2006年06月19日

ガイアの紋章

またまた申し訳ない。
PONのPC88ゲーム昔話。
NCSという会社が出しておりました
後日、PCエンジンでも同じゲームが
発売されたのでそれで覚えている方も
多いかと思います。

gaia_01.bmp

ユニット(駒)をひとつひとつ動かして
ターン制(交代)で敵軍と戦う
SLG(シミュレーションゲーム)でした。

基本ストーリーは
魔法が力をもつファンタジー世界
(エルスリード界)にて
ライトサイド(光軍)に属する誰かと
ダークサイド(闇軍)に属する誰かが
いつの時代、どこかで激突するという
まあそんなところ。

「エルスリード」
(初代。キャンペーンタイプ。
 光軍側でしかプレイできない)
 ↓
ガイアの紋章
(上の発展版。結構自由に遊べる)
 ↓
「ガイフレーム」
(上から更に未来の「モビルスーツ」もどきが
 闊歩する、科学魔法の世界)
 ↓
「ラングリッサー」
(世界観は受け継いだらしいが
 よく知らないRPG)

と展開していったようです。
ラングリッサーが出た頃
PONは急速に
PC88ゲームに興味が
なくなってきていたので
そのあたり、詳しいことは不明。

gaia_02.bmp
第1面「ソンビVS田舎町駐屯軍」
真ん中の水色、内股のユニットは
「シビリアン」=市民です。
アーマーナイトが使えるんだ。
耐久力あるし騎士と同じく反撃するし。

ガイアの紋章から「1面」クリアごとに
話が進むシステムに変更となりまして
つまり前の戦いで勝つとそれだけ「ポイント」が
もらえ、次の戦いはそのポイントの中から
陣営を整えるというもの。

このゲームには致命的な弱点がありまして。
それは中盤こそ、苦しみますが
そこを乗り越えるとこんどは
ポイントが余り気味になるのです。

最強ユニットは「ホワイトドラゴン」
雑魚ユニットの「戦士」が確か3ポイント位で
召還できるなか、ドラゴンは250ポイントもしますが
それでも最終的に3〜4匹は
ラクに召還できるようになります。

ホワイトドラゴンは自分の味方ですが
完全にコンピュータがあやつることになるので

プレイヤー、やる事まったくなし。
最終ボス、瞬殺。


************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

アナザーストーリーとして


posted by PON at 21:00| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。