2007年10月12日

内藤“国民の期待”に応えられた!

カメ三兄弟側も今回は立派だったのでは?
しっかり負けたし、反則技を繰り出すって
ことはガチンコだったんでしょうし。
(本来、ガチンコが当り前なはず・・
 なんですけどw)

************************

 <デイリースポーツ
 WBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦
 (11日・有明コロシアム)、亀田に初黒星をつけた。
 王者・内藤が世界初挑戦の同級14位、亀田大を
 最大10ポイント差をつけ3-0の判定で下し、
 史上最年長の33歳1カ月での防衛に成功した。

 (中略)
 キャリアで上回る王者が、15歳年下の挑戦者に
 “ボクシング”を見せつけた。「ゴキブリ」と
 ののしられても、大人の対応を見せてきたが、
 亀田一家に日本人として初めて立ちはだかった
 リングでは、容赦なくパンチを浴びせて制裁した。

 (中略)
 中盤からは相手を見切って打ち合い、試合を
 支配した。9回にもみ合い、投げられて転倒。
 怒って後頭部にパンチを浴びせて減点を食らった。
 最終回も大毅の相撲(投げ)&レスリング
 (タックル)で倒されたが、最大10ポイント差の
 完勝だった。

 (中略)
 「めちゃうれしい。国民のみなさんに、
 この喜びを伝えたい」と笑みがこぼれた。挑戦者に
 「負けたら切腹」とハラキリマッチを迫られたことにも
 「最初から切らないと分かっているから、ねちねち
  言ったらかわいそう」と、言質にこだわることは
 しなかった。

 (中略)
 大毅について「いい選手」としながらも“反則行為”に
 クレーム。「もみ合ったときは必ずサミング(目つぶし)
 してきたし、太ももを打ってきた。もっとクリーンな
 ボクシングを磨いた方がいい」と諭した。
 (後略)
 最終更新:10月12日10時26分

************************

だいたい、カメ3兄弟の誰と戦うのか
それも分からなかったのだが
(今でも名前では判断できない!)
今回相手をしたのは、3兄弟中、
もっともボクシングが嫌いな次男だった
みたいだ。それもスポーツ紙で知ったのだけど。

33歳と18歳では、数字だけ見ると、
なんか一瞬「いじめ」?なんて
(どっちがどっちを・・はともかく)
年齢差を気にしなくもなかったけど、
スポーツ業界は、若くてナンボみたいな
ところが大きいので、やはり内藤選手の
今回の頑張りは立派だと思う。
同世代(に近い)自分には、無責任に
カメ兄弟への憤懣を託すことができ
結果として単純に嬉しいニュースでした。

プロレスに通じる試合前の応酬合戦も
内藤選手は大人の(当然と言えば当然だけど)
対応だったし、切腹する・しないの話も
さらっと流してたし、いいねえ。
どこかの自称「国技」よりも
よほど見ていてさわやかだったよ。

ドーハの悲劇のゴン選手のように、
今後、ボクシングといえば内藤として
知名度も上がり、今後、彼が飯に
困ることはなさそうですね。

また、沢尻騒ぎではカメのひとりが
比較的まともなことを発言していて
自分はいつも挑発的だけど
 それは対戦相手に対してであって
 お客相手に無礼な態度はとったことがない

 とかなんとか)
ひそかに感心していたのだが、
それはまあ、日頃の言動が「だめだめ」だから
たまーにまともな発言をすると、必要以上に
評価されてしまう現象でしょう。
明石家さんまの「笑顔」よりも
めったに笑わない近所の嫌なジジイの
「笑顔」のほうが貴重である、と。

・・書いておいてなんだけど、意外に
苦労してて、頭も悪くないのかも。
あの兄弟は。少なくとも実のオヤジよりか。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif続きを読む


posted by PON at 21:00| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 記事(喜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。