2006年06月07日

拝啓天皇陛下様

ガンダムやら電車やら生活の愚痴やら
マスライワールドは
相変わらず「わけわからん」という声が
ちらほら聞こえてまいります。
何を隠そう、他ならぬ自分からですが。

さて、本日俎上に登りましたるは
「拝啓天皇陛下様」(松竹・1963年)です。
なんか名前聞くと、ヤバイ軍国系??と
思うかもしれませんが、一応「喜劇」です。
主人公はあの、寅さん≒渥美清さんですから。

<あらすぢ>
昭和9年の岡山。帝国陸軍に徴兵入隊した
後に戦記作家となる「棟田」こと「むね」さんと
無学文盲で孤児あがりの「山田正助」こと
「山正(やましょう)」の戦後に至るまでの
奇妙な友情物語。
「山正」は、昭和初期の荒れた農村の体現者。
三食保証の上、給料までもらえる軍隊を
天国と感じ、ことのほか気に入る。
本来ならばみんなが心待ちにするはずの
兵役除隊が近づくにつれ、彼は敬愛する天皇に
自分ひとりぐらい軍隊に残させてくれ、と
お願いする手紙を書くことを思いつく。
「拝啓 天皇陛下様・・」

「山正」は
身寄りもなく、学もなく
軍隊にしか生きる場所を
見つけられなかった。
それだけに
敗戦後はもっと居場所がなかったという
哀れな話・・でした。

渥美清さんのあの優しい声で
「じゃけんのー」
「こらえてつかーさぃ」

というセリフが耳に残ります。
演じたのが彼だったから
「山正」も嫌味のない憎めないキャラクターに
なりえたのでしょう。
映画なので多少オーバーかもしれませんが
実際の軍隊には、大なり小なりの「山正」が
軍隊にイヤーーな意味で「居場所」を見つけ
己の恵まれない身の上のウップンを
新兵や占領地の人間に
ぶつけていたに違いありません。


実際に軍隊を知らないPONには
いい勉強になりました。
兵隊のタイムスケジュールの折々(起床とか)
の吹き鳴らされる「ラッパ」には
すべて違う曲があって、誰が作り出したか
妙な「歌詞」まであったりとか、

最後の画面が泣かせるんだこれが。
(超ネタバレなんで・・)
拝啓2.JPG
(ちょっと観にくいですけど)

「拝啓天皇陛下様
 陛下よ
 あなたの最後のひとりの
 赤子
 この夜
 戦死をいたしました。」

最後に・・
この映画では渥美清さんの役者としての
幅の広さを見せてくれます。
渥美清さんは「寅さん」という当たり役を
得てからは、イメージを壊したくないという理由から
私生活は極力隠し、ほとんど他の役も演じませんでした。
渥美清さんという稀代の名喜劇役者
「寅さん」という役柄にだけに
閉じ込めておいたままで終わらせてしまったのは
果たして我々にとっても幸せだったのだろうか?
そんな気もしてきます。

別の「渥美清」さんが見られる、という点で
PONは「喜劇列車」シリーズも大好きです。
(昭和の風俗と鉄道の描写もよだれモノ)
このあたりはまたいずれ。

渥美清 (山田正助)
長門裕之(棟本博)
左幸子(妻秋子)

原作:棟田博(週刊現代連載)
(光人社NF文庫)

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

続きを読む


posted by PON at 21:00| ☁| Comment(2) | TrackBack(3) | 映画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。