2008年03月31日

恐怖のストレッチマン

家庭に子供がいることで、思春期以来ずいぶん
離れていたのに、急に戻ってきたものがある。
そのうちのひとつが「子供(幼児向け)番組」。

PONの世代で言えば、「ポンキッキ」とか
「カリキュラマシーン」とか
「ママと遊ぼうピンポンパン」とか
「ロンパールーム」AND SO ON・・

限りなく余談だが、昔の映画で
ハリウッドが全力で作った「ポルノ映画」、
「カリギュラ」っつーのがあったが
名番組、カリキュラマシーンを知っていた
当時のPONは、なんか関係あるのかなぁ?と
漠然と思っていた。(当然まったく関係ない。
どれくらい関係ないかはココのHPを見てくださいw)

・・んで
ストレッチマン」というキャラがいる(らしい)
自分も、NHK教育で数回見ただけなんで
なんとも言えないのだが、まっ黄色の全身タイツ
男がなにかといえばストレッチ体操で、諸問題を
解決するショートコーナー。

Wikiによると・・ストレッチ第七星雲出身の宇宙人。
ストレッチ体操が得意・・・というか趣味
、だそうである。

うちの息子、ちびがるた氏はコイツが大嫌い。
なにが気に入らないのか知らないが、TVに
ストレッチマンが出てくると、ぐずりだして
そのうち大泣きする。
なんともメイワクな存在、「ストレッチマン」。
彼は悪くないんだけど。

自分も、御幼少のみぎり、嫌いなものがあった。
「ママと遊ぼう、ピンポンパン」のマスコットキャラ
河童のバケモノ「カータン」である。

カータン.jpg
これがヤツ。

ちびがるた同様(いや、もっと酷かったようだ)
カータンが出てくると問答無用で泣き出したらしい。
更には、掃除機の音も怖かったようで、
ピンポンパン放送中に母上が掃除をすると
それはもう大騒ぎになったそうであります。
もちろん原因は自分にも不明。その点、ちびがるたは
掃除機をかけていても「完全無視」なんで、
既に父を越えているのです。スゴイな。

嫁は、「ちびがるた」をからかう時
このストレッチマンの登場シーンを真似する。

「ストレッ・・チマン!!!」

息子、急に不安になって大泣き。
というか、キミのその大声モノマネでは
俺も怖いよ。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

ピタゴラスイッチ

「ピタゴラスイッチ」

知っている人は知っている、NHK教育の
子供向け?教育番組。慶応大学なんたら教室が
監修した、身の回りのいろいろなものを使った
「ドミノ倒し」ような装置、「ピタゴラスイッチ
で有名。バック・トゥ・ザ・フューチャーの
オープニングで、主人公の親友科学者「ドク」が
8時の目覚ましと共に、目玉焼きを焼き、
愛犬「アインシュタイン」への餌やりまで
自動で行う「メカトロ」が出てくるけれども
まあ、あんな感じ。

全体としては「うすらぼんやり」と知的センスを
漂わせながらもどこかとぼけた子供番組だ。

アルゴリズム体操
最近、あんまり民放お笑いでは見かけない
お笑いユニット「いつもここから」が
こんなところで頑張っている!
いかにも彼ららしい、とぼけた歌で体操(というより
「踊り」かな)をするのだが、一般の?働く人々をも
巻き込み、主に屋外で展開する。

PONが見た限りでは
「京都の舞妓衆」
「JALの飛行機整備士の方々」
「キャビンアテンダントの方々」
「私鉄の車掌、運転手の皆さん」
などなど。よくまあ協力するなあ、やっぱ
NHKのカンバンは強いなあ、としみじみ思う
会社の人たちが、いつもここからの二人に率いられて
もくもくと踊る姿は???である。

「私鉄の車掌、運転手の皆さん」なんか
ホームで体操するみんなのバックに、わざわざ
その鉄道の先頭車両が。車両のサイドについている
はずの会社のロゴマークが紙で隠されているのはご愛敬。

隠しても京王電鉄であることはバレバレなのだが
(京王8000系だ)
まあ、この辺もNHKならでは・・である。
大人の社会も大変だね。

今日のトピック
教育番組らしく、「物知りおじさん」と
「何にも知らないが好奇心旺盛な子供」という
王道組み合わせの「掛け合いトーク」も人形劇として
存在する。実はPONもお気入りだ。

【物知りの百科おじさん】
 :事典に手足が生えた博士:
【子供ペンギン】ホントに何にも知らない
 :ロンパリのペンギン(2匹)

大抵は、百科おじさんが何かしているとき、「ねえねえ
なにしてるの?」とロンパリペンギンが邪魔をしに来る。
おじさんはいい奴なんで、嫌な顔せず丁寧に教えはじめるが
すぐに子供ペンギンには、議題についてあれこれ
説明するよりも自分(事典)を読ませた方が早いと思いつく。
(しかも毎回)

「うーーん、ではワシ(事典)の
 587ページを読んでごらん」

(いそいそと自分の背中のページを開く・・ペンギンどもは
 とりあえず言われるままに百科おじさんの背中を
 「のぞき込むそぶり」は示すが・・すぐ)

「こどもだから・・読めませ――ん

なめとんのか(笑)
これを毎回やるのだ。
「こどもだから」何でも許されるらしい。
そんなことではメゲない、百科おじさんは
「仕方ないのう・・ではジョン!」

ジョンってのは百科おじさんの飼い犬らしく、
テレビと犬のハイブリッド種wである。
(たぶん、イヌイヌの実を食ったに違いない)
彼と自身の生い立ちこそ、小一時間ほど
説明が欲しいところではあるが、ここはスルーして
テレビ犬ジョン。頭がテレビになっているので
今回の疑問について番組スタッフが用意してくれた
ビデオが流れるので万事解決・・ってそういう仕組み。

・・百科おじさんの存在意義がないじゃないか!
もうビジュアル主流なのかもしれないけど
事典博士は、番組関係者からナチュラルに
拒絶されてることにいい加減、気づこう。

こどもだから・・読めませ――ん。

このセリフで、なんでも状況を乗り切ろうとすると
非常に嫌がられるので注意。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

李次期大統領は謝罪すべき・・?

李次期大統領は謝罪すべき、対日発言で各党が批判
1月18日17時53分配信 YONHAP NEWS

【ソウル18日聯合】李明博(イ・ミョンバク)
次期大統領が17日の外信記者会見で
「成熟した韓日関係を築くため、日本に
 謝罪や反省という言葉を使いたくない」と
述べたことに対し、各党が批判の声を上げた。
 大統合民主新党の崔宰誠(チェ・ジェソン)院内
報道官は18日の会見で、李次期大統領の発言は
国民感情とかけ離れたものだと主張し、発言の撤回と
国民への謝罪を求めた。
→謝罪好きだなw

 民主労働党の孫洛亀(ソン・ナクグ)報道官も
論評を通じ、「李次期大統領の韓日関係に関する発言は
国民情緒とかけ離れた妄言だ。実用主義は時には
必要だが、守るものは守った上で実用してこそ
意味があり、民族自尊心という重要な
価値をけなすような実用はボーダーラインを超えている」
と批判した。

 民主党の柳鍾ピル(ユ・ジョンピル)報道官は、
日本の歴史歪曲(わいきょく)など、韓日間の重要な
懸案がまだ解決されていない状態で過去を問わないと
発言しては、日本に誤ったシグナルを送る可能性が
あると指摘した。自由新党設立準備委員会のイ・ヘヨン
報道官も、民族的自尊心にかかわる歴史問題を
実用という名の下に追いやるなど、
李次期大統領の歴史認識の問題点が明らかになったと
述べている。

************************

haaaaa。
なにかしら。この脱力感。
李大統領も大変だな。この先。
事の本質をわきまえず、政争の具というか
言いがかりをつけているだけの野党。
あまりどこの国も変わらないな。
文句言うのは簡単なんだよ。

「民族的自尊心」・・それにしても使わない日本語だな。

***********************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事(怒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

「ライバル?カナダのデブ」

「ライバル?カナダのデブ」、
飛び込み界の女王の暴言に批判集まる―
北京市2008年2月25日、
華商報は中国の美人アスリート、
「女王」郭晶晶(グオ・チンチン)が傍若無人な
態度で総スカンを食っていると報じた。
(Record China)

・・まあ、ベイジンオリンピックも、そもそも
オリンピック自体、どうでもいいPONです。
この記事のキモは一点だけ↓
>「女王」郭晶晶(グオ・チンチン)

女王、美人アスリートなのに
郭晶晶」だって。ぷぷ。
プライドの高そうな女王アスリートが
知ったら、さぞいい顔はしないだろうね。
知らないって素敵だのう。
プライド高いのに。

人間、ただ知らないことで、
救われていることって結構あるんだろう。
ねえ、「中国のチソチソ」。

・・ジンジンのほうが近いのかな?読み方。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事(怒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

爆笑レッドカーペット

レッドカーペットというお笑い番組が楽しみ。
もともとは「ある×る大辞典」が
急に「なしなし」になってしまったしまったため
ピンチヒッターとして
とりあえず放送された番組。
ぽっと出の新人ならギャラも安いし
たくさん出しておけば、取り合えず時間も埋まる
だろうと、いかにも急ごしらえ番組だった。

それが思いのほか視聴率がとれたもんで
テレビ局もビックリ、レギュラー化まで行かなくても
ときどき、思い出したかのように放映される。
この番組で「柳原可南子」さんを知りました。

笑っていいとものように、舞台正面奥から
芸人が登場。ひとりの持ちネタ時間は1〜2分。
時間が来たら面白かろうが何だろうが、
レッドカーペットと呼ばれる可動式の床に乗せられ、
強制的に舞台下手へ退場。
あとは司会者とよく解らんゲストどもが
面白かったボタンを押すって仕組み。
さすがだと思うのは、今田耕司氏の的確な
フォローと「トリビア」以来のボケっぷりが
ステキな高橋克美さんであります。

先日観たのは正月特番(爆笑ヒットパレード)で、
爆笑問題が司会をしてました。

【新たなる闘魂伝説】アントキの猪木
・先日、「春一番」氏が紀行番組に出ていたけれど、
 猪木モノマネ第一人者という地位がそろそろ危ういよ。
 猪木のガススタンド店員
「現金ですか〜」って「こてこて」でスキ。
 あと車を誘導するときの「アリキック」姿勢が。
 車に轢かれちゃうよ。猪木バリの笑顔もいい。

【吠えろ!琉球漫才】キャン×キャン
・驚いた時の「マスオ」さんが好き。

【オーシャンパシフィックピース】小島よしお
・さすがに飽きた。

【お笑いワールドスタンダード】世界のナベアツ
・あれは芸だ。ホントくだらないけれど。
 「いまからカウントアップしますが
  3の倍数のときだけ「アホ」になります」
 ってやつ。(5の倍数で犬になるバージョンもあり)

【毒舌獅子舞】たむらけんじ
・自営の焼き肉屋は好調のようだけど・・

【ハチミツとクローバー改めマツーダー】
 東京ダイナマイト
・金髪のデブの方、現役?AV男優でその方面の
 会社の社長でもあるらしい。今付き合っている
 AV女優が可愛いようだとか、そんなこと
 ばっかり気になる。

【不思議な堕天使】鳥居みゆき
・すき間を埋めるのに便利だからか
「エンタの神様」でもプッシュしてるようだが・・。
よく見ると結構美人。新興宗教っぽくって怖い。

【ナイナイ騎士(ナイツ)】永井佑一郎
・バカテンポの人でしょ?本来はあればっかり
 でなく、もっと芸に幅のある人であるらしい。

【爆笑アタックチャンス】博多華丸・大吉
・この間の「リアルテトリス」は面白かった。

【偽りのお笑い貴族】髭男爵 
・バリトンの「いい声」とブランデーグラスで
 突っ込みを入れる男爵がお気に入り。

【笑いの3LDK】我が家
・三人で同シチュエーションを
 たたみ掛けるように、ボケと突っ込みが
 入れ替わるのがグウ。おもろい。

【お笑いロックンロール】・超新塾
・昔の「ジョビジョバ」にちょっと似てる。

【浮世離れなムード歌謡】ムーディ勝山
・俺、この人ダメ。笑う前に飽きちゃう。

【お笑い四次元ポケット】バカリズム
いいなあこの人の病院クイズ。

他にも・・
藤崎マーケット、FUJIWARA、フットボールアワー
ブラックマヨネーズ、柳原可奈子とか出てました。

【今夜あなたを逆指名】狩野英孝
「ラーメン、つけ麺、僕イケメン」「スタッッフゥ〜」
いちいち腹立つなあw

FUJIWARAは「原西」氏のキャラだな。やっぱ。

爆笑問題が珍しく漫才を披露。(正月版)

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

ウルトラマンメビウス(ゾフィー)

ウルトラマンメビウス関連で
ぐだぐだ書くのが続きます。

今回の作品、ウルトラマンメビウスで
明らかになったことがいろいろある。

第42話 旧友の来訪 」より。
パトロール活動として、小さな宇宙船で
かろうじて宇宙のはじっこ?まで到達した
「地球防衛軍」の隊員。そこで謎の宇宙人の
侵略円盤大軍に遭遇する。やばい。質量ともに
隊員ピンチ!その時、現れたのが
ウルトラ兄弟の長男「ゾフィー」
ゾフィーの放つ「M87光線」・・設定上は、
ウルトラ兄弟最強と言われている、で円盤群は
あっという間に全滅。

あのシーンは、怪獣の大軍が全滅するなら
ともかく、相手が円盤だったんで
殺虫剤で蚊の群れをたたき落とすように見え、
戦いというよりはゾフィーの一方的な虐殺に
思えたのが残念w
いまいち強さが感じられなかった。
ゾフィーの冷徹さは感じられたけれど。

彼は、これまで自分の名前の番組を持っていない
=地球に常駐して怪獣退治をしていないのだが、
実は人類が目撃できない影の部分から
密かに地球を守っていたのだ。

地上での花形任務、人類の目前で怪獣との乱闘は
後輩(弟)達に任せていたわけで・・敢えて
華を持たせていたのかな?

円盤を叩きのめした(全滅させた)ゾフィーは
クルっと振り返り、地球防衛軍の隊員(サコミズ)に
こう言う。

「地球人よ。君たちはようやくここまでたどり
 着いた。私は、やがて地球人が我々と肩を並べ、
 星々を駆けめぐる事になると信じている。
 それまで我々が盾となろう・・」
(意訳)

<ネタばれ>
実はその防衛隊員とは、メビウスでの防衛隊の
「サコミズ」隊長の若き姿。彼が地球を出発した時、
地球はウルトラマンが活躍していた1960年代
だったが、ウラシマ効果で彼が地球に帰還するまでに
地球では「マン」「セブン」「帰マン」「A」・・と
歴代のウルトラ戦士がどんどん変わり、
西暦2000年代に。
(すごい宇宙パトロールだが・・)
無事に地球には帰還したものの
肉体的には年を取らなかった

「サコミズ」隊長は、ウルトラ一族の真の目的と、
意気を感じ、なんとしてもウルトラマンの力に
なりたいと願うようになる・・といった
細かい設定もある。

ってなわけで、ウルトラ一族が、好んで地球人を
守るには訳があったのだ。つまり、地球人は
ウルトラマンに成り得る可能性(というよりも素材?)
が宇宙のあらゆる生物の中でも優れているかららしい。
(ただしこれは多分にPONの見解)

結局、またウルトラ兄弟最強の長兄
「ゾフィー」兄さんの人間体公表は
おあずけ・・というより永久欠番になりそう。
ファンに怒られそうだけど意外に彼(ゾフィー)は
人種差別者だったりして。
つまり、この俺様が仮の姿とは言え地球人ごときに
化けられるか!なんて陰で言っていたりしたら
猛烈に嫌だ。



そんな邪推されないためにも、ゾフィー兄さん、
是非、いつか貴兄の人間体も見せてください。
希望は、いつか事故で死にそうになっている
サコミズ元隊長への憑依です。

・・しかし、「初代ウルトラマン」のハヤタ隊員とか
他の四兄弟が地球人としてあれだけ年を重ねたのに
「ゾフィー」人間体ついに見参!とか言って
フタを開けてみたら、ジャ×ーズの誰かが
演じることになったりしたら、ウルトラ世界も
いよいよ訳わかんなくなるからなあ。
秘するがなのかもしれぬ。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

根拠のない万能感が生む自意識過剰

―ネットと、自身の狭い人間関係が育てた
 根拠のない「万能感」―

記事自体は、もうその筋のネット上では
おなじみの(小さな過去にすらなっている)内容で
各所で、この書きこんだ人間を叩いていたようですけど。
「らき☆すた」もこの声優もぜんぜん知らない自分ですが
なんか、さみしい世の中だと思いまして。

要は、ある声優がブログで間違った情報を流してしまった。
実に大したことないコトなのに、それに吠えかかるバカ出現
その声優はブログを辞めたってこと。



************************

「らき☆すた」声優ブログ無期限休止 
コメントの指摘にショック受けた?

2月19日17時55分配信 J-CASTニュース
 テレビアニメ「らき☆すた」の人気キャラ、
小早川ゆたか役で知られる声優の長谷川静香さんが、
2008年2月16日にブログを「無期限の休止」にし、
過去の日記を全て削除した。インタビュー掲載雑誌の号を
ブログで間違え、それを非難するコメントが書き込まれ、
ショックを受けようだ。

 このブログには4つのコメントがカキコまれていて、
その中の一つが少し厳しい書き方をしていた。

「特定の一人の為に購入した人にとっては、
 可哀想な事になりました。恐らく静香さんの
 ファンは、貴女と同い年かそれ以下の筈。
 金銭的には安くないはずです」

 このコメントの約5時間後に、長谷川さんは
「無期限の休止」をブログで宣言。過去の記事を
全て削除した。ただし、この記事のコメント欄は
残されていて、長谷川さんが突然ブログを休止した
背景について議論が白熱する。きっかけは、厳しい
コメントを書いた人物からの再投稿だった。

■「長谷川さんも矯正してあげてもいい」でまた混乱

「どうもお灸が効き過ぎたようです。人を叱ると
言うは本当に難しい。この責任の一端は私にも有る
でしょうし、何かしら責任を果たさないといけない
でしょう」

 そして、有名な女性声優の名前をあげ、かつて彼女の
文章上の問題を指摘し「矯正」させたことがあるとし、
長谷川さんも矯正してあげてもいいとカキコんだ。

「その代わり私は厳しいですけれど。教わりたいと
言う旨のメールを貴女から届き次第、時間を割き
課題とか考えて返信
します」

************************

まあ、そういうことです。

このコメント主が2CH用語である「釣り」投稿で
あるかもしれない可能性はこの際置いておいて、
このカキコミ主が存外本気であるとして話を進めます。

>「どうもお灸が効き過ぎたようです。人を叱ると言うは
>本当に難しい。この責任の一端は私にも有るでしょうし、
>何かしら責任を果たさないといけないでしょう」

このカキコミ主、言うまでもなく自意識過剰。
こういう人間が増えている・・というよりは、
昔から一定数は確実に存在してたけど、
こんな奇妙な人間でも、ひとの目に触れるところで
堂々とモノが言える時代なのだなあと。

ネットが普及する前だったら、こんな発想や、
口のきき方をヘンに思わない輩は、自然淘汰されて
意見を言う場も与えれなかったはずですが。
社会に向けていっぱしの口をきくには、それなりの
ことを積み重ねてきた人間が言えるもの、
その他大勢の繰り言はせいぜい酒場での愚痴として
消えていくものでした。
かく言う自分も「ネット社会」というそんな
システムを享受しているひとりではあります。

恐ろしいまでに「自意識過剰」な奴。
誰もかれも対等に扱われるってのも善し悪しだな。
かといって、発言の場(ネット)を規制するなんて
ハナシは論外だと自分は思う。
この声優さんも妙な奴に出くわしてしまったな。

フルコース食べている最中に、おトイレに駆け込み、
食事を再開することになったときのような・・
(どんな喩えなんだかwスミマセン)
まったく、砂を噛むような、味気なさ。

この声優さんも、自分が売れている声優として
圧倒的大多数である良識的ファンの好意にぬくぬくと
囲まれている時、突発的バカに遭遇して想像以上に
ショックに感じてしまったんでしょうね。
まあ、狂犬に噛まれたと思ってさ。

>「その代わり私は厳しいですけれど。教わりたいと
>言う旨のメールを貴女から届き次第、時間を
>割き課題とか考えて返信します」

たまーに、このブログにも、なるほど発言自体は
聞くべき点もあるのに奇妙に高圧的だったり、
無闇に無礼だったりで、リコメントする気にも
なれないコメントが来たりします。
喧嘩を売るのが目的か、ブログ主に意見訂正を
望むのかホント判断に苦しみますが
そんなコメントは意地で削除しません。



それにしてもこの高圧的態度、相手を組み伏せないと
気が済まないのか?
なんでだろ、ホントに。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

残りの記事
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

稟議書とギレンの野望

勤め人にはおなじみ?の書類
「稟議(りんぎ)書」。
会社にちょっと折れてもらって
「こんなことやりたんすけどぉ〜、
 やっぱダメっすかね?」
と上層部にお伺いを立てるときに提出する。

金が絡む事も多いので、提出は
結構「どきどき」モノ。社会も会社も、
自分が出さねばならない金には
シビアだからね。

で、まいどおなじみ、PONお気にのPS2ゲーム
「ギレンの野望〜ジオン公国独立戦争記」である。
これはガンダム世界の戦争をシミュレートしたゲーム。
要するに連邦軍かジオン軍のお偉いさんになって
戦争を遂行するゲーム。どちらの軍であっても
限られた予算と資源(材料とか)内で戦争
しなければならない。

実際には戦争するよりも後方事務処理というか
経営に近いことをいっぱいさせられるワケで。
(好きでやっているんだけれども)
敵の軍の行動が終了して、自分の番が回ってくる。
さて、何をしようかなと思っていると
秘書とか副官を通じ、自分の部下から
「提案」もしくは「反対意見」をしてくるのだ。
生意気にも。

提案」はまだいいですよ。
 以下は全部意訳ですが・・

「総帥、私が担当しますから、もうちょっと
 ザクつくりましょうよ」
「私は、大艦巨砲好きなんで
 もっと作りましょう!戦艦!戦艦!」
「自分の乗ってるMSの武器を
 もっと強くしてください」
「だったら俺の乗ってる飛行機の
 燃料タンクおおきくして〜」
「いや、そんな金あるなら俺の
 専用機作れって○×△・・・」

果てはアブねー意見も。
「自分に生意気なコロニーを弾圧(≒虐殺)
 させてください!」
「軍を悪く言う議員(ジャーナリスト)を
 なんとかしましょうよ!」とか。
なにするんだろ(怖)

まあ、こんなことを書いた「提案書」が
提案者の名前つきで上がってきます。
この「提案」って奴が、実社会で言えば
「稟議書」に似ているワケで、PONが
たまに「稟議書」を提出するときには、決まって
このゲームを思い出してしまうのです。

ときどき、連邦随一の暴れ者
「ヤザン少尉」あたりから提案書が
上がってくると、彼が慣れないキーボードに
指一本ウチで書類作成しているんだろうか?
なんて不思議な想像をしてしまったり。

一方の「反対意見」。
子供がよく言いがちなフレーズとして

「そんな戦争に勝ちたかったら「ガンダム」=強い
 兵器だけをたくさん作れば(量産)いいじゃん!」
がある。

そうだよ。だから俺もガンダムをたくさん作ろう!と
将軍=自分が、いそいそと政治をする
(資金と資源と人を用意する)。

するとなぜかフラウ・ボウ(女の子。アムロの
GF。まだ16歳。しかも軍人ではなく軍属。)
あたりから、この連邦軍いちエライ将軍、
この自分にむかってですよ?

「ガンダムをこれ以上作るのは反対です! 
 将軍、間違ってます!!だいたいあんたは
 また朝飯も食べずに○×△・・・」

何故に、軍の最高機密であるはずの
ガンダム増産計画が事前に漏れていて、
しかも軍末端の16歳の女の子に
怒られなければならんのか。

もちろん、強行することもできるけども
異議を無視して強行し続けると、提案者はどんどん
やる気を無くす(忠誠度が下がる)

フラウ・ボウの反対意見よりも
信頼している連邦軍No2の将軍とか、常に
アブナイことを考えている某ジャミトフさんとか、
そんなあたりまでときどき尻馬に乗って
騒ぐから困る。

正直、フラウ・ボウにやる気を無くされても
軍としては大したことない。大したことないのだが・・
ウルサイよ。フラウ・ボウ。
精神的にガックリする。
少なくとも君にだけは言われたくない感じだ。
ワシは。

それが部下からの「提案」および「反対表明」。

彼らのせっかくの意見、意思を無視し続けるとどうなるか?
表面上は一応、穏やか?にコトが進むけど
その裏では、話をまったく取り上げてくれない上層部、
つまり自分に対して不満、怨嗟が渦巻きはじめる。
忠誠度が下がるとどうなるかといえば、戦わせても
戦果が上がらなくなってくるし
あるタイミングによっては一斉に軍を離反して
反乱軍を立ち上げてしまったりする。

だから、連邦はまだしも(一応民主国家だし)
実質的独裁国家であるはずのジオンでさえ
部下を完全に無視することはできないのです。
なんたること。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

続きを読む
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

独古勇〜【どっこいさむ】

独古勇〜【どっこいさむ】と読む。
指名手配でポスターになってた人。
彼が犯した罪は到底許せるもんではないが
PONの中では結構有名人でした。
何がって?名前がですよ。
100パー。

「どっこい サム」ですからね。
イーグルサムもびっくりだ。
彼が犯罪を犯したそもそもの理由は
子供のころ、名前でいじめられたから・・
だったら嫌だな。

どっこい

未だ逃走中かと思えば、病死していたんだ。
そうですか。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

それにしても・・
タグ:独古勇
posted by PON at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

相模線

JRに相模線(茅ヶ崎〜橋本)という
路線がある。単純にいえば、神奈川県を南北に
縦断する線路だが、こいつがもう、実に使えない。
つい20年前まで、神奈川にある路線
にもかかわらず非電化線(要するにディーゼル)
だった。そして未だに「単線」である。
また、単線であるからというわけばかりでも
ないけれど「快速」とか「特急」などの
優等列車もない。橋本〜茅ケ崎間を1時間以上、
ちんたらちんたら
走っているのだ。

し、か、も・・終着駅「茅ヶ崎」のひとつ前の駅
「北茅ヶ崎」駅なんかで
いきなり「5分停車しま〜す」とか
平気で言ってくる。寒空にドア開放して。
そこまで来たら・・・行けよ!茅ケ崎に!
茅ヶ崎駅では天下の大動脈「東海道線」に
接続できるんだぞ!マッタク。

JRのやる気のなさの最たるもんである。
ぷんぷん。

PONは、相模線に対するJRのやる気のなさと
神奈川中央にでーーんと鎮座ます
「米軍」関連の施設・・
「基地」「キャンプ」「補給廠」の三点セットが
神奈川の発展をめちゃめちゃ妨げていると
思っている。

思ってはいるが、米軍基地の方は
まあとりあえず今日のところは置いておいてw
「相模線」について続ける。

相模線は、せっかく神奈川を東西に横切る大動脈
「小田急線」ともクロスしているのに
まったくと言っていいほど
やる気を見せない路線だが

相模線は、関東最後のローカル私鉄といわれる
「相模鉄道(相鉄)」が、かつて所有していた。
それを戦争中(それもう少しで敗戦が決定しそうな頃)
戦争遂行協力のために軍部に買収(強引に買い取った)
されてしまった。

ところが戦争も終わり、軍部も逃げ散ってしまったんで
「さあ、日本政府よ、相模線を返してくれ!」と
相鉄は当然の要求をしたのだが、軍は無くなったとしても
あれは正当な「取引」の結果だからってことで国は拒否。
結局、軍(国)→国鉄→JRと、相模線は相模鉄道の手に
戻らないまま、現在に至っているのだそう。

今でも、相模鉄道のOB達は
「いつになれば国(JR)はあの路線を
 返してくれるのだろうか?
 俺たちが持っていたらなあ・・
 (もっと発展させたれた)」と
OB会などで悔しがるそうである。

JRもそんなにやる気がないなら、
相鉄に返してあげればいいのに。
少なくとも相鉄が持っていたら、
複線にはなっていたと思う。



そんな話をどこかで仕入れたとき
PONの脳裏に急に浮かんできたのは
江戸時代の「毛利家」の話。

関ヶ原の戦いで西軍についてしまったがために
中国地方8ヵ国の太守だった毛利家は、
家康により2ヵ国に減らされてしまった。
いきさつはどうであれ、
西軍の大将を名乗りながら、
取りつぶしにならなかっただけ
儲けもん
じゃん、とPONなんかは
思うのだが、毛利家の連中は
そうは思わなかったらしい。

実際には毛利家も一枚岩ではなく、
関ヶ原の戦いでは身内に裏切り者がでて、
不戦(家康軍と戦わなかった)をすることで
消極的に家康に協力したため、結果、
2ヵ国が残ったともいえるのだが、
彼らは家康が騙して6ヶ国を
持って行ってしまった!と
ずーーと思い続けたらしい。それこそ幕末まで。
その不満が250年後に爆発、
倒幕運動につながったともとれる。

江戸時代の毛利家には
ある「秘密の儀式」があったらしい。

正月になると、毛利本家に親戚が挨拶に来るが
そのとき、本家のボスが分家筋の家老などに
こうささやくのだそうだ。

本家「来たか?」
分家「来たらずのようで」
本家「そうか」

間違っても江戸の将軍家(徳川幕府)の
耳に入ったらエライこっちゃになってしまうが
これは

本家「(江戸を討つ時期は)来たか?」
分家「(いまだ)来たらずのようで」
本家「そうか(無念じゃ)」

という意味らしい(多分に意訳)



長くなりましたが、相鉄OBさんは
OB会のごとに言い続けているのではあるまいか。
それが言いたかった。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

ブルドーザーとスコップ

太平洋戦争とは、結局太平洋にある島々の陣取り
合戦であり、占領された島々は主に「飛行場」に
された。

敵に占領された飛行場はなんとかして
ボコボコにしないといけない。(敵の飛行機が
飛べるようになったら爆弾持って来ちゃうからね)
味方が島を占領したら、「飛行場」を整備
(スグに使えるように)しなければならない。
穴だらけの飛行場では、命にかかわるから
突貫工事で平らにしなければならないのだ。

日本陸・海軍の兵隊さんたちは、おそらく
当時の軍隊の中でも世界一、穴掘りなど
土木作業の技量を持つ方々だったんだと思う。
おのれの肉体とスコップとツルハシで
最盛期には3日もあれば数百メートルの滑走路を
整備できたと思われる。

一方、グータラで、働くことが嫌いなはずの
毛唐アメリカ軍の「飛行場」整備スピードは
輪をかけて尋常でなかった。せっかく、日本軍が
危険を冒して軍艦を敵の島近くまで持ちこみ
海岸線から敵飛行場にむけ、ドッカンドッカン
大砲を打ち込んで穴だらけにしても、一日もすれば
飛行場が復活しているのである。
おかしい、なんでだ??

なんてことはない。
アメリカ軍は「ブルドーザー」を持っていたからである。

ある時、日本軍が捕虜にしたアメリカの工兵に、
飛行場整備をさせようと見積もりさせたことが
あったらしい(以下はかなり適当な意訳)

日「どのくらいの期間でできそうか?」
米「ハーハン。まあ1日もあれば」
日「嘘をつくな。日本軍精鋭工兵でも
  3日はかかりそうなもんだぞ」
米「うそじゃないデース。ブルがあれば」

と捕獲したブルドーザーでホントに仕上げて
しまったこともあるらしく。

太平洋戦争中、日本陸軍には一応、戦車はあったが
「ブルドーザー」がなかったのだ。
じつは戦場からは何回も
「アメ公はあんなスゲー機械使ってるよ?」という
報告があり、捕獲した実物も本国に持ち込まれたようだが
ついぞ国産化されることはなかった。
戦艦「大和」を作るのに忙しかったんだな。

その悔しい思いをした技術者だか兵隊さんだかが
戦後、立ち上げた会社がブルドーザーの老舗「コマツ」
だと聞く。コマツがんばれって何が?w



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

「ぼくらの Altanatinve 第四巻」

いやー勝手にPONで盛り上がっていました
北斗氏貸与のラノベ「ぼくらの Alt〜」で
ございますが早くも第四巻でございます。

以前にも書きましたが、エヴァンゲリオンに似ている
とか、そういう月並みな印象よりも、何よりこの作品は
名作マンガ「はぐれ雲」の作者「ジョージ秋山」先生の
奇作「ザ・ムーン」のオマージュ作品なんですってね。
コエムシ=肥虫ってことのようで。

あらすぢ
第11章:コモ・カナ(1)
・・・戦いは「アウェー戦」つまり別次元の地球で
   行われることになったが、そこはゲームが審判を
   くださずとも勝手に自滅した世界だった。
   コモ・カナとは別個のキャラであるが
   この章ではワケありでいっしょくたに扱っている。   

第12章:コモ・カナ(2)
・・・圧倒的優勢にあった敵のパイロットが突然逃走する。
   一方、米国は、日本が人形を独占して世界を征服する
   つもりであるという理由で、落ち目のアメリカを
   復活させるための戦争を仕掛ける。子供たちの
   奮闘をよそに、自滅の路線をひた走る「守るべき」世界。

第13章:マリア
・・・「人形」をめぐり対立が深まる日米国。
   そのハーフであるマリアは苦悩するが、
   日本が自衛のためとはいえ人形を戦争の
   道具にしてしまうに及び、日本人と決別する。
   日米戦争の最中に襲来した「敵」は、
   いままでとは毛色が全く違った。そして・・。   

ウシロジュンという、カイ・シデン的キャラがいるが、
今にして思えば、あの「ひねくれモン」の権化のような
カイさんですら、ウシロ氏に比べれば、他人が理解できる
範囲でのひねくれモンだったなって気がする。
牧歌的というかね。

アメリカ大統領が、実は「日本(オタク文化)びいき」
でありながら取り巻きに頭が上がらず・・というのは
面白いけれども、さすがにやり過ぎではw

大「その国の文化への評価と外交的態度は
  全く別物のはずだ・・
  ハリウッド映画の嫌いな人間がどこにいる?
  フランス以外にいたら教えてくれ―」
第11章:コモ・カナ(1)より

国防長官「黒いロボットを「ゴジラ」
     もう一方を「ギドラ」とします」
国防長官はあなたの趣味に合わせましたとばかり。

大統領「あのな、そのコードネームなんとかならんのか?
    ―昔から、軍隊は怪獣にやられるものなのだよ」
国「それは、日本の軍隊モドキがマヌケだからです。
  私の見たシリーズではステイツの空軍が
  やっつけましたが・・」
大「ふざけるな、あんなマグロを食っている奴と
  一緒にするな。おれは認めない」
第11章:コモ・カナ(1)より

第12章:コモ・カナ(2)は盛大に書くと
ネタばれのオンパレードになってしまうから
控えるけれど、オタク(PON)の心を打った
名エピソード「第5章:マコ」とリンクしているので、
またまたココロ踊る(失礼)展開になっていてよかった。
「力の一号、技の二号ってことで。
 逆になっちゃったけど」
の行は素直に楽しんだ。

また、日本国防軍(旧自衛隊)の士官で
子供たちのフォロー、大人代表の「関」一尉が
でてくるが、彼は完全にオタクである。
表にはでてこないけれども。
彼の独り言が結構スキ(←登場人物がだれも
ツッコまないのだ)
「・・・だいたい、とりあえず二号メカには
 羽根さえつけば強そうに見えるって発想は、
 いい加減安易すぎると僕は思うんだ」
第12章:コモ・カナ(2)より

そして第13章:マリア。
映画「インディペンデンスデイ」と
「超時空要塞マクロス」的展開には燃えた。
特に(この時点では)敵であった
米国空軍の戦闘サボタージュの言い訳がグゥ。
いかにもヤンキーが使いそうなとぼけた報告である。

バトルロワイヤルでは生徒諸君に無作為に
貸与された武器にかなりの差があったように
(人によりマグナムだったり「お鍋のふた」だったり)
自分の地球を守るために、誰かから貸与された
ロボット(人形)の能力にも当たり外れがあって
外れを引いた地球はかなり苦労するようだ。
それだけに様々なロボットを貸与された
世界ごとの対応が面白いし、気になるところだ。

「ぼくらの」の設定で唸ったのは、各ロボットの顔に
スリット(溝)があって、パイロットの数だけ
ザクのモノアイのように点灯しているところ。
詳しい理屈は書かないでおくけど、この点灯している
モノアイの数が少ないほど、トーナメントの激戦を
勝ち抜いてきている強敵であると一目でわかる点。

主人公メカだからある程度は仕方ないけど、
主人公たちが最初に乗った時にチュートリアル役で
あった「教師」が、まだなにも判らない子供たちに
「このロボット=「人形」は強い」とシンプルに
言い切った理由が、ここまでくると理解できる。
結局、極地戦闘に特化したメカよりも
基本性能多少秀でたバランスタイプキャラのほうが
戦いやすいってことですかね?
格闘ゲームの主人公キャラのように。

なんか、これとは違う鬼頭版の原作もあるみたい
ですね。自分が読んできた「ぼくらの Alt版」は
ガンダムで言えば、アニメに対する第8MS小隊
みたいなもんで、結局どこまで行っても本流ではない様子。
少なくともマンガ版くらいは読んでおいたほうが
いいのかもしれない。マン喫行く時間もないけれども。



小説は4巻で終わりなのかなあと思っていたら
2008年夏に5巻がでるみたい。
このまま終了でもそれはそれでアリかもと
思っていたのだが。

それと、モジ君。迷惑な存在だな。
デビルマンの「飛鳥」みたい。

いやー5巻発売が待ち遠しいのう。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

<ネタばれにちかい・・ジョーク>
posted by PON at 21:00| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 読書(SF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

ディズ二ーとジBリ

某宗教の熱烈な信者
スタジオジBリの社長になったらしい。

そういえば、近年ジBリはディズ二ーと提携して
お互いのソフトをやりっこしていたようだけど
それは、日本ディズ二ー側に、現社長がいたから
なんだとか。(週刊分旬情報)

そのへんはまあいいけど
やはり怖いな。
女子供向けコンテンツをがっちり握り、
今なお造り続ける業者の社長を、どこか宗教に
ハマっている輩が務めるんだから。

自分が何かしたからといって
殊更どうなるもんでもないが
ディズ二ーもジBリも比較的肯定派だった自分も
今後は、かのアニメ工房や
ネズミどもとの付き合い方を
考え直さないといけないかもしれない。

まっこと凡俗の輩(俺のことだが)の
勝利」は遠いの。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

マジンガーZ対暗黒大将軍

PONが子供のころ「東映まんがまつり」ってのが
ありましてアニメ、特撮モノを中心に20分〜30分
(それ以上長いと子供が飽きちゃうからw)の
番組をお子様ランチのように詰め込んで
映画館で一挙放映するって企画でした。
そのプログラムのひとつであります。

マジンガーZ対暗黒大将軍
まず映画の題名がすごいです。正義のヒーローは
いいとしても、敵が「暗黒」な「大将軍」なんですから。
実は家康のことかも。

これまで、毎回お茶の間で放映されるマジンガーZは
苦戦を重ねながらも、基本的に無敵でした。
なんでも30分以内にケリをつけてしまいますし。

ところが、この話では、これまでの敵を
数倍パワーアップさせた軍団が登場。我らが
マジンガーZをボロボロにします。これまで
相手にしてきた敵が「ギャング」から
いきなり「正規軍」になってしまった警察官のような。

ああ、我らの無敵のマジンガーZが!!
発射したロケットパンチは敵ロボットにくわえられて
「食べられてしまう」wし、ジェットスクランダー
(背中の羽根)は折れ、得意のブレストファイアーを
出す、胸の赤いアレも折れてしまっています。
超合金Zでできているはずの体はあちこちに
ヒビが入り、ボスの「ボスボロット」も
さやかさんの「女形ロボット」もとっくに瞬殺。

甲児君ピンチ!やべーぜ。こいつァ・・
どう考えたって助かりませんよ?
子供たちがハラハラドキドキ。

ついに怪ロボットがマジンガーZにとどめを刺そうとした
まさにその時。怪ロボットが突然爆発する。
誰だッ?

空を切り裂く稲妻と共に、何故か崖の上に登場、
もう一体のマジンガーZ・・でもよく見ると
ちょっと違うな・・
あれこそ、いずれマジンガーZが役に立たなくなるときを
想定し、死んだと思っていた兜甲児くんのお父さん!が
精魂こめて開発した新兵器

グレートマジンガー」だったのであります。ベンベン。



ちなみに、テレビ版ガンダムでも
ランバラル氏登場の新型MSグフは
崖の上 with 稲光でケレン味たっぷりに登場します。
この頃は流行りだったのかな?
とても軍人の登場の仕方には思えませんけど。

グレートは超合金ニューZに身を包み、
最初から背中に羽根を内蔵。しかも搭乗者は
グレートのパイロットとして、博士がどこからか孤児を
引き取り、ただ戦闘マシーンとしてだけ育てられた
「剣鉄也」氏。

圧倒的な戦闘力で、マジンガーZをいたぶっていた
軍団をせん滅、しかも自らが持つマジンガーブレード
(大きな剣)をZの手元に投げ込み、敵ボスの
とどめはZに刺させる、気配りまで見せます。

すげーぜ。グレート!だってグレートだからな。

もう少し早く現れてくれれば、甲児君も戦いようがあった
かもしれないけれど、なにせデビュー戦なもので
整備に手間取っていたのでしょう。
決して、劇的な登場タイミングを待っていた・・とは
信じたくありません。

ちなみにグレートは「科学要塞研究所」製です。
Zは「光司力(貴乃花?)」
もとい「光子力研究所」所属。
光子力をエネルギーとするZが「光子力」を
「研究」する所を所属基地にするのは
まあ順当だとしても、
「科学要塞」の「研究」とはなんなのか。
何を研究しているのか?不思議だ。
あ、「科学の研究所だけど要塞なのです」って
ことなのかも。今気がついた。



これほど見事な番組主人公交代劇ってのは
御目にかかったことがない。
Zにしてもザブングルにしてもエルガイムにしても。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

またまたスーパーロボット大戦の話
posted by PON at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

IDC O塚家具

「IDC O塚家具」
という家具屋さんがある。別にこの家具屋さんに
まったく異議を唱えることはないのだが・・
先日、この会社の面白い電車内広告を
見かけたので、ご報告まで。

<日本最大>
有明本社 30700u

<首都圏最大級>
新宿 14000u

<千葉県最大>
幕張 20700u

<首都圏最大級>
多摩 15800u

<埼玉県最大>
春日部 10700u

<神奈川県最大>
横浜みなとみらいショールーム 19,500u

<銀座日本橋地区最大>
日本橋
「日本橋高島屋向かい」

・・日本橋が苦しいな。ちょっと。
売り場面積も表示されていないし。
だいたい、銀座日本橋地区はタダでさえ
地価が高いところだから、他にライバル
らしい店もなさそうだけども。
この会社の広報担当も困ったのでは
ないだろうか?

ところで、このどうでもいい記事の
ソース元は、先に書いたとおり
「電車広告」からなんだけども。

「電車広告」といえば、なんかの雑誌記事によると
大手某コーラ会社は、あえてネット全盛社会に背き、
WEB以外の広告媒体だけで商品広告を展開する
という社会実験を敢行したらしい。
フンダンに広告予算のある同社らしいやり方だが、
結果からいえば、広告業界に行きわたっている
ネット万能主義って奴が否定された
結果だったらしい。

んで一番効果があったは電車の吊り広告。
PONのような通勤リーマンは予想以上に
電車広告から情報を得ているとのこと。

結構納得。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

10億の重み

先日、PONが住んでいるところから
ほど近い、とある地方自治体に
未来の世代の「教育」の為に使ってください・・
と民間人が「10億」円の寄付をした。
しかもキャッシュ。

マジ。キャッシュ。
理由は、単なる帳簿上の数字だと
その存在感、ありがたみが運用側(役人)に
伝わらないだろうからってことで。
寄付者側たっての願いで「キャッシュ」となった。

役人には、確かに「キャッシュ」で見せて
ビジュアルで分からせた方がいいのかもしれない。
道路特定財源とかで卓球ラケットとかグラブ購入する
キチガイな金銭感覚をもつ役人には。
まだこんなにある!」とか思ってしまって
実は逆効果だったりな。

最悪のタイミングで金利を上げた
某ノーパンしゃぶしゃぶ銀行総裁は
この3年の在職で退職金4億円だって。
経費はこういうところから削るべき。
社会保険庁の歴代長官も同様。

閑話休題。

地元の地方銀行にもキャッシュで10億ってのは
さすがに常備していなくって
(当たり前だが、我々の経済は刷られた
 お札の総額なんかはるかにオーバーしており
 単に数字で動いていることが良く解る、ちなみに
 日本の実際の経済規模に対する現金流通額は
 300分の1だとか聞いたことがあるが
 この辺はかなり記憶があいまい)

日銀から地元の支店に納金されたのが
記者会見の前日。納金は、田舎初の極秘大作戦
だったようだ。10億円は物理的に10キロだとか?
(少ないな・・もっとあったのかも)

10億が地元の銀行に入金されたときは
支店長自ら寝ずの番をしたらしい。
そして朝、厳重な警備の中、地元の市役所に
持ち込まれ、めでたく市長と寄付者と現ナマの山で
記念撮影したそうだ。

騒動の余録として、この寄付金騒ぎが全国
ニュースになった後、周辺の他の町村にも
俺も、俺も、と数千万単位の寄付申し入れが
続出したらしいが・・
人の心理ってヘンだよなあ。

寄付のご意思は大変立派なことだと思う。
思うが、正直なところ、そんな貯め込んでいるなら、
今なお生活資金に苦労している我々の世代にくれよ!と
独りごちてみる。
月並みだが、あるところにはあるんだ。金ってやつは。
10億円とはこの市の一般会計予算の10分の1だとか。
一般会計の10/1が個人の財布からでてくるって
なんだろうね。もう。

雑談中、市の老人介護施設が老朽化しているという
話題が出たら、それでは更に2億出しましょうか?との
オファーもあるらしい。まさに人間「打ち出の小づち」

その10億で「教育基金」が設立されるらしいけれど
10億円の利子だけで運用するんだそうで。
例えば10億を県債10年モノ1.7%だとしても
10年で1700万。金は金を呼ぶんです。はい。

最初は寄付者から「寄付したいんですが」という
電話が市役所にかかってきたらしく、市の方も
相当半信半疑だった様子。そりゃそうだ。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 記事(喜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

他人の空似 コレクション

最近困ったこと。
このブログを書くうえで「ネタ」帳がある。
電車の中なんかでふと思いついたネタを、
いつか記事にするために、印象的なフレーズで
メモっておくのだ。なわけで携帯のメモ帳機能
なんか総動員。
先日そのネタ帳をあさっているときに、
不思議なフレーズに出くわした。

がばらとななくりそつ

??考えることしばし。
なんだかとても余計な悩みだ。

はたと気がついた。
これは「ガバラと木の実ナナがそっくり」の意。
当時の自分はネタにしたかったらしい。

木の実ナナ」はご存知の方もいるかもしれないが
まあ、ダンサー出身の女優さん。あぶない刑事で
彼女のスケジュールの都合がつくと、港署の少年課の
ボス(浅野温子の上司役)で時々でてくる女性。

一方の「ガバラ」であるが、これは東宝怪獣映画に
出てきた、ガマガエルをモデルにした怪獣。
ゴジラの息子である「ミニラ」だけをいじめることで
(決してゴジラは敵にしない)
喜んでいた、ある意味可哀想な怪獣。

それが似ていると、言うのである。
当時の俺に言わせると。
一応、アップしておこう。

こちらが「木の実ナナ」さん。
ナナ.jpg

んでこちらが怪獣「ガバラ」。
ガバラ.jpg
@東宝

でも、木の実ナナさんに悪い気もしてきた。
どちらかといえば、これは「モンゴル王子」の天敵
あるいは相撲界のボス「内館牧子」先生の方が
もっと似てらっさるのでは??

でこれが「内館牧子」先生。
マキコ.jpg

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

続きを読む
posted by PON at 21:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

「ぼくらの altenative 第三巻」

「ぼくらの altenative 第三巻」

帯に原作者から「だんだん神がかってきましたね」
と絶賛コピーがあったけど、まさにそんな感じ。
この作者さんたち、いつもこんなコトばっかり
考えているんですかね?
これまで、アニメ・小説・ゲームといった
サブカル群を体験しまくり、感銘を受けた
シチュエーションを片っ端から
この作品に注ぎ込んでいる・・そういった感を
受けます。すげえよ。このラノベ。

でもアニメやコミック化した作品には少々がっかり
しそうな気がする
(今のところ観るつもりはないけど)
小説ならではの情報量だからね。

<あらすぢ>
第8章:コダマ
・・動物虐待を心の友とする思春期。
  兄貴との会話を通して覚醒する。
  ここまでの筋が、かなり重いだけに
  戦闘でのいっそ清々しい戦いぶりが光る。

第9章:マコ
・・オタク街道の人間が、仮に子供を持った場合の
  ある意味理想的展開。話そのものは理想でも
  何もないケド。

第10章:アンコ
・・パパは有名なTVキャスター
  真実を暴く事=正義なのか?
  お嬢様でありながら、もっとも過酷な戦いに
  直面する。
 
やられた・・と思ったのは、第8章「コダマ」。

<CAUTION〜以下、ネタばれになります>
章の終りで、浅はかなPONは「乱丁」発見!と
思ったんですけど・・。作者様どうもすみません。
第10章の「アンコ」でその真意をようやく
理解できました。
<ひとまずここまで>

「命は尊いもの、それが壮大な欺瞞であることを
 知りながらも、なお守ろうとすること。
 それこそがこの世界への、人間というちっぽけな
 存在の渾身の反逆ではないか・・」

思春期特有の命題に対し、猫をエアガンで
撃ちまくりながら探してやっと出した
答えがこれだった。

んで「第9章:マコ」は、まあいろいろあって
元(深層ではいまも)オタクの夫婦の養子として
育ったマコの物語。作者も少々全体の話の進展を
さぼって趣味に走ったようなエピソードに。

養父が見せた若き日のフォトグラフ・・
コスプレのようだった。赤くて通常の三倍の人の。

自分の娘の運命も知らず、「人形」について養父は語る。
「不謹慎かもしれないけど・・それでも、やっぱ
 こいつはデカイし、かっこいい。そう思わないか?」

「やっぱデカイのは男のロマンだよな・・
 500メートルだぞ?イデオンの5倍だぞ?
 ガンバスターの2.5倍
だぞ」

この台詞が出た時は吹き出しました。
まったく同じことを考えたからであります。
この養父は最高です。

愛娘が選ばれたパイロットであることを知った
養父は自問自答する
「―おまえが見てきたアニメの中に、選ばれた役目を
 ホイホイ人に渡せるような物語があったか?と―」

そしてバトル中、父娘は叫ぶ!
父「―へ、ん、け ―」
娘「わかった!やってみる!」

なんかもうこの辺はまんま「トップをねらえ!」

二つの口が同時に。
可変機体は!―・・」
「・・―変形の瞬間が最大の弱点!!」

(Zガンダムがしきりに脳裏に浮かびました・・)

この際、人類滅亡がどうのとか、子供が死ぬこととか
そういうの抜きにして、シチュエーションに浸りましょう。
父よ!あなたは自分の娘をなんて素敵に
育てたのでしょう。(色んな意味で)

第10章の「アンコ」は9章がはしゃぎ過ぎた
反動からか、だいぶ落ち着いた話になってます。
アンコは、人当たりのいい、話のわかる
アスカって感じか。冒頭にも書きましたが、
第8章「コダマ」とのつながりと、
彼女が戦うシーンでは
そうきたか・・と唸ってしまいました。

また、この話でようやく主人公たちが乗る
「人形」に名前が付けられます。
ビールとかパチンコ屋みたいですけど。
―Good luck・・



続くと思います。
・・全然、感想とか紹介文じゃないなあ。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書(SF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

なつかしCM ふたたび

昔のTV地上波放送映画、録画しておいたビデオの
合間合間のCMをご紹介するコーナー
第二弾であります。ちょっとボリューム少ないけど。

かん高い、おばはんの声で
「おからだ大事に さんまっさー♪」
ってフレーズを覚えていました。PONの頭は。

なつかCM.JPG
「低周波治療器?」サンマッサー
まだ、会社はあるみたいですね。

この画面に「悩みがあるから人間なんだ・・」と
テノールの声がかぶります。
昔から何のCMかさっぱり判りませんでしたが。

なつかCM (1).JPG
THE MIDSHIP TOYOTA MRU」だそうです。
初代みたいです。なんかすでにバブルを感じる。
実用性って意味では、荷物も人も乗らないしね。
好きな人にはたまらないのでしょう。

なつかCM (4).JPG
エポック社の「モンスターパニック」!
これはヒット商品でした。友人間でも所持率
高かったもの。任天堂のゲーム&ウォッチとならび
あと一品、というとこれが出てくることが多かった。

なつかCM (2).JPG
おなじエポック社の「カセットビジョン」
木こりの与作とインベーダーのできそこないゲーム
には未来を感じました。残念ながら(当然?)
ファミコンに太刀打ちできませんでした。

なつかCM (3).JPG
「13500円・・どぇーーす」
イモ金トリオの面々。
(普通の子・良い子・悪い子の順)
山口良一氏は変わらないなあ。

カセットビジョン、当時の価格は
13500円だそうです。消費税がないのはいいね。
この頃は、TVCMで堂々と金額が連呼できたんだ。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

ジョージアビンテージレーベル

企業も自社商品の差別化が大変である。
ビンテージ=【vintage】
ワインのもととなる葡萄が収穫された年代。
転じて、一定の希少な価値となる特徴を持った物品。
はてなダイヤリーより

知らなんだ。ビンテージって古い逸品だと
思っていたら、そういう意味合いの使い方は
海の向こうにはないらしい。

「ジョージアビンテージレーベル」
それはただ単に古い豆では?と
考えてしまったPONの立場が・・。

「古い豆」って食の不信がここまでw。
キリンの「一番搾り」が発売になったときも
じゃあ「二番絞り」以降はどこに行くのだ?
と笑い話にしたこともあったが
とにかく商品企画者も大変だとは思う。

派遣社員の「ビンテージ」といえば
これまで社会を確実に支えてきた、
スキル、人間力ともにいぶし銀の技術者も
多いのだが、受け入れ側がどうにも嫌がるのが
難しいところではある。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする