ存続のために
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

ゲームの世界では・・
posted by PON at 22:45| ☁| Comment(4) | TrackBack(5) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

沖縄グルメ漫遊記 その5 美ら海水族館

さあ早いもので
沖縄シリーズも第5弾です。
皆さん付いて来てくれているかな?

<あらすぢ>
その1:座喜味城跡、真栄田岬
その2:ビオラの丘、なかま食堂
その3:伊計島
その4:A&W、カーサタコス
・・というわけで中日(なかび)、午後のお話です。

A&Wとカーサタコスでひとまず
おなか一杯、ご機嫌で車内DJを自任する
相方を左手に
車は「沖縄自動車道」を北上
いよいよ、PONも楽しみだった
「美ら海(ちゅらうみ)水族館」へ。
カーサタコスからは1時間位かな。

道中には水族館と提携した「お土産屋」「食堂」が
点在。入場チケット大人 1,800円のところ、
1枚確か150円引きで売ってくれます。
(無論、合法モノですよ)
レンタカーの観光客は
手近な店へ事前に飛び込んで見るのもまた一興。

公園の駐車場の車がみーんな「わ」ナンバー
(レンタカー)なのには笑った。
しかも並んでいる車種が
「FIT」「IST」「IST」ときどき「マーチ」
突然「コルト」といった感じ。
自分たちも「IST」だったけど。

沖縄美ら海.JPG
真ん中が「ジンベイザメ」の像。
水族館は「沖縄海洋博公園」内にあります。
「海洋博」とは第2次世界大戦後も
アメリカの占領下にあった沖縄が
1972年に本土復帰を果たした後、
経済格差解消の起爆剤として75年に
開催された沖縄の万博。その会場跡地です。

沖縄美ら海3.JPG
PONが子供の頃は、
沖縄海洋博開催記念100円玉
結構流通していまして、不思議なところで
身近な存在でした。
海の要塞(実は未来志向海上生活空間)
「アクアポリス」に無意味
未来を感じたものです。

沖縄美ら海4.JPG
世界一の大回遊水槽(黒潮の海)では
マンタ(イトマキエイ)がお出迎え。

沖縄美ら海15.JPG
きゃーー!!「甚平ザメ」!!
身長57M 体重550t・・
それでは巨体がうなって思わず空を飛んでしまいます。
ここのは7Mくらい。
最大12〜13Mくらいにはなる、
地球最大の「魚類」。
コイツが常設展示される時代になるとはね〜。
ジンベイくんは「オキアミ」のような
プランクトンしか食べません。
いたって無害な生物であります。

沖縄美ら海5.JPG
見上げると天井全部が水槽。
一時的に「ジンベイ」×2「マンタ」×3が
重なる瞬間がございまして
PONの上空(水)が一瞬、真っ暗になったことも!
次は「ミンククジラ」だ!頑張って下さい。
水産系科学者の方々。

沖縄美ら海10.JPG
これは「ヒト科ヒト属ヒト」ですな。
ご苦労様です。

沖縄美ら海11.JPG
海は偉大だ。

沖縄美ら海13.JPG
展示品の巨大「シャコ」。よくこんなもの
食ってみる気になったよな。
手近で「海老」が取れなかったから
「代用品」として食べてみたのかも?
だってこれ、細長い「虫」だよ。

沖縄美ら海13.JPG
なあ、海老君。海老族全体のリスクヘッジに
繋がってよかったよな?

やはり水族館はよい。
水族館マニアは一度は訪れるべき。
ちょっと思ったのは
ジンベイも泳げる「大回遊水槽」が施設の
半分以上を占めてしまっているので
その分、普通の水族館にみられるような
細かい常設展示のボリュームが若干足りないかな?
という程度。
ジンベイの迫力の前ではどうでもいい話で。
大きいことはいいことだ(古)

一応、「グルメ漫遊記」ですから。
一通り見終わった後、外の公園で
チュロス」を買って食べようとしたら、
相方に苦笑されました。
いいじゃんよ。普通の「シナモン」味にしたし。
名物??「ゴーヤ」味よりはいいでしょ。

営業時間とかはこちらを。

大人 1,800円
高校生 1,200円
小・中学生 600円

〒905-0206
沖縄県国頭郡本部町字石川424番地
TEL:0980-48-3748

水族館全国制覇という野望の歴史が
また1ページ・・。


***********************
このブログ存続のために
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

アクアポリスは・・
posted by PON at 23:54| ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

くだらないこと

「HDD」

って用語。
パソコン雑誌なんかで記載があります。
いまや欠かすことの出来ない
「パソコン」の機器です。
ハードディスクのことですね。

PONはなんとなくですが

ar isk

だと思っておりました。
でも本当は
ard isk rive
なんですな。
と自分に突っ込んでみたというだけのお話。

一方

「普通自動車免許」

最近は所持率が凄いですね。
よくアルバイトの応募条件などに
「要普免」なんてあったりしますが
PONはひそかに
「ようふつめん」
と読み、折に付け脳内変換して
「ようめん」
と発声してました・・が
なにかの時に、ストレートで
「ようふつめん」
と言ってしまったところ、
友人にエラク馬鹿にされました。

皆さんにも
我がココロの誤読ってありませんか?

************************
このブログ存続のために
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

更に言うなら・・
posted by PON at 22:54| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

小ネタコレクション

やあ!みんな。クラさんPONサンだよ。
てめえで「サン」付けだよ。ごめんね。

今日は横浜で飲み会があったんだ。
高校時代の同志だよ。
みんなオヤジになっていくなあ。
(もちろん、含む自分)
ホントはもう少し飲んでいたかったけれど
終電の都合で引き上げたさ。
田舎暮らしの弊害だね。
っていうか終電をあと30分遅らせやがれ。
某ライオン鉄道。

***********************

さて「小ネタ」コレクション。
新鮮さが勝負。
四の五の言わずにGO!

ちびっ子.JPG
あるバスのイベント。
子供料金が休みのときは50円って企画なんだが・・
「ちびっ子」
PONが惹かれたのはまさにここ。
いまどきそんな言葉・・すごいセンス
しかも「ちびっこ」でもなく「ちびっ
ギンビスのビスケットお菓子だ。
それは「たべっこ」。

困った方.JPG
PONが休日出勤時の京浜東北線上りにて。
どこまで行くのかな。

グレイ1
優先席です。優先席ですな。
このマークなんですけど・・
宇宙人「リトルグレイ」に似ている・・
気がついてしまったが最後・・

グレイ2
シートは既に異星人の大群!

馬ュのお見本.JPG
某コンビニでいつか見た風景。
もはやグレイ並みに
現生人類とのアクセスは不可能。
コンビ二は彼らにとって
何でも許してくれる「母親」的存在なのかも。

舞妓さん.JPG
とある駅で。
新幹線がアクセスしている駅だから
京都は近いけれど。
なんかドキッとしますね。

白バイ.JPG
某六本木街道の路上で。
バイクそっちのけで女性タクシードライバーと
口論していた、あるおまわりさんの管理物。
なぜにあんな居丈高な口調なんですかね??

本当に取り留めなく終了。

************************
このブログ存続のために
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
posted by PON at 23:39| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

沖縄グルメ漫遊記 その4 アメリカンフィーリング

伊計島を後にした我々は
沖縄自動車道に乗って北上
「美ら海水族館」へ向かうことに。
その前に、相方のリクエストにより
タコスで有名な
「カーサタコス」に立ち寄ることにした。
具志川市のキャンプコートニー米軍基地の前にある。

しばしドライブ・・

相方「あ!こんなところにあったんだ
   ごめん、ちょっとココによって」

PON「??」

A&W.JPG
相方が立ち寄った場所、それは
沖縄ではマックよりも店舗数のある
ファーストフード店「A&W」である。

スプリング.JPG
写真は「スプリングポテト」
ハンバーガーも本場アメリカ的で
どちらかというと「ウェンディーズ」方面。
まあここまではごくフツーの
ファーストフードなのだが・・

ルートビア.JPG
相方がPONに飲ませたかったのはコレ。
「ルートビア」(手前)奥はフツーの「ウーロン茶」

「ルートビア」って?

これがさあ・・マズイんだ。
米国の民の味覚を疑ってしまうような。
一見コーラなのだが、炭酸のさわやかさが抜けると
小児向け風邪シロップ薬の味がやってくる。

この味をPONにも体験させたかったために
急遽立ち寄ったのだとか。
ありがとう。もういらないや(笑)

熊野郎.JPG
写真はA&Wのマスコット「熊野郎」
(勝手に命名)
マックにおける「ドナルド」です。
なんか地元の子供のお誕生会があった様子。

なんだかんだありまして・・

部隊前食堂.JPG
到着しました「カーサタコス」。
うそです。「部隊前食堂」
名前のとおり、コートニー基地の真ん前です。
名前のインパクトに一枚。

カーサタコス.JPG
・・その隣が「カーサタコス」

カーサタコス店内.JPG
店内はこんな感じ。
ぶっとい腕の「保安官」が
仕事サボって、アメリカンジョーク
(オヤジギャグともいう)
かっ飛ばしていそうな・・そんな店内。

カーサタコスのタコス.JPG
「タコス」4つで700円!(手前)
奥は「タコライス」と待ちきれない
相方の手。

タコス、うまかったです。
皮が硬くてしっとりしているので
「折れ曲がった」ところから具が
もれたりしません。

タコライス、¥600。これもいかにも
沖縄の基地が生み出した食べ物だよなあ。
That's ジャンクフード。
日本文化内では100年たっても
思いつかない料理です。
チリソースがひき肉と合います。
おいしかったけれど。

店の壁には過去のお客さんの写真が大量展示。
割合として外国人も多く。
今では軍隊を退役して
オハイオの田舎町でセールスマンをやっている
彼も報道などで「OKINAWA」を耳にすると
「ニホン」と「チューゴク」の区別は
未だにつかないけど
「OKINAWA」といえば
「CASA DE TACOS」だぜ!
なんていう、ここを常連にしていた
元米国陸軍人・・いそうだ。

「カーサタコス」
定休日:水曜   
沖縄県具志川市天願1-4-62
電話 098-972-6022   

またまた、次へ続きます。

************************
このブログ存続のために
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
posted by PON at 23:58| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

懐かしき8ビット時代

NEC製
「PC−8801MkUFH Model30」
(通称88「はちはち」)

PONが高校の入学祝いに
買っていただいたパソコンです。
無理したんだろうな。
有難う。親父、お袋。

さて両親に対する「感謝」もすんだところで
このパソコン。
カタチこそパソコンですが、
中身はファミコンと変わらず。
(一部ではファミコンの方が性能も上だった)
ただ、FM音源と呼ばれる「音響」は良く
また、さすがに専用モニター
使っているだけのことはあって
「画像」はファミコンなど目じゃなかった。

でも当然、ハードディスクなんて
多分、大企業のコンピュータルームか
大学の研究室にしかなかった頃で
(それから数年後の話ですが
 やっと市場に出てきたHDDも
 1メガバイト=1万円
 なんて時代もあったんです!)
それでも
「5インチフロッピーディスクドライブ」
ふたつも付いていたことは
充分自慢できることでした。
その前の時代はゲームデータを
なんと「カセットテープ」に
セーブしていたんですから。
偉大なる進歩です。

88の説明書やパンフには
「家計簿」や「計算」「音楽」「CG」
「パソコン通信」
に最適!
なんて未来をカンジさせるがごとく
列挙されておりましたが・・

できねーーーっての。

ごくごくたまーーに
根性のある人が「CG」にチャレンジ
しても、製作に一週間、
完成作品を画面に表示しきるまでに
5分
!!かかってしまうような性能。
電電公社(現NTT)にしても
ダイヤルアップって何ですか?
更にはウィンドウズのような
ビジュアルOSも無く
少しつっこんだ使い方をしたかったら
「コマンド」を知らないと
なーーーんもできない時代。
現代のパソコン環境が「人間」ならば
88は「うほうほ」ですよ。
「ごっほごっほ、うきー」。
必然的に、やることといえば
「ゲーム」しかなかったのです。

しかし性能や環境が足りない分は
「想像力」でカバー
出たての頃の「ファミコン」もそうですが
あの頃は何をやっても楽しかった。
クソゲーでもクリアできないと
「自分が未熟なせい」
と思える
ストイックさ??があった。
ちょうど、敗戦後の食糧難を経験している
世代が、今の飽食ぶりを嘆くように、
こればかりはその時代を
体験していないとわかんねーだろうな。

88めぞん.png
めぞん一刻〜思いでのフォトグラフ
@マイクロキャビン
これです。これがやりたかった。
機体と一緒に購入しましたが
初めて「悲しみよこんにちは」が
FM音源で流れてきたときの喜びといったら。

まあ、パソコン黎明期の
親父話でした。
続くかも。

************************
このブログ存続のために
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

続きを読む
posted by PON at 23:22| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

替え歌

「歌は世に連れ 世は歌に連れ」
とか申しますが、
お子様界に於きましても
どうしても外せないものがあります。

「替え歌」
17世紀中頃、京の四条河原で
「露野五郎兵衛」という者が
道行く人を相手に語り始めたのが
そもそもの始まりと言われます。
うそです・・かなりうそ入っています。

子供という物は「残酷」です。
そして妙に「ヒネクレ者」ときていますから
「ここは右ですよね〜」と薦められると
まず絶対「左」を選択したがる生き物です。
事実、今日に至るまで自分(PON)が
そうですから。

「サ×エさん」
よい子のお約束アニメですね。
PONの子供の頃に伝わる
(実際に聞いたのは中学生の頃でしたが)
オープニングテーマの替え歌を
ご披露いたします。
ご存知の方もいらっしゃるのでは??

続きを読む
posted by PON at 23:52| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。