2006年05月14日

オネアミスの翼〜王立宇宙軍

「・・これで我が軍初の有人宇宙戦艦
 持つことができるのだからな!」
「鉄砲でもついてんすか?」
何に使うんだ?そんなもの

伝説のクリエイター集団
「ガイナックス」が製作した
長編アニメ。

監督を務めた「山賀博之」氏なんか
(確か今はガイナックスの社長を
 やっていた気もする)
この当時26才ですから。
それだけで凄いね。

<あらすじ>
世界大戦も何度か経験し、
テレビは白黒で高嶺の花、
ジェット機は飛び始めたばかりだが
有人宇宙飛行はまだ成功していない
文明、科学技術は1950年代の
地球並みである架空の星にある
オネアミス王国。
その国には何かの間違い
「王立宇宙軍」
という名前だけは、たいそう立派だが
宇宙ロケットひとつ
持ち合わせていない軍が存在した。
主人公「シロツグ・ラーダット」は
自己と組織の存在意義に疑問を持ちながら
宇宙軍にて無気力な日々を送る。
ある日、街角で新興宗教の
布教活動を行っている少女と
出会ったことから、シロツグの人生が
動き始める。

まったく違う星ということなので
文化からして、この映画のために
細かく設定されている。
「食文化」「服装」、そして「音楽」も
どことなくエキゾチック
「オネアミス語」もあるし
「通貨」は丸い硬貨ではなくて金属棒!
そしてコンピュータではなく「電子頭脳」。
中身はもちろん「真空管」で、
サイズはタンス10さお分。
その世界観構築の徹底振りは今に続く。

主人公「シロツグ」の声優は
「森本レオ」氏。
「浮いているなあ」と思ったが
何度も見ているとあれはあれでOK。

個人的には「有人宇宙飛行」が
現実味を帯びてきたとき、
主人公がライバル国からの暗殺者に
狙われるシーンは
テンポが悪くなって余計だったと思う。

ロケットが打ち上げられるシーンは
NASAアポロ月ロケット打ち上げの
実写フィルムを参考にして
エヴァンゲリオンの監督
「庵野秀明」氏がアニメーターを
したというんだから豪華と言うかなんというか。
ロケットをめぐる戦闘シーンも
リアルで迫力が凄い。

この映画の成功で
オタクセミプロ集団「ガイナックス」
社会(資本を持ったオヤジたち)から
認められ

「トップをねらえ!」
 ↓
「ふしぎの海のナディア」
 ↓
「新世紀エヴァンゲリオン」
と展開、
最終的には脱税にまで至る訳です。

PONの高校時代にTV地上波で
初放送されたことがありまして
日頃はアニメを馬鹿にして
「ガイナックス」という会社も知らない
ような
同級生が、明けた月曜日
このアニメについて興奮気味に
仲間たちと語っていたのには
なんかPONだけが見つけた
自分の場所を
思いっきり横取りされたようで

少々悲しい思いをしたことも
今となってはヨイ思い出かと。

音楽は「坂本教授」でして。
サントラCD買いましたから!
 
オネアミス.jpg
この頃が、アニメがCGに頼らない
ひとつの到達点と思われ。

「王立宇宙軍 オネアミスの翼」
1987年 劇場公開作品(東宝東和系)

原案/脚本/監督: 山賀博之
助監督: 赤井孝美/樋口真嗣/増尾昭一
キャラクターデザイン/作画監督: 貞本義行
作画監督: 飯田史雄/森山雄治
スペシャルエフェクトアーティスト: 庵野秀明
美術監督: 小倉宏昌
音楽監督: 坂本龍一
企画: 岡田斗司夫/渡辺 繁

シロツグ・ラーダット: 森本レオ
リイクニ・ノンデライコ: 弥生みつき

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

ヒロインの名前は


posted by PON at 21:00| ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 映画(ア行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。