2007年05月07日

マゼラアタック

細々と続くガンダムシリーズ
今回はコレ
「ジオン公国軍制式主力戦車」
マゼラアタックです。

突然ですけど
マゼラアタックはでっかいです。
アメリカ陸軍の
現用主力戦車M1と比べて
高さだけでも3倍!(6.8メートル)
ほぼ二階建て家屋に匹敵。
もし「二階建て家屋」が地平線の向こうから
進撃してきたら格好の標的ではあるな。
この戦車(自走砲)は
モビルスーツ(MS)が主役の世界なればこその
存在であるらしい。
要するにあんまり小さいと
MSに踏まれちゃう恐れがあるから!
その理由がこの大きさになるのだとか。

MS発祥の国「ジオン」と言えど
MSの生産台数には当然限りがあります。
軍全部をMSに!なんていうのは
小学生以下の妄想なわけでして
その穴を埋めるべく作られた「戦車」なのです。

ガンダムの本編ではわらわらと
沸いて出て、次々とやられていたのが印象的でした。

でもってコイツの「ゲーム」での存在ですが
PS版「機動戦士ガンダム 連邦VSジオン」では
完全に脇役でして、連邦でプレイした場合
敵MSがフィールドに存在しない場合に限り
いきなりロックオンできます。
手持ち無沙汰に攻撃したり
流れ弾で知らぬ間に撃破していたりします。
ビームサーベルなんかで撃破してみたいが
PONには出来たためしがなく、
すぐに別の敵MSが沸いて出るので
その瞬間、ターゲットとしても認識も
してくれなくなる悲しい存在。
そんな扱いなのに、このゲームは変に細かく
撃破した瞬間、マゼラトップが浮上
(この戦車は砲塔が飛行機!になり、その
 飛行機の部分をこう呼びます)
逃げていく様を見ることも出来たり。
ゲームでも隠し要素でいいから
自機として操縦できたらよかったのに。
(そうすりゃ改めてMSの
 凄さが体感できそう)

「ギレンの野望」では文字通り
埋め合わせ要員としてそれなりに使えます。
攻撃範囲も2ヘックスあるから
前線に近寄らなければまあ。
昔の「ギレヤボ」では
分離した「マゼラトップ」一機だけで
広大なユーラシア大陸の各都市を
占領して回ったことも
今ではよい思い出かと。

マゼラ.jpg
形式は「HT-01B」と言うらしい。
コレはさすがに知らなかった。

コレの「ラジコン」欲しいな。
おまけに「キュイ戦車」つけて。
姉妹品はもちろん「61式戦車」。

あるいは「ニッコー」あたりから
ホバークラフト方式のラジコン「ギャロップ」とか。
ああ、ジャンルが違うけど
ウルトラセブンにでて来た「恐竜戦車」のラジコンも
あったらいいねぇ。

閑話休題。

このミリタリー路線をさらに強烈に
推し進めたのが
太陽の牙 ダグラム」でした。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
余談・・


posted by PON at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

RGM−79 GM

本日はこどもの日。
端午の節句。
息子の初節句でした。
こんな日はコレ。
連邦が誇る「兵隊さん」です。

************************

細々と続けてまいりました
モビルスーツについて
うだうだ記述するシリーズですが
ジオン系のMSは終了しましたので
連邦軍のロボ(笑)であります。
もっとも、TVシリーズだけに限れば
連邦側はたったの4機種なんですが。
(ボールを含めても5種か)

RGM−79 GM(ジム)
地球連邦軍が戦争末期に大量導入した
モビルスーツで要するに
量産型ガンダムです。

GMとは
Gundam
Massproduct
の略称だとか。じゃあ「R」ってなに?
一部の噂では「連邦」の「R」らしいが。
何故に「ローマ字」

ワンメイクカスタム車がガンダムなら
ジムは「ブルーバード」か「カローラ」か。

我々1970年近辺生まれの人間には
ガンダムの影響が悪い方に出てまして
「試作機」
=「ふんだんに金がかかっている」
=「スーパースペック仕様」

なんですね。
本来、試作機には欠陥が付き物
量産型こそ安定した性能を誇るものです。

ここの所を、うまく利用したのが
ガンダムの夢よもう一度!と
サンライズが1987年に製作したアニメ
機甲戦記ドラグナー」でして
ガンダムと同じどおり
試作機3機が主人公チームによって大活躍、
そのデータを転用して、主人公側陣営が
量産型(MBD-1A ドラグーン)を大量生産。
コイツの性能は主人公搭乗の
試作機(ドラグナー)を
上回るスペックを持つ
ので
試作機はお払い箱になる話があった気がする。
結局、パワーアップ改造して以後も
主役を張るのだが。
まあいいや。別のアニメだし。

ジムといえば思い出すのは
富士急ハイランドのアトラクション
「ガンダムザライド」
ここで活躍するのは
連邦軍のジム小隊、
ジャックザハロウィン隊
我々お客さんは宇宙世紀でたまたま
戦争に巻き込まれた民間人ですから
たかがジムといえど大切な味方。
兵隊さん有難う!なのです。

GTR.jpg
未体験の方は是非一度
お出かけください。

・・また話がそれちゃったな。
えー毎度のお話ですが
ゲーム「連邦対ジオン」では
ジムはあんまり使いません。
連射こそ命のPONにとりまして
すぐ弾切れになるジムは対象外なのであります。

ゲーム「ギレンの野望」では
やっぱ「数は正義」という
連邦の大義を再現するため、
PONが連邦側でプレイするときは
「ガンダム」の大量生産なんて無粋なマネ
金輪際しません。
ひたすらジム。ジム。
それも陸上型とかカスタムとか
よくワカラン後付設定のジムは使いません。
あくまでTV版のノーマルジムの
大量生産で堂々進攻。

アメリカ軍の中戦車A4シャーマンであり
旧ソ連のT−34戦車であり
大戦略で言うところの「人民兵」

PONにとってジムとは
TVで見た勇姿、そのまま。
マゼランの甲板から無造作に
大量に出撃する彼らなのです。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

続きを読む
posted by PON at 21:00| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | MS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

パイレーツオブカリビアン

先日、パート2もDVD化したと聞きますが。
ディズニーのアトラクションをモチーフとした
映画化シリーズ第一弾。
「パイレーツオブカリビアン」
そのものズバリ「カリブの海賊」です。

もはや「怪優」になりつつある
「ジョニー・デップ」の熱演もあり
思ったよりも面白かったので
(二度観るには及ばないが)
映画化シリーズの第二弾、
エディーマーフィー主演の
「ホーンテッドマンション」にも
期待していたのだが・・

こちらの方は、シナリオの制約
(メルヘンなディズニーワールドに
 一般のホラー映画並の残虐描写や死の香りを
 求めるのは元から無理がある)うえ、
エディマーフィーの凋落ぶりばかりが目立って
とてもイタイ映画でした。

まあ、どっちにしても映画の事はいいや(笑)
「パイレーツオブカリビアン」の映画冒頭で
いきなり幼少時のヒロインが
あの名曲「YOHO」
(アトラクション、カリブの海賊で
海賊達が宴会で歌う歌)を歌いだし
嬉しくなった事を思い出します。

B000006073.01._AA240_SCLZZZZZZZ_.jpg

《 CD 》
『 Heigh Ho Banjo Bluegrass Salutes
 Favorite Disney Songs 』

Various Artists
価格:¥ 1,702 ¥ 1,872 (used:¥1,270)
CMH(1998/04/21)

「A Musical History of Disneyland」というのも
良いらしい。その筋の方にとりましては。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

原語の歌詞を(こっそり)載せときます。続きを読む
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ハ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

柳原可奈子(お笑い)

だいぶ以前のお話ですが
南海キャンディーズの
「しずちゃん」に対し、
早々に目をつけた事のある自分

少し喜びを感じてたPONでしたが

これから来そうな新人芸人さんを
深夜番組を中心に早々に
 売り出しつつありますが

ご紹介させていただきたく。

柳原可奈子さん(太田プロ)

古くは売り出し期の「山田邦子」や
ちょっと懐かしい「相馬ひろみ
少々前の「青木さやか」と同じ系統
地道な観察眼による
「あーこういう人いるいる〜」
の芸が主流。

何げに腹立つ「売り子」役
109の売り子

総武線にいかにも居そうな学生
総武線の女子高生

この二つの路線でも充分面白いけど
今後を考えるなら少なくとも後2本ぐらいは
ネタがほしいところだね。
がんばってください。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:34| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

仮面ライダー

「スーパー特撮大戦」から話が
派生いたしまして・・
今回は「仮面ライダー」です。

自分は1971年生まれですので
仮面ライダーというものを
意識して見始めたのは「アマゾン」から。
ストーリーも含めて「仮面ライダー」を意識したのは
「ストロンガー」です。
(ちなみにウルトラマン系では「タロウ」
 意識して見たのは「レオ」です)
こう書き連ねてみますと、PONの世代は
「特撮」に関しては遅咲き
「アニメ」に関しては黄金時代
なんですね。

「ヒーロー」といえば、みんな無敵で
放っておいても勝手に敵を倒してくれる
絶対大丈夫な存在って感じですが
仮面ライダーって脳みそはともかく
体は機械なわけです。

ある程度の機械の性能差まではナントカ
運用側の能力でカバーできるとしても、
たとえば自動車で言えば、本郷猛
いくらIQ600の知恵と勇気があっても
マーチに乗っているドライバーは
テスタロッサ級のバケモンには
絶対勝てないわけで。


しかも仮面ライダー1号って
試作品のまま研究室を飛び出して
プロ(ショッカー)のメンテナンスを受けられないまま
実戦でフル稼動している機械でしょ?
そりゃあ限界があるよ。
いつ壊れるか不安だろうに。

一応、設定では「仮面ライダー」の
人工筋肉とやらは鍛えれば鍛えるほど
鋭さが増す
になるってことになっているので
そう言った点では
おやっさんとの「特訓」は無駄ではない様子。

実はTVの話で既に
「ショッカーとの戦いに能力の限界を感じた
 仮面ライダー1号は、ショッカーにわざとやられて
 捕虜となり、再改造してもらう
が、いろいろあって
 またまた脱出」
んで、ショッカー悔し涙、という話がある。

(2007/6/7 追記:知ったように書きましたが
 このエピソードそのものはTVの話には無く
 仮面ライダーの色が途中で変わったのは何故か?を
 説明する為に作られた、後付け設定だったようです。)

この改造により、仮面ライダー1号は
わざわざサイクロン号に乗らずとも
2号同様、変身ポーズだけで変身できるようになり
ボディー色も明るくなる。
ショッカーの間抜け加減が伺える、
微笑ましいエピソード
となっているが

現在、リアルな仮面ライダー世界の
再構築を試みている小説
「S.I.C.HERO SAGA」では
さすがにショッカーはそこまで間抜けではない。

<ネタバレあり>
ショッカーの大首領は実は宇宙人で
自分の組織の地球(日本)征服事業すら
「絶対能力者の暇つぶしのお遊び」に過ぎず
「仮面ライダー」との死闘も大首領には
手のひらの出来事に過ぎない。
大首領は仮面ライダーの策略を
最初から看破した上で、
なお再改造に協力する
のである。
この大首領の心理とは
格闘ゲームでプレイヤーが
上手くなって敵に満足できなくなり
自発的に難易度をアップするようなもの

ライバルが弱くてはゲームが面白くない。

ヒーローもさすがになめられすぎだが
それでも敵の協力を拒否できないほどに
味方側も内情は絶望的。
絶対的な強さの僕らのヒーローも
実はお釈迦様の手のひら状態の
絶望的な状況であがいているの過ぎないのだ。
そんな戦いのリアルさ浮かび上がって
実にいい設定だ。

そんな大首領の「ホンネ」を
当の仮面ライダーにだけチラリと
テレパシーで漏らした後、
約束どおりパワーアップ手術を敢行。
ライダーの記憶を一部抹消する。
ライダーは馬鹿なショッカーを
まんまと騙すことができた、と思い込んで
次の日からまた敵味方に分かれて戦うのだ。

マヌケだと思っていた「悪の組織」と
「正義の味方」の圧倒的な力の差が怖い

**************************
このブログの存続のために
クリックをお卒いします!
人気blogランキングへ
posted by PON at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。