2007年12月08日

遊び心で千円札コピー

本日は開戦記念日なり。
マスライです。

「遊び心で千円札コピー、
 同僚知らずに使う…書類送検へ

 愛媛県宇和島市の市立宇和島病院の
男性職員新千円札の片面だけをカラーコピーし、
同僚職員がコピーと気付かずに使用していたことが
22日、分かった。
 宇和島署は、コピーした職員を
通貨及び証券模造取締法違反容疑で書類送検する
方針で、市も処分を検討している。
 同署などによると、男性職員は今年2月中旬、
カラーコピー機の調子をみるため、
新千円札の片面だけをコピー。
 その後、遊び心で実物大に切り、自分の机の
透明カバーの下に挟んでおいていた。
同日、男性職員が部屋を出ている間に、
愛・地球博(愛知万博)の記念硬貨の訪問販売があり、
女性職員が男性の分も購入してあげようと
コピーとは気付かずにこの“偽千円札”を
郵便局員に渡し、1枚500円の記念硬貨2枚を
買ったという。模造に気付いた郵便局員が同署に
通報。同署が職員から事情を聞いた結果、
片面が白紙であることや、犯罪の意図が薄いことなどから、
偽造通貨には当たらないと判断した。
 奥藤幹治・病院事務局長は
「いたずらにしても度が過ぎる。
 ご迷惑をかけ、申し訳ない」
と話している。
(読売新聞) - 2005年4月22日14時41分更新

これもかなり古い話。そんで奇妙な話。
話はまあ記事の通りです。
「ほのぼの」というには少々疑問が残る
ある病院内のかなり「おまぬけ」な話です。

>片面が白紙であることや、犯罪の意図が
>薄いことなどから偽造通貨には当たらないと判断した。
のに
>通貨及び証券模造取締法違反容疑で書類送検する
されるんだ??
よく解らんの。

それにしても腹が立つのは「女性職員」
絶対、彼女のあだ名は「サザエさん」だね。
決定。

>1枚500円の記念硬貨2枚を
>「男性の分も購入してあげよう」
って、まず巨大なお世話だし、そう思うなら
まず自分の財布から建て替えればいいのに。

彼女に余計な行動のために
これまで病院で真面目に働いていたと思われる
この男は前科者(とまでは行かないだろうけど)
になってしまった。少なくとも、
お堅い「市」は処分を検討しているらしいぞ?
疑わしきことをした
彼がイケナイんだけどさ・・。

わからんよ。女性職員。
受け取ったその時にわかれよ郵便局員。

この後の、宇和島病院事務方の
人間関係像が非常に心配。
それこそ余計な御世話ですね。
(数年前の話だし)

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 記事(哀) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。