2007年11月19日

東京ネズミーランド(TNL)

東京ネズミーランド(TNL)のことを
比較的冷やかに書いているようで
TNLが嫌いなのか?と思われるかも
知れませんが、自分、PONは
実は割と「ディズニー」びいきでして。

先日、映画の成功に伴って
大幅リニューアルされたらしいアトラクション
「パイレーツ・オブ・カリビアン」
(要は「カリブの海賊」ですね)
メインスポンサーは
「キリンビール」です。

このスポンサーシステム、
当時としては画期的でした。
遊園地そのものにではなくて
なんと「出し物」=アトラクションに
企業スポンサーがつくのですから。
今だって「豊×園」ではなく、そこの
「お化け屋敷」に御社でスポンサード
しませんか?なんて
突然代理店が言ってきたら、
びっくりすると思う。

ランドの開業は、PONが小学校6年生の
時だから1983年かな。
もう、24年も前になるんだな。

で、キリンの話。TNLのスポンサーに
なったからには当然そのメリットを
自社の「営業」に使ったわけです。
PONの実家は酒の小売業でしたが
キリンから
「TNLプレオープンご招待企画」が
舞い込んできました。ただし条件付きで。
大瓶ビール40ケース御注文で
1名無料ご招待だったのかな。
うちは5人家族でしたから
親父も張り込んだ・・というよりは
当時の酒屋は、今と違って景気が
良かったのでしょう。

40ケース × 5 名 =200ケースを注文。
めでたく我が家は人数分の
プレオープンご招待券を
入手したわけです。

ビールケース.jpg
画面は超イメージです。

しばらくの間、うち、および知人の
酒屋の倉庫はキリンビールだらけ
なりましたが。その後、特に処分に困ったという話も
聞きませんでしたから、おそらく順当に
さばききったのだと思います。
(いい時代だったな)

この「プレオープン」ご招待とは、
TNLの正式開園前の数週間
スタッフ習熟のために、スポンサー接待も兼ねて
関係者だけご招待で営業したようでした。
お客さんもTNL初めての経験なら
TNL関係者もまだ全員が「見習」中。
俺らをテストケースとして
正式開園に備えたワケです。
(実際にひどい目にあったってことは
 有りませんでした。サービスもすべて
 受けることができたと記憶してますし)

キリンのご招待だから「カリブの海賊」だけ
有効ってわけではなく、自分らが出かけた
1日は、キリンに関連のある御招待客だけで
占められた貸切でした。

私ら家族は「自家用車」で出かけましたが
さらに地方からの招待客は、バスで来園。
18:00頃?には帰宅してしまいました。
今と違って「京葉線」もなかったし
多くの招待客が帰った後のTNLは
自家用車で来園した家族だけの貸し切り状態!
マジにすごい状態。
割合で言うと、いちアトラクションに
2〜3家族だけですから。

ネズミの象徴.jpg
イメージですよ。

あの時「ホーンテッドマンション」が
大変気に入った我々は、アトラクションを
楽しんで出口に戻ると、また走って入口へ。
当然、順番待ちの人間なんてゼロですよ。
ファストパス制度どころの騒ぎではありません。
良き思い出。
当時、小学校低学年だった弟は
今でもTNLの大ファンです。

そんな状況を十分楽しんだだけに
正式開園後のあのパニック状況
(アトラクションに2時間半まちとか!)
をニュースで聞くたびに「優越感」を
覚えたものです。
マイコーもそんな優越感を感じたのか?

要するに、「特権」っていいなっつー
単なる「自慢」だったんですけどね。
ご清聴有難うございました。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

従業員通路にて・・


posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。