2008年05月03日

超ウルトラ婚「昭和4兄弟」の恋実った!

超ウルトラ婚「昭和4兄弟」の恋実った!
4月23日10時21分配信 デイリースポーツ

 人気特撮ヒーロー「ウルトラセブン」の森次晃嗣
(65)とひし美ゆり子(60)が“劇中結婚”していた
ことが22日分かった。この日、都内で開かれた
映画「大決戦!超ウルトラ8兄弟」(9月13日公開)の
製作会見で発表されたが、実は私生活での結婚ではなく、
劇中でのお話。新作映画で、森次演じるモロボシ・ダンと
ひし美が演じた友里アンヌ隊員は夫婦となり、ハワイアン
レストランを営んでいる設定が明かされた。ほかのウルトラ
マンもヒロインと設定上結婚し、地球を守ったかつての
ヒーローは家庭を守る一家の主に“変身”した。

**************************

8Bros.jpg

なんだよ。一生懸命?残4名のウルトラマンが
誰になるか考察したのに
、結局、マン、セブン、ジャック、
Aじゃんか。(めちゃめちゃ想像つきましてけども)

今作ではメビウス以外、自分がウルトラマンである
ことを忘れて生活しているという設定らしい。
メビウスが地球の危機に際して、みんなを起こして
回る役割なのかも。
しかしそれにしても、各名とものんきに
「自分がウルトラマンであることを忘れて
 生活している」わけですか。

映画「スーパーマンU冒険篇」でも、ヒロインのために
わざわざ自己の超能力を捨てるシーンが描かれていた
けれども、小市民でいるためには過ぎた能力は無い方が
いい、というか持ってても不幸でしかないってこと?
日常生活ではなかなか「巨大怪獣」は出現しないモンだし
平素からデカクなったり、宇宙を飛行できる能力が
あってもあんまりウレシクないしな。

追加記事にあるけれども・・今回
「ウルトラマン」と「フジアキコ」
「帰ってきたウルトラマン」と坂田アキ、
「ウルトラマンA」と南夕子も
夫婦として登場するらしい。

「帰ってきたウルトラマン」の坂田アキって
郷の不手際かなんかで、話の途中で死んでなかったっけ?
「ウルトラマンA」と南夕子も、壊滅した
月世界の復興は成し遂げたのかな?

そういった重箱のスミをつつくような
整合性を求めるファン(含む俺)に対する
脚本家の言い訳(新解釈)が楽しみだ。
(イヤミとかじゃなくってホントに)

そうだなあ、自分が脚本家だったら・・
8人もウルトラマンに地球常駐されていたら、
とてもじゃないけど地球侵略なんかできない!
という至極まっとうな結論に達した
ある侵略宇宙人が、ウルトラの皆さん方の
記憶をなくして素敵な夢の世界で永遠に?
暮らしていただく間に、地球侵略を開始するとか
どうですか?

郷なんか、ホントの世界では「坂井アキ」は
死んでいるわけだから、「もうウルトラマン
やるの疲れたよ。放っておいてくれよ!」
なんて現実世界への帰還を拒否して
ひと悶着とか・・ね。

我ながらいいセンいってんじゃんと、自画自賛な
反面、そんな話になるとウルトラマンの神秘性、
絶対性って奴は完全に地に着いてしまう感は否めん。
もっともそういったこだわりは
「ウルトラマンメビウス」がばっさりと無くしてたけど。

なんといっても彼は、デビュー戦で怪獣をなんとか倒すが
怪獣の火炎攻撃を避け(戦いとしてはまっとうだが)、
メビウスに当たりそこなった火炎は後ろのビルを破壊。
周辺地域への被害をまるで考えず、街は大被害。
結局、地球防衛隊員にクレーム付けられ、頭を抱える始末。
更に自分がウルトラマンであることを、隠そうとも
しなかった。それがこのドラマの魅力でもあったけれども。

基本的には素性を隠す(バレたら帰郷する)
ウルトラマンである時は人間とコミュニケーションを
とらない・・などといった、我々の知るウルトラマンの
基本ポリシーは、ウルトラ一族の「掟」とかではなく、
初代ウルトラマンが、その奥ゆかしい人格から勝手に
自粛していた
ことなのかもしれぬ。

ウルトラ一族がストイックだったのは、要するに、
出家した坊さんのようなもので、地球人とは
常に一線を画し、決して恋愛→結婚に至ることは
しなかったのだと、個人的には解釈していたのだが。
そうですか・・結婚してましたか。彼らは。


「戦え!」とか命令されちゃって・・

作品が楽しみです。
「つるの剛士」が、各バラエティーでおバカ
あることが暴露されてしまったのが、
少々というか、かなりの
イメージダウン、イメージダウン♪
ダウンダウンダウン・・。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

記事の続き


posted by PON at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。