2008年05月01日

コレクト倶楽部 Vol.1

かなり沈静化(少なくともPONの中では)
してしまった「食玩」ブーム。
ゲーセンのUFOキャッチャー景品や
ガチャガチャなんかもこれに相当するかな。

金額は100〜500円位まで、精巧に
出来ていて塗装も良好。簡単に入手できるので、
コレクション魂をくすぐり、むやみに机の上を
飾りたくなるようなコレクション群だ。

中国の安い労働力が、毎日の仕事だから
めきめきと力をつけ、下手すると昔の
プラモデラーなんかよりも上手に塗り分け
している。昔だったら、自分たちが何を
塗っているのか知らなかっただろうけど、
今ならもう
これは「ストライク○○ガンダム後期型」
これは「ゲーム△△」の「山田××子」の
スク水仕様とか、日本人より詳しいのでは
ないだろうか?

一時期、乱立した「食玩」メーカーや
某YUJINなるガチャガチャ景品メーカーも
本当にマーケティングしているのか?
作ればいいってモンでもないだろ?
要するに、こんなの誰が買うんだ?的
商品を連発、ファミコンブームの末期のように
「食玩」「小オモチャ」市場を
無意識のうちに荒らしてしまっている。

実際、もうネタもやりつくしているようだし。
バンダイも悲鳴が聞こえるようだ。
商品開発企画部あたりとかが苦労してそう。
もうだいたいは商品化しつくしているでしょうに。
企画会議でも
「ザクの××専用は・・」
「もうやった」
「このシーンは再現されていないでしょ?」
「先日、第三開発部がリリースしたッ」
とかw

ここで提案。敢えての
「ククルスドアン専用量産ザク」
の商品化なんかどうでしょう。最近は
原作(アニメ)回帰路線が流行りのようですし、
あの頃のトチ狂った、作画乱れまくりのザクを
敢えて追う。これこそガンダマー。

kukurusu.jpg
このスマート過ぎる何かがソレ。

俺は要らないけど。

旧作リメイクではアイテム件数は
増えないわけです。新しいガンダムシリーズを
アニメでやってくれないと商品化のネタが
なくなってしまうから。
結果、「××ガンダム」が増殖するわけで。



おお、相変わらず前フリが長く
フリだけで記事が終わってしまった。
「コレクト倶楽部」の話はまた次回。
じゃっ。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。