2006年06月15日

MSM−10 ゾック

本日のお題は
MSM−10「ゾック」です。

このモビルスーツもギャンと同じように
テレビ版のみ
(姿だけは少しだけ映画版でもでていたかも?)
ですので
パイロットが「ボラスキニフ曹長」だったとか
あのシャアに
「まさか 見かけ倒しではあるまいな?」
と評されてしまったというような
エピソードはカットされているはずです。

MSM10.jpg
(C)創通エージェンシー

まあ、なんて言うんだろ。
当時まだまだ放映されていた
「マジンガーZ」のようなアニメで
むやみに角を生やした「地獄将軍」とか
何とかが乗っている「敵メカ」と
いわれても納得してしまうデザイン。

やはり人気もあまり無いようで
コイツとMA「ザクレロ」
MSプラモデルのリメイクが花盛りで
バンダイも新たに発売するネタに
困っている現在においても
なかなか「リメイク」されません。

当然でしょう。

ところが、PONはコイツが大のお気に入り
でして。ゲーム「連邦VSジオン」で
ジオン側地上戦では必ずコイツを
使用します。

理由はただひとつ。
弾切れがほとんど無いままに
「メガ粒子砲」が乱射できるから!

その脅威たるや、MS操作学校を
卒業したばっかりのあなたが、
MSで基地を出撃した瞬間に
トチ狂った強化人間の操縦する
「サイコガンダム」に出くわしてしまった!

というくらいの凄まじさ。

友人とタッグを組んでも
誤射ってなにそれ?レベル。
ゾックが発射するのはビームなんで
敵と格闘戦を行っている味方機ごと

串刺し!

「戦火の勇気」という映画
かすんでしまう。
「死ぬぜェ〜。えっへっへ」
青い死神とは俺のことさ。

最後に。
いつ死んだのかPONもあんまり
思い出せないようなゾックのパイロット
「ボラスキニフ曹長」
名誉のために記述しておきますが
ゲーム「ギレンの野望」での彼は
「格闘戦」は大の苦手なれど
「射撃戦」は人よりも頭ひとつ抜けた
優秀なパイロット
でした。

PONよりはマシでしょう。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

連邦でプレイするときは


posted by PON at 21:00| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | MS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。