2007年10月16日

最強のフラッシュメモリ

割と古い記事で申し訳ないです。
けれども「無駄にすげー」wと思ったもので。

「米軍御用達の核爆発レベルの
 衝撃にも耐えうる
USBメモリ「IronDrive」」

a_idquarter.jpg
「手榴弾みたいだが・・・」

 米国陸軍と米国海兵隊のために開発された
 USBメモリで、高温・腐食性薬剤・浸水・
 電波障害・核爆発級の衝撃に耐えることが
 できるらしい。

 その驚異のスペックと価格は以下の通り。

 Introducing Iron Drive Ruggedized USB Memory Drive
 http://www.irondriveusb.com/

 全長4インチ(約10センチ)、重さは164グラム。
 標準容量は1GBですが、32MBから4GBまで
 取りそろえているとのこと。USB2.0で転送し、
 読み込みは20MB/秒、書き込みは10MB/秒。
 MTBF(平均故障間隔)は466万時間。書き換え
 可能回数は500万回、エラー検出・訂正
 (EDC/ECC)アルゴリズムも採用。DES/3DES、
 SHA-1、RSA、AESで暗号化可能。動作可能温度は
 操作中の場合はマイナス40度から85度、
 操作していない場合はマイナス55度から95度。
 米国国防総省の軍事品に採用する性能試験
 MIL-STD-810Eに合格しており、軍用のUSB接続に
 対応。

 で、気になる値段ですが、実際に問い合わせた
 結果、1GBあたり700ドル(約8万3000円)で、
 納期は60日から75日後。これは軍からの需要を
 優先しているためだそうです。そのため、
 数ヶ月後には保証できないが500ドル
 程度まで下がるかも知れない

 とのことです。

 日本の自衛隊とかはどういうUSBメモリを
 採用しているのでしょうかね?
→フロッピーDじゃない?(苦笑)
 <2007年02月22日>

ね?無駄に凄すぎませんか?
気をつけなければならないのは
核爆発の直撃(熱&放射能とか)に
耐えられるのではなくて、
核爆発級の「衝撃」に耐えられるのだ
ということ。

爆心地に置いてあったらやっぱり「蒸発」して
しまうんでしょうね。でもほんと、無駄に凄い。
メリケンはお馬鹿で無邪気だなぁ。

mil_conn_003.jpg
「ここが接続口らしく。我々の知るUSBコネクタ
 じゃなくって軍用規格っぽい」

IronDrive Military Connector
A detail of the IronDrive™ Military to USB Connector

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

こんな記事もあったよ


posted by PON at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。