2006年05月20日

戦国自衛隊(70年代)

しゃがれた歌声で
「サン・ゴーズダウン♪」
と流れる
「戦国自衛隊のテーマ」が思い出されます。
歌「松村とおる」氏。すまん。知らない。
だって子供のPONには
「ざーんこーくだー♪」
聞こえていたから。

70年代ドラマを見ていた方ならおなじみ
「鈴木ヒロミツ」氏演じる
メガネのデブ隊員が全身、弓矢で射貫かれ
血まみれで絶命ですからね。
そりゃあ残酷だ。

劇中での彼は、本来そんな戦闘力も無いのに
「駆け落ちの約束をした恋人に会いに行きたい」
(タイムスリップしたので
 待ち合わせの駅があるはずも無いのだが)
という親友の願いをかなえるため、同行中
野伏せり(山賊みたいなもの)の襲撃を
一身に受けて殺されるシーンがどうしても
フラッシュバックするのです。

<あらすぢ>
1970年代、演習のため新潟県の海岸に
集結していた「陸上自衛隊」と
「海上自衛隊」の一部が
タイムスリップ
。戦国時代へ。
歴史は俺たちに何をさせようというのか??
ってやつですね。

「半村良」氏の短編小説の映画化。
本当に短編で、文庫版も厚さにして
1センチもないです。
そもそもは「星新一」氏バリの
ショートショート作品で
映画に伴い、無理やり肉付けしたと
聞きますが。

もし、学研の手にかかっていたら
新書10冊にはしちゃいますね。
今なら戦国マニアは
うじゃうじゃいるから。
ショートといっても馬鹿にしたものではなく
タイムスリップした先に何故
「信長」が存在しなかったのか?とか
「車狩りの陣」の謎とか、
基軸はきちんと押さえてあります。

この映画のためにわざわざ「角川春樹」氏は
陸上自衛隊61式戦車
レプリカすら作っちゃいました。
(その後、「ぼくらの7日間戦争」に
 転用されたのは有名な話)
今の「男たちのYAMATO」に通じますね。

それから当時、文字通り「秘蔵っ子」だった
「薬師丸ひろ子」
演じる武田軍の「若武者」!
(役名「子供のような武士」(笑))

てめー、文明の象徴たる
「軍用ヘリコプター」を
状況もわからんのに「野蛮」な手段で
撃墜するんじゃんーよ!
ヘリが無ければ「ただの人」じゃんか!
と当時のPONは
本気で怒っておりましたので
今に至るまで「薬師丸ひろ子」さんは
「余計なことをする奴」として
好きではありません。

戦国ゥ衛隊70年代.jpg

製作国 日本 138 分
初公開年月 1979/12/15

監督: 斉藤光正
製作: 角川春樹
原作: 半村良
脚本: 鎌田敏夫

千葉真一 にしきのあきら
三浦洋一 かまやつひろし
渡瀬恒彦 河原崎建三 鈴木ヒロミツ
竜雷太 岡田奈々 夏木勲 仲谷昇
成田三樹夫 小池朝雄 草刈正雄
勝野洋 岸田森 真田広之 宇崎竜童

スゲー。これぞ大作って感じだ。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

続きを読む


posted by PON at 21:00| ☀| Comment(9) | TrackBack(5) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。