2006年05月05日

MS−15 ギャン

お題が「ギャン」ですか。
うーーん。
まったく思い入れがないんで。
「シールド」にはあるのですが・・。

MS−15「ギャン」というモビルスーツ(MS)は
MS−14「ゲルググ」と
ジオン軍内でトライアル
(競争して優秀なほうを軍の主力機とする方法。
 アメリカなどでは結構ポピュラーなやり方)
の結果、負けたということになっています。

・・いますが、負けて当然ですよ。
ジオン公国は既に負けつつあり
宇宙空間での戦いが大半となりそうなのに

「接近戦用」MSで一体どうしろと??

宇宙では敵味方の距離がそもそも遠すぎて
接触が大変難しい上、
なんかのはずみで奇跡的に接触できたとしても
両者が文字通り「激突」、両者壊滅ですね。
それを「接近戦」と呼べるのかどうか。

またまたゲームのお話ですが
「ギレンの野望」というゲームでは
こいつを「主力機」として生産することも可能です。

ガンダムシリーズのお約束として、
何かひとつMSが完成すると
「試作機」「量産機」ときて
「キャノンタイプ」「タンクタイプ」が
派生開発されますが
(ザク→ザクキャノン→ザクタンク)
「ギャン」にも設定が存在するのです。

通称「ギャン・キャノン」

一方で、皆さんの頭の中には
ガンダムの相棒「ガンキャノン」
浮かんでしまうと思います。
悪い冗談のようですね。

といいますか、
この名称を是非使いたかったために
わざわざ設定をでっち上げたとしか思えません。
(ギャンタンクはさすが無いみたいです。
 「いまのところ」は)

更にゲームの話をするなら
カプコンのアクションゲーム
「機動戦士ガンダム 連邦VSジオン」などにも
「ギャン」は登場しますが
「旧ザク」同様、「キワモノ」的扱い
を受けております。

だって「ステップ」踏むんですから!

「たらった、らった、らった〜♪」

そんな擬音がぴったり。
サイドステップを踏みながら
間合いを詰めて来るのです。
バトルスタイルが
どこかまちがってしまった騎士」
フェンシング的なのです。
そんな姿がいいんじゃないか!
という奇特なシュミ人も
たまにはいるみたいですけど。

MS-15.jpg
@創通エージェンシー

確か、映画版3部作には出てこないんで
映画版3部作で「機動戦士ガンダム」を知った方には
なんだこのMS?って感じでしょうね。
お察しいたします。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 17:47| ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | MS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。