2006年11月18日

RX−75 ガンタンク

細々と続いております
「よもやまMSシリーズ」ですが
連邦はバリエーションが少なくて
助かります。
細かくいえばキリ無いんですがね。

今回はコレ。
「RX−75 ガンタンク」
従来のガンダム世界では

「ジオンのザクをみてビックリ」
  ↓
「慌ててモビルスーツを作りたいがノウハウが無い」
  ↓
「まずは上半身の試作、下は戦車でいいや」
  ↓
「ガンタンク完成」
  ↓
「いよいよ下半身にチャレンジだぜ」
  ↓
「ガンキャノン完成」


という流れだったようですが
最近のコミック
「機動戦士ガンダム ジ・オリジン」では
その辺りが非常に詳しく描写されています。
「ガンタンク」はザクショックとは別に
とりあえず昔から作られてはいて
治安維持などに細々と使われていた様。
ザクに対抗して作られた初のMSは
「ガンキャノン」でした。

考えてみれば、ガンダムの「1年戦争」とは
文字通り期間が「1年」な訳で
ジオンが戦争を開始したのがお正月。
アムロがガンダムに乗ってしまった
(TVシリーズ開始)のが
その年の10月とされています。
最終回のアバオアクーの戦いが12/31
だからアムロはたった2ヶ月半で
「技術系引きこもり」
 ↓
「人類の未来を具現化する連邦随一のパイロット」
になったわけだ。
さすが漫画(苦笑)

しかも、ガンダム世界は
アムロの行動に合わせてすべての兵器が
開発されなければならない・・
軍が技術者に殺人的スケジュールを強制しても
限度ってモンがある
でしょうに。

お正月にザクの凄さを思い知った連邦が
地球上の全英知をかけて
モビルスーツの開発を開始したとしても
最終的に量産&パイロットまで用意して
部隊化するとなると
タイトなスケジュール、
じゃ表現しきれないくらい
地球全土がお仕事デスマーチ
だったのでしょうね。

で、「ガンタンク」です。

1)ガンタンク(連邦トリコロールカラー版)
  ラジコンは本当に欲しい。
  (駄目なら昔、東京マルイから発売していた
   モスラのラジコンでも可)

2)ゲーム「連邦対ジオン」で連邦の地上では
  まず間違いなくこいつを使います。
  このたくましい大砲!ほとんど弾切れしないし
  弾道が弓なりなんで建物の向こう側の敵でも
  撃破可能!これはゾックには真似出来ない。

3)「ギレンの野望」で61式戦車にしか
  頼れない序盤にこいつが開発終了したときの
  喜び
ときたら!オモチャじみた機体の
  ブルーカラーが頼もしく見えます。

ま、そんなとこです。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。