2007年10月29日

コンビニの嫌な話 Vol.1

昔、コンビニに縁があって
裏で嫌なことを結構見てきた。

オーナーは時に借金までして、
日々売るための商品
(弁当・おにぎり・パン類)を購入する。

それで、ヤマ×キとか生産工場から
有難がられるわけではなく
(彼らが有難がるのはコンビニ本社の
 商品セレクト担当者にであって
 決して販売現場、オーナーに
 感謝することはない)
また、廃棄期限が来たら
捨てなければならない。

コンビニ経営を
「血を吐きながら走るマラソン」
とはよく言ったものだが、
自分はもう二度と
ああいう思いをしたくない。

借りてきた金を食べ物の換えて
そのままゴミ箱に捨てて来た。
食べ物を粗末にしたら地獄に行くらしいが
どうぞ「日本列島」ごと
連れて行ってくださいって感じだ。

道徳面だけでなく金銭面から言っても
本屋なんか売れ残った本は返品が効くのに
コンビニはない。金額補償は全くない。
食品生産工場は売れようが残ろうが
確実に一定数の生産量、職場を
コンビニによって保障されるわけで
いい、金ヅルだ。
そのシワ寄せはすべてオーナー。

自分も、消費者になれば
そうらしいのだが、消費者は
たくさん陳列されている商品の中から
ひとつを選び出すのがお気に入りらしい。

そのコンビニには
いつも3人客が来るからといって
パン3個入荷するだけでは
ダメなのだそうだ。

商品がなくなるのは
「チャンスロス」なんだって。
商品が無くなったのは
きっちり売れたからではなく、
そこに諦めて帰った客がいると。
そしてそういう客はもう二度と来ない。
だから来客10人が見込めるなら
少なくとも13個入荷させとけと。
そういう指示をする
本部の「SV(スーパーバイザー)」の
なんと多かったことか。

中にはストコン
(ストアコントローラー、要するに注文機)
勝手に操作して、オーナーが注文した個数に
勝手に追加していたりする。
自分の成績になるからね。

すことん.jpg
これは「スコトン」岬。

それで売れなかった場合、追加した個数を
君たち(SV)が一緒に保証してくれるならいい。
けど払うのはオーナーじゃん。
オーナーは一応、経営者とされてるけど
実質、経営裁量なんかないに等しい。
そういう時に財布を
開けるだけのために存在している。
本部のために金を払う、
それだけのために存在しているのだ。

ホント、フランチャイズなんか
加入するモンではない。
もしどうしてもフランチャイズが
やりたかったら自分で
フランチャイズシステムを作って
人にやらせるべき。

こういうこと書くと
「てめーらが欲の皮つっぱって
 よく調べもしないのに「儲かると思って」
 やったことなんだろ!同情の余地なし」
なんて言い出す輩がいそうだけども。

同情して欲しいからこんなこと
書いたんじゃなくって
これからコンビニ(フランチャイズ)を
始めようとしている方に、
アンチテーゼしたかっただけなのでつ。
こういうこともあるよってコト。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

もう亡くなったが・・


ラベル:コンビニ
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。