2007年03月21日

お国言葉

ラジオに続いてテレビの普及、
新幹線、飛行機等の
移動手段の獲得により
地域の独自性はかなり薄れてきました。
もっとも顕著なのは「方言」。

とはいっても今でもビミョウな
イントネーションの違いは残っていますし
「河内弁」のように
お笑い大阪勢のおかげで
時に場を盛り上げる作用や
「おやくざ」さんのおかげで
緊迫感をも盛り上げる作用まであったり。

明治維新を迎えるまで、
江戸幕府は搾取対象の農民を
土地に縛り付けておくため
住居の移転を容易には認めませんでした。
要するに「青森」で生まれ育った一般民が
一生、鹿児島出身者と話す機会は無かった
ということです。

何かの本で読んだ気がするのですが
明治維新後、上京してきた
「青森県出身」の男と
「鹿児島県出身」の男との間で
まったく会話が成立しなかったそうな。
方言とはいえ、双方とも同じ「日本語」で
会話しているつもりだったのに。

徳川家康(三河→関東)が、
結果的に徳川に逆らうことになった
島津家(鹿児島)を
成敗(取り潰し)しなかった理由。
それは
「あいつら何言ってんのか良く解からんし」
というのが最大の理由だったのでは?
と書いている本があった。
笑える。
結構真実だったかも。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

続きを読む


posted by PON at 21:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。