2007年12月03日

Por que no te callas?

現代はいろいろと行き届いた権利が
下々のものまで保障された反面、こんな奴の
人権まで守らなければいけないのかよ?
と嘆息してしまうようなニュースが
続きますから(世界的にもそうなんでしょう)

正しいか、正しくないかはともかく
がつーん」と一喝してくれる存在が
求められているのかもしれません。

【スペイン】国王の一喝からヒット商品、
国際会議で「黙りなさい!」
11月20日2時22分配信 NNA

スペイン国王が「黙りなさい!」――。
外交スキャンダルから
生まれた思わぬヒット商品について、
19日付けBBC電子版などが伝えた。

スペイン、ポルトガルや中南米諸国など
22カ国で構成されるイベロアメリカ
首脳会議がチリで開かれた際、ベネズエラの
チャベス大統領がスペインのアスナール前首相を
「ファシスト」と非難。
これに対するサパテロ首相の反論を同大統領が
何度もさえぎろうとしたため、首相の隣にいた
フアン・カルロス1世は激高し、
「Por que no te callas?(黙ったらどうだ)」と
一喝した。

国王の鶴の一声は本国で大人気となり、
このフレーズをあしらったマグカップや
Tシャツなどが登場。中でも携帯の着メロは
約50万人がダウンロードし、
およそ150万ユーロ(2億4,200万円)の
収益が出たという。

またウェブサイトのドメイン
「www.porquenotecallas.com」が
オンライン競売サイトのイーベイに
出品されており、19日時点で入札価格は
1万ユーロ以上に跳ね上がっている。
いち早くドメインを登録した
フアン・アントニオ・モラレスさん(34)は
「ここまで注目されるとは思わなかった」と
喜びを表している。

とりあえず、法の外から物が言える
御身分ですからね。
こういう御身分が暴走しないように
始まったのが民主主義であり
三権分立だったはずですが、

諸事あまりにもグタグタで
コトの本質がさっぱり明らかにされず
声の大き奴が、言い切ってしまえば
それで済んでしまう昨今。

国際会議で一国の代表に
黙りなさい!」ですもん。
並の身分じゃ言えませんやな。

多分、スペインとかポルトガルあたりは
現在でも「大航海時代」にノスタルジがあって
元植民地である南米各地を
軽んじている風潮があるのかもしれないな。
大統領と言っても元植民地の人間が
何言ってんだ!って。さすがに現代で
大声で言う奴は少ないけれど
王様だから、言っちゃった。
拍手喝采。意外とそんなところか。



日本で天皇が、国際会議に臨席。
相変わらず騒ぐ特定アジアに
こんな発言しちゃったら
さすがに大騒ぎだろーて。

ちなみに1万ユーロは162万円だそうです。
フアン・アントニオ・モラレス(34)くん。
大儲け。

ただし日本で「アントニオ」といえば
彼しかあり得ません。
ボンバイエ!



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事(楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。