2007年10月23日

東京ネズミーランド考

ひとところよりは騒がれなくなったが
「東京ネズミーランド(TNL)
 にみる魔法の商売」
「なぜTNLの従業員は
 気持ちよく働くのか?」とか
その手のビジネス本がわらわらと
発売されていたことがある。

電車広告で見たのだが
少女系くずし書き書体で
夢あるバイト大募集!」ってあった。
何かと思えば「ねずみーランド」の
アルバイト(スタッフ)募集だ。

いまでこそアルバイト員は
どこでもスタッフなんて気取って呼ぶが
職場を「劇場」に見立て
客=キャスト(出演者)
アルバイト=スタッフ(裏方)
という呼び変えをしたのは多分
ネズミ系が最初だと思う。
キャストの夢を演出するのが
スタッフなわけだ。

これはうまい言い方だな。
「スタッフ」という言葉だけで、
3K系の仕事も、苦もなくやれる
仕事に化ける。
「働かされている」のではない
キャストを楽しませるために
「働いてあげているのだ」

月賦がローンに、借金がクレジットに
(ト×コがソープになったでもいいかも)
なったようなもんかな。
言葉の魔力。

ねずみー.bmp
画面はイメージwです。
(拾いもの)

以前、友人にやはり「ねずみーらんど」
信仰者がいて、彼の働きぶりは、大学生
だったにも関わらず、本業がいったい
どっちなのか分からないくらい
しっかりと、そして楽しそうに働いていた。
傍目にみていても、本当にあそこで
働くのが好きなんだな〜と
ひそかに好感すら持っていたものだ。

その彼で思い出したのだが
ネズミーランドにスタッフ
(一時雇用・バイト等)の
経験のある人間は、絶対にあそこの
正社員にはなれないらしい。

シロウトからすれば、経験者=即戦力で
いいじゃないか!と思いがちだけど
あそこに限らず、結構な企業において
しょせん、バイトはバイトであり
正社員候補とまでは考えられない
という企業も多い。
「悪癖」や妙な「社内事情」を
知っている人間よりも、何も知らない
人間をこそ採用したいって本音なんだろう。

そんなこと百も承知で、今日も
スタッフ稼業(バイト)に
精を出す方が大半なんだろうけども。

それはそうと、自分個人のポリシーとして
正社員、バイト関係なく
「人が楽しむために集まるところ」では
働きたくないです。
ストレスたまるから。あーゆーの。
だから接客業に従事されている方には
ホント頭が下がる。
今の日本人(含む私)は
さんざん甘やかされてしまったから
ワガママさんだし。

ネズミーのスタッフだった先の彼から聞いた話。
一日の精算時にレジの収支が
小銭単位で狂うことは良くある。
ネズミーランドの場合
レジの金が少なかった時よりも
多かった時のほうが問題視されるんだとか。

夢を売る商売だから。
お客さんから必要以上に「金」をもらって
不愉快な思いを残すことこそ
最も忌み嫌うことなんだと。
ほー。

TNLの出現によって
日本のサービス業全体の底上げが
図られたのは結構、真実だと思う。
反面、日本人を甘やかせ過ぎにした
とも思うけれど。

ぶつぶつ。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。