2007年04月11日

軍人は・・

軍人はガキだ。
戦いを終わらせる方法を知らない。

バカな猟犬と一緒。
一度、狩猟に連れて行ってもらったら
次はいつ何時、お外に出してもらえるか
知れたものではない。
だから明日の分まで狩をする。
しなくてもいい殺人までついでに犯す。
国(もしくは自分で勝手に信じる大義名分)
のため、とお為ごかしに。

猟犬から
「飼い主なぞ、なにするものぞ!!」
と嘗められてはいけないのだ。
この場合の「飼い主」は国家
回りまわって国民のことだけど。

あるプロジェクトの中盤以降
現場の猟犬から
「上や社会は俺ら現場のことを
 なんも判っていない!」
とかいう不満が聞こえはじめたら、
その猟犬は取り扱い要注意。

もちろん猟犬のせいばかりに
するのではなく
飼い主(=政治家、国民)も
ホコの収め方(戦争終結法)を
常に考えながら動くべきだ。

古来より
「戦争とははじめるのは簡単だが
 終わらせることが勝つ以上に難しい」

「敗北主義者」「利敵行為」「非国民」

まあ、この辺が「講和派」をののしる、
戦争継続派のだいたいのキメ台詞。
それでも戦争継続が怪しくなると
暴力で口、もしくは命を封じようとする。

更には歴史のうねりに逆らえず
遂に敗戦となると
「責任をとる!」とか言って「自殺」だ。
そんなモンに、名誉なんかどこにも無い。
単なる「逃げ」だ。
真に「責任をとる」とはその後に待っている
再建プロセスに関与することにあるのに。

残された次世代、次々世代の苦労を考えろよ。
足りない脳みそで少しは。

ムカツクなあ。嗚呼。

************************
どうしたんだ?
何をそんなに怒っているんだPONよ?
と問われれば
ここの所「第二次世界大戦」の戦記を
読む機会が多かったから・・と答えます。
書き連ねたことに
あんまり深い意味は無いです。

管理人のためにクリックして
いただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。