2006年05月22日

ガメラ対バイラス・ジャイガー(昭和版)

「昭和ガメラシリーズ」です。
記事の表題は
「ガメラ対バイラス・ジャイガー」と一緒くたですが
ご存知のとおり
「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」
「ガメラ対大魔獣ジャイガー」

それぞれ別個の独立した作品です。

一緒くたにしたのには「理由」がありまして
要するにPONが「好きではない」からです。
そう。「十把ひとからげ」

昭和ガメラ4.jpg
「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」

<あらすぢ>
地球侵略をねらう「イカ?型宇宙人バイラス」と
それを阻止しようとする僕らの「ガメラ」!
以上。

・主人公が日本とアメリカ人の二人組。
・ガメラは完全に子供の味方になった。
・劇中でバイラス人の脳波コントロール装置で
 ガメラが人類の敵になってしまうが、
 子供の機転からコントロールを解除される。
 このお話と宇宙戦艦ヤマトのドリルミサイルの話により
 「機械は良く解からなくても
  +−を逆にすれば逆に作用するものらしい」

 という、実にいいかげんな機械理論を学んだ。
予算の都合から、ガメラが人類の敵になったときの
 破壊シーンは、これまでのガメラ映画を使いまわし。

 この映画がいまいち好きになれない理由。
・子供がバイラス人の宇宙船に侵入したとき
 いきなりこの変身していないバイラス人(実は大ボス)
 に出会ってしまうのですが
 子分は全員「人間型」をしていたため、子供たちは
 このボスを
 「他の星から連れて来られた別の被害者の宇宙人」
 と勘違い。なんとか救おうとしたシーンには
 子供心に感心しました。
・バイラスが巨大化する時、人間型した部下の首をはねて
 体のみを吸収します。とても「知的生物」には
 見えませんでしたが、その冷酷さが好きでした。

昭和ガメラ6.jpg
「ガメラ対大魔獣ジャイガー」

<あらすぢ>
ウェスター島に伝わる「魔の笛」。
大阪万博で展示しようと、引っこ抜いたからさあ大変。
「魔の笛」を取り戻すべく万博会場を
壊そうとする「大魔獣ジャイガー」と
それを阻止しようとする僕らの「ガメラ」!
以上。

1970年の大阪万博会場が舞台。
ガメラが奮闘した・・というよりは大人の都合
最後まで会場がぶっ壊されることはありませんでした。
この映画が嫌いなのは、ずばり
「ジャイガー」がかっこ悪いから。
そんだけ。
大魔獣という、どちらかといえば生物的でない
カテゴリの怪獣な割りに、ガメラを麻痺させて
体内に卵を産み付けるなんていうシーンは
エグくて好きでしたが。

PONは完全に「大阪万博」には
乗り遅れた世代なのですが
「ハクション大魔王」でカンちゃん一家と魔王が
万博に行く話があったり(再放送で見た)
原作「サザエさん」にもひんぱんに出てきて
カツヲが行きたがっていたり、
はたまたこの映画があったり、と
「良く分からんが、昔、面白いイベントが
 あったんだなあ」

という理解はありました。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。