2007年04月15日

臨兵闘者皆陣烈在前

九字印

護身、精神統一の呪文。
九字の印は元々は道教が発祥
仏教がそれを取り入れて行ったもの。
「臨兵闘者皆陣裂在前」が正しい。

道教では「臨兵闘者皆陣裂在斬」が
仏教では「臨兵闘者皆陣裂在前」と
変えて伝わる。

陰陽道・神道・修験道・忍術などで
一般的に使用されるのは「臨兵闘者皆陣裂在前
臨める兵、闘う者、皆 陣裂きて、前に在り

但し、真言宗と天台宗は次のように言われる。
真言宗は
『臨、兵、闘、者、皆、陣、烈、在、前』
(臨める兵、闘う者、皆 陣烈れて、前に在り)
天台宗は
『臨、兵、闘、者、皆、陣、列、前、行』
(臨める兵、闘う者、皆陣列ねて、前を行く)

それぞれの教義の違いでこの様に
九字の唱え方が違う。

なるほどね〜。
 ↓  ↓
真言密教雑学

忍者の小説を読んでいたら
(後、「孔雀王」荻野真原作漫画の映画から)
出てきたんでつい調べてみました。
「ベギラマ」とか「ホイミ」見たいなモンかな。
唱えたご利益が知りたい。
精神統一に使うとか聞いたことあるけども。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:52| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。