2006年06月26日

下妻物語

いや〜。いいよコレ。
見てください。
日本映画も少しずつ復権の兆しが。

一昔前は、邦画って言えば、不思議に
「芸術性」を求め、私らからすれば
名前は聞いたことあるが
読んだことは一度もない
「大御所」作家が原作の
「吉原」系とか「極道」系とか。
そんで絶対に主演は「緒方拳」か「吉永小百合」。
そんなんばっかり。

映画は所詮、庶民のエンターテイメントである!
と開き直れば結構、面白い作品が増えています。
(それでもフジテレビ系は
 今だに・・・な奴が多いですが
 昔は「角川映画」も「ぼろカス」呼ばわりだったしな)

shimotuma.jpg

嶽本野ばら氏の原作は目にしていないから
原作には触れず、いち映画として書きます。
この映画が楽しめるものになったのは
中島監督の力量が大きい。

「エヴァンゲリオン」の監督
「庵野秀明」氏も
本当はこの映画のような方向で
映画を作りたかったのかも知れないが
力及ばず、「ラブ&ポップ」
「キューティーハニー」
なってしまったのではあるまいか。
惜しい。監督のセンスの差か?

何より
「深田恭子」さんがヨイ。
「土屋アンナ」さんがグゥ。
「阿部サダヲ」さんも笑える。
BABY, THE STARS SHINE BRIGHT の社長役
「岡田義徳」さんは
おいしいところ持って行ったね。

結構金かけたらしい
「ポセイドン」なんかよりよっぽど
映画を見た!ってカンジします。ハイ。

昔の映画では
例えば「ゴジラ(1954)」で
ゴジラが「タカシマヤ」を
灰にするシーンがあるんですよ。
そしたら当時の「高島屋」が
「縁起でもないッ!」
って怒っちゃって。
東宝一同、平謝りなんてエピソードも。

それが「宣伝になるんだ」なんて考えもしない。
「たかが」映画、なんて考えられない。
まじめだったんだな。社会全体が。
それに比べて現代は隔世の感があります。

・・なにが?って、
劇中で埼玉のヤンキーや地元の人間が着る服は
ぜーーんぶ「ジャスコ」!
まあ要するに「田舎を馬鹿にする」シーンがありまして。
面白いんですけど。
たぶん、この映画には必要なシーンだと思います(苦笑)
それなのに
協力「イオングループ」「ジャスコ」ですから。
企業も物分かりが良くなったもの。

<あらすぢ・・とか>

「下妻物語」公式サイト

ウィキペディアによる詳細な映画の説明

ネタバレですが
最後に「竜ヶ崎桃子」が「タンカ」を切るシーンが
やっぱりいいですね。
もとから「ふかきょん」の演技力は怪しいので、
見ているほうも
「おそるおそる」でしたが、
まああんなモンだと思います。

それと化粧と衣装であんなに変わるんだな・・
土屋アンナ」さん。



監督・脚本: 中島哲也
原作: 嶽本野ばら  『下妻物語』小学館刊
音楽: 菅野よう子
主題歌:Tommy heavenly6  『Hey my friend』
出演: 深田恭子 竜ヶ崎桃子
土屋アンナ 白百合イチゴ
宮迫博之 桃子の父
篠原涼子 桃子の母
阿部サダヲ 一角獣の龍二

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。