2007年09月06日

西村慶明氏とトミックスブランド

西村慶明 氏といえば
鉄道、艦船などといった「男の子」が
大好きな分野系でご活躍の
精密かつさっぱりとしたテイスト絵で
(その筋では)知られるイラストレーター。

Kaetu.gif
無許可転載。ごめんさない。

KHKN1000K.jpg
イイと思いませんか?
このさらっと感&精密感がたまらなくて。

えーーと、またまた皆さんを
置き去りにしますけれども、
PONの鉄道好きは実はこの方の
イラストにめちゃめちゃ惹かれたところが
大きいのです。

当時の鉄道模型は大きく分けて2つしか
メーカーブランドがありませんでした。
「トミックス」と「KATO(関水金属)」です。
当時、オモチャ屋で偶然見かけたのが
トミックス(TOMIX)の
大きな鉄道模型セット。
(基本セットNo2)

この箱のデザインにほんと参りました。
なんて子供の購買欲をくすぐるのか!
あまたの親御さんの財布の敵です。
すごいぞ当時のTOMIXのデザイナー。

ブルーのハコの裏面には
西村慶明氏の精密画が白線で
箱いっぱいに描かれていまして
そのセット内容をリアルに立ち上げると
こういう風景になりますよ!と
子供でもわかる仕組み。

トミックスは当時からブランドイメージと
統一感を非常に大事にする会社だったようで
必ず、「+α」のオシャレ感がありました。
カタログの写真を見ると
当時はまだめずらしかった「フローリング床」に
無造作に鉄道模型が展開され
その横にはなぜか「ブランデーグラス」と
「間接照明機器」&「観葉植物」が
置いてあったりする。大人の趣味wってやつを
演出したかったのかな。

実用一辺倒だった「KATO(関水金属)」
ブランドと違い、今に至るまで、PONが
トミックスというブランドになんとなく
女性的イメージを持つのはこのためかもしれません。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:37| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。