2007年05月15日

サマンサタバサ

サマンサタバサ
Samantha Thavasa とは
「若い女性を中心に人気を博している
 バッグとジュエリーのブランド」だそうです。
最近、「おされな」駅ビルを中心に
出店攻勢をかけてますね。

「サマンサタバサ」ってのは
有名なアメリカのTVコメディードラマ
奥様は魔女」の主人公
「サマンサ」とその子供「タバサ」を
つなげたモンなんでしょう。
いいのか?そんな単純で。
どこぞからクレームはこないのか。

「サマンサ・ダーリン」じゃないんですね。
ここでも「父親・旦那」は孤独。
存在が疎外されております。
「ダーリン」とはサマンサの夫のこと。
ケツ割れアゴでアメリカ60年代の
ホワイトカラーの象徴のような人。
調べてみた。

>ダーリン・スティーヴンス
>(Darrin Stephens) サマンサの夫。
>夫の名前は、日本で放映されていた
>当時は「愛しい人」「あなた」(呼び方)を
>意味するダーリン (Darling)と発音されていたが、
>実際は、ダレン (Darrin) である。
(Wikipediaより)

おお?!「ダーリン」は愛称じゃなくって
「名前」だったんだ。人生は常に勉強だな。

閑話休題。

「サマンサ・タバサ」は「母・娘」の関係。
そんなブランドが許されるなら・・

・サザエさまより
「フネ・ワカメ」とか

・銀河鉄道999より
「プロメシューム・メーテル」とか

母娘にこだわらなければ・・
・エヴァンゲリヲンより
「ゲンドウ・シンジ」とか
(漫才芸人みたい)

・おなじみガンダムより
「テム・アムロ」とか

・SWより
「アナキン・ルーク」とか
(・・なんかカコワルイ)

・「品川・庄司」「球児・好児」「てんや・わんや」etc・・
なんでもいいや、もう。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。