2008年05月09日

日本語であそぼう

日本語を学ぶ外国人が苦労するのはやはり
助詞」なんじゃないだろーか。
これ以上書くと、すぐにボロが出るので
そういうことにしておく。

名作「美女と野獣」
「美女「」野獣」だったら
結構嬉しい。

古典「ロミオとジュリエット」も
「ロミオ「」ジュリエット」だと
ああ、何がなんだがわかんない。

「盗んだバイクで走りだす」のは
古の青春群像であるが
「盗んだバイク「」走りだす」と
ポルターガイストである。

「助詞」に限らず話をすすめると、昔のPONは
もれなく」当たります、の「もれなく」を
「もうすぐ」+「まもなく」当たるの意味と
思っていた。(要は「もうすぐ」と同義で解釈)

抽選とは「ハズレる」からこその抽選であって
「モレなく」当たる抽選があるなんて
思ってもみなかったからである。

また、未だに使い方に迷う言い回しには
つましく」生きる
つつましく」生きる
がある。

あと、JRに「新杉田」駅があるが
「しりすぎた」と、ひびきが割と似ていると思う。
更に「ブルジョア」って言われたら、
打倒すべき人民の敵!には間違ってもならず
PON言わせれば、単に「おいしそうな乳酸菌」である。

「「みだり」に車外へ出ないでください」
電車につきもの。非常時にドアを手動で開けるための
「非常用ドアコック」の横に必ず注意事項として
記述されているが、
「「みだら」に車外へ出ないでください」
だと、嬉しい(誰が車外に出るかにもよるが!!)

ドクトリン
「トルーマンドクトリン」とか
「ブレジネフドクトリン」なんて言うように
ある政治家が行う特定の政治手法のことだが、
PONに言わせれば、とっても体に良さそうな
「ドリンク」になってします。

とりとめなく。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。