2006年06月17日

戦争の法則

書店の回し者のようですが
ビジネス書コーナーで
たまたま目に止まったもので
アップしてみました。
「イラン」や「北朝鮮」
あるいは「竹島」問題で
なにかとキナ臭いですからね。

以下は、この本にありました
戦争指導者(政治屋)がよく使う
「自己正当化」の論法
です。

1. われわれは戦争をしたくはない

2. しかし敵側が一方的に戦争を望んだ

3. 敵の指導者は悪魔のような人間だ

4. われわれは領土や覇権のためではなく、
  偉大な使命のために戦う


5. われわれも誤って犠牲を出すことがある。
  だが敵はわざと残虐行為におよんでいる。


6. 敵は卑劣な兵器や戦略を用いている

7. われわれの受けた被害は小さく、敵に与えた被害は甚大

8. 芸術家や知識人も正義の戦いを支持している

9. われわれの大義は神聖なものである

10. この正義に疑問を投げかけるものは裏切り者である

Anne Morelli 著
「戦争プロパガンダ10の法則」
草思社 より。

************************

やっぱり、敵に先に仕掛けさせておいて
上記の10の法則で国内をまとめ
売られた喧嘩を買う方向で
戦争をおっぱじめる方が有理で有利
なようです。
例え、本当に戦争したいのが
自分達のほうであったとしても・・。

「先に仕掛けた」と言う
ただこの一点だけにおいて
「正義」という「大義名分」を騙るにはチト苦しい。
やはり自分は「被害者」であることを主張しないと。
まあ、戦争に勝てば官軍なんだけども。
(Ωにも当てはまりそう)



ところで「きな臭い」の
「きな」ってなんだろう??

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

ジオンでは・・


posted by PON at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。