2008年07月11日

「20世紀少年」 浦沢直樹

「20世紀少年」

浦沢直樹氏といえば、「YAWARA!」とか
「マスターキートン」でおなじみ。PONも好きな
漫画家だ。その彼の作品「20世紀少年」。
最近、最終回を迎えたらしい。

以下は、廃刊した雑誌「噂の真相」の後継紙を
自認する「サイゾー」という雑誌の「WEB」記事から。
「20世紀少年」に関しては自分もうすうす感じて
いたんだけれど、やっぱ同じ考えをする人は多かった
んだなあ・・と。特に伊集院光氏の感想は秀逸。禿同。

************************

 最終回でようやく明かされた黒幕「ともだち」の
正体は、1巻の同窓会シーンで名前が出た程度のまったく
なじみのない存在だった。また、
「『ともだちは・友力・を使う』とか、どうなったの?」
「理科室の第5の人はなんだったの?」
「なんでもカンナの超能力で片付けられてしまう」など、
細かな矛盾点に対する指摘も多く、伊集院光も自身の
ラジオ番組で、「収拾つかなくなって、広げた荷物を
大八車にぶっこんで夜逃げしたみたいなラストだな!
だいたい『MONSTER』もひどかった!!」と、グチを
こぼしていたほどだ。
 そう、思えば、第3回手塚治虫文化賞マンガ大賞を
受賞した『MONSTER』(ビッグコミックオリジナル)も、
最初はスピード感があったのに、途中からは思わせ
ぶりな引き延ばしが続き、尻すぼみになっていった。

「『20世紀少年』の連載がスタートすると、連載中の
『MONSTER』がトーンダウンしました。また、『20世紀少年』
連載の途中で『PLUTO』がスタートすると、やっぱり
『20世紀少年』がトーンダウン……。これは本人が
飽きちゃったのでは、などとと言われてますけど」と、
あるマンガ編集者は言う

http://www.cyzo.com/2007/10/post_82.html

************************

もっともね、「20世紀少年」なんて、子供の他愛もない
「よげんの書」から話がスタートする「コートームケー」な
SFチック与太マンガなわけだから。
存在そのものが、子供の作り話をリアルに漫画化した
とも言えて、あそこがおかしい、この伏線は結局何だったの?
と目くじらをたてることが、やっぱおかしいんだろう。
「桃太郎が桃から生まれるなんて生物学的にまちがっとる!
 だから桃太郎はダサクだ!」と言い切るようなもんかな。
目くじらたてる人たちの気持ちも「よーく」分かるけども。

次回はどうなるんだろう、早く連載再開しないかな、
来週はいよいよ最終回だ!と読者をワクワクさせた
時点で、浦沢直樹氏の仕事の9割は終わり。彼の勝ち。
一応、完結させただけでもプロだよね。書きっぱなしの
まま消息不明になる漫画なんていくらでもあるし。
(永井豪作品とか石ノ森章太郎作品とか)

自分は、浦沢直樹氏の漫画は「YAWARA!」で
ハマり、「マスターキートン」から「パイナップル
アーミー」へと遡ってハマったクチ。当時は馬鹿学生
だったんで、マンガ信者にありがちな作品全部の
コンプリートを図り、ひとり悦に入っていたものだが。
そんな私も、あのテニス漫画「Happy!」の連載
開始した時点で、浦沢作品を買わなくなった。
なんかもう・・
おしんバリに環境は恵まれないが才能はあって
可愛いいヒロイン、お嬢様タイプのライバル兼いじめ役、
気のいいヤツだがヒロインを救う実権限は全くない
恋人候補の男・・それに加えて「スポーツ」マンガでしょ?
ああ、またこのパターンで金を絞り取るつもりだな

小学館わ!

と、いい加減辟易してしまったんです。
その辺はさすがの自分もやっと学習したなあ、と
ホッとしていたのもつかの間・・実は「MONSTER」には
結局悪癖がでてですね〜。
いや、言い訳すると「マスターキートン」の長い話だろ?
要わ!と思ったもんで。これなら期待できる・・と。
ですが、やっぱこれももういい加減勘弁してくれやと。
キャラも話も全然解んなくなってきていたし。

>本人が飽きちゃったのでは、
とあるけど読者だって飽きちゃうよ。



ってなわけで、今は「PLUTO」ですな。
さすがにこれは買ってません。
浦沢作品は連載終了後のまとめ読みINマンガ喫茶が
一番という、個人的な感想でひとつ。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

続きを読む


posted by PON at 21:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

PDF

腹立つ殿様商売だ。
最近は、改ざんされたくない、オフィシャル文書を
ネット上で流通させたいときに企業がよく使っている。
可視化経営ってことで、株主向けに経営資料なんか
みーんなPDF。

あれが腹立つのって、とにかく読み込みが遅いこと。
HTMLのページをオープンするときと、
PDFページのそれでは、あからさまに
体感スピードが違う。PONが会社や自宅で使っている
PC&回線はまあ、イマドキの最先端からすれば
なんでも旧式になってしまうけど、ごくふつーの
スペックだと思う。
(ADSL&DELL3年モノ&WinXP)

ネットをブラウジングしている最中に、たまたま
PDFページをクリックしてしまったときなど
地雷を踏んづけてしまった気分である。

PCがしばらく黙ってしまって裏でなんかやっているな
と思っていたら、勝手にバージョンアップ版を
ダウンロードしていて、展開しますか?と聞いてくる。
いらねーよ。こっちはただ「見る」だけなのに
そんなにバージョンアップなぞ不要である。
意地になって、最近はバージョンアップしてやんない。
毎回聞かれるので、毎回ウルサイけれど。

ひょっとして・・あのバージョンアップこそは
スピードアップ化がなされた最新バージョンとか?
でもいいや。要らない。PDF。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
ラベル:PDF
posted by PON at 21:00| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

SF未来史 その2

「SF未来史 その2」

右下の方に勝手にリンクさせていただいております
SF未来史」が元ネタ。

続きです。今回は2000〜2010年まで。
昔の作品からすれば西暦2008年は
かなり未来なんですなあ。

************************

−2000年−
「クローン規制法」成立(日) ・・本当

新世紀エヴァンゲリオン
・南極でセカンドインパクト発生、地軸が歪曲、
海面が20m上昇、人口半減
→これやだなあ。神奈川湘南方面全滅だもの。

サイレント・ランニング
・地球上の動植物は絶滅の危機
→当時「ソイレントグリーン」というSF映画も
 ありまして結構混乱した子供時代。

夏への扉
・ディビス、冷凍睡眠と不完全なタイムマシンで1990と往復
→「夏への扉」といえば猫を飼いたくなります。
 一時的に。今からみると結構古くさい表現多発
 (アンドロイドメイド→電気文化家政婦?だったかな)
 ですが、タイムスリップモノがお好きな方は是非。

未来戦隊タイムレンジャー
・30世紀より犯罪者集団“ロンダースファミリー”
が逃亡してくる
→これまた迷惑ですな。「犯罪者集団」ですか。
 「TPぼん」でも「オタスケマン」でもいいけど
 タイムパトロール隊はどうした?

−2001年−
・ロンダースファミリー幹部ギエンの
 暴走により、地上の2/3が消滅(「大消滅」)
→「ギエン」だの「ギレン」だの、ギがつく連中は
 ろくなことしませんなあ。ギロエン星獣。

遺伝子組替え猿誕生(米)
クローン技術の人への応用を許可する
「クローン技術解禁法」成立(英)

→本当(らしい)神の存在が社会のベースの割に恐れを
 知らないな、白人は。

機動警察パトレイバー
・官公庁の統廃合により経済産業庁設立
→統廃合っていうけど、役人の絶対数が減るって
 ことは何故かないんだな。

21エモン
・地球連邦政府(全36州)成立

超時空要塞マクロス
・地球統合政府発足・地球統合軍設立
→西暦2001年ってのは未来を感じさせるためか
 統合政府の発足が重なります。これだけ統合政府が
 乱立すると、結局、多数の国家に分かれている
 現在と変わらない??

超力戦隊オーレンジャー
・バラノイアから地球を解放
→それはお疲れ様でした。
 ・・よく見ると「バ」ラノイア?

−2002年−
激走戦隊カーレンジャー
・宇宙暴走族ボーゾック来襲
→なんか来たよ。今度は暴走族。
 宇宙警察交通課の皆さんは何してるの?

超電動ロボ鉄人28号FX
・鉄人28号FX始動
→自分は「太陽の使者バージョン」の鉄人支持派です。

鉄腕アトム
・天馬トビオ君が事故死、父親の天馬博士が
 その代わりのロボットを着工

2003 4月7日 アトム完成
→そういや5年前に新聞記事にも、今年(2002年)
 アトムが誕生する、ありました。

ヴィナス戦記
・金星に巨大隕石撃墜
→あんまり影響なさそうだけど?大変なこと?

勇者王ガオガイガー
・謎の地球外生命体EI-01の攻撃を受けた人類は、
 地球防衛組織(GGS)を結成、この際、メカライオン
 ギャレオンが地球外テクノロジーをもたらす
→済みません。まったく解りませんが・・宇宙から
 来た「メカライオン」って。「ライオン」ってのは
 汎宇宙的存在なのでしょうか??

電磁戦隊メガレンジャー
・邪電王国ネジレシア来襲
→「邪電王国」・・よこしまな電気?原子力発電??
 まさか日本のことか?

−2004年−
奇蹟の少年
・2月14日 東京大地震発生、これに乗じて大森美帆を
 殺そうとする未来人
→漫画かアニメなのかも解らん。「奇蹟の少年」
 >大森美帆を殺そうとする未来人
 全国の大森美帆さん、ご用心を。

−2005年−
MOONLIGHT MILE
・1月 人類は月で化石燃料に代わる天然資源:
 ヘリウム3を発見
→「ヘリウム3」て、吸い込むとドナルドダックみたいな
 声を出すことができる気体?これで人類の余興は
 永久に大丈夫。

トランスフォーマー ユニクロン戦争
・セイバートロン星に襲来したユニクロンとの戦闘
→結構最近の話だったんだね。「ユニクロン戦争」

勇者王ガオガイザー
・東京の埋め立て地に突如巨大な怪ロボットが出現、
 GGSが用意していた勇者ロボ達が地球を救う
→これ解んない。はあそうですか・・といったところ。

超星艦隊セイザーX
・「コスモカプセル」略奪のため地球に襲来した
 宇宙海賊を阻止するため、未来の戦士がやって来る
コスモカプセルとやらくらい、差し上げても
 よろしいのでは?

サウンド・オブ・サンダー
・人類はついにタイムトラベル技術を手に入れる
 タイムトラベルによる白亜紀への
 恐竜ハンティング・ツアーが大人気
→ハンティング・ツアーなんか行ってはいけません。
 廻りまわって我が祖を殺しているかもしれない。

−200X年−
女神転生V
・謎の現象東京受胎により、世界は悪魔が巣喰う
「ボルテクス界」へと変化
→これ解んない。はあそうですか・・といったところ2。
 所さんの「目がテン」って番組があったな。

−2007年−
SIXTH DAY
・人間の複製を禁じる「6d法」制定
→これは政治家が志を持ってホントにそうすべきだね。

ウルトラマン ティガ
・地球に突如怪獣が出現、その時現れた光の巨人は
 ”ウルトラマンティガ”と呼ばれるようになる
→去年の地球は大変だったようです。

−2008年−
未来少年コナン
・超磁力による世界大戦→大地殻変動
→コナンは嫌いだった。のび太の声だったから。
 あと野性児ジムシーとやらも。
 一の瀬のおばはんだったし。

・・ここまで来たんで、ほんの少し未来を
  見てみましょう。

−2009年−
超時空要塞マクロス
・マクロス進宙式典中にゼントラーディ軍出現
→まいったな。来年の話だよ。どうする??
 1)空自に入ってパイロットを目指す
 2)中華屋の修業をして「南アタリア島」に出店する

−2010年−
・“ミンメイ・アタック”により”第一次星間大戦”終結
→でも人類の大部分は死亡。

太陽の勇者ファイバード
宇宙皇帝を名乗る宇宙生命体ドライアスの地球侵略始まる
→なんていうか、またですか・・という感想。

A・LI・CE
・月へのツアーへ向かったシャトル墜落
→それは惨事だけども。

SIXTH DAY
・アダム=ギブソンが帰宅すると自分がいる!?
→それは困りました。

2010年宇宙の旅
・モノリスが木星表面を覆う→地球外生命体の力で 
 木星が核融合を起こし、第2の太陽と化す
→エウロパを除いて人類は自由に宇宙に進出して
 よいようです。モノリスよりお墨付きを
 受けましたよ、ええ。

新世紀エヴァンゲリオン
・MAGIシステム完成、NERV結成
→「ばあさん」は要済みのようです。
 最低だなゲンドウw。

D. N. A.
・南太平洋上の孤島で、遺伝子学者モロー博士が
 人間と動物の配合手術
→70年代のSF映画「ドクターモローの島」の方が
 おどろおどろしくって(チャチくって)好きです。

以上、我々人類の今の無事を喜んでください。
もっと未来年表を見たい方は↓
http://www2s.biglobe.ne.jp/~IKKI/ScienceFiction/SFhistry.HTM

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
ラベル:SF未来史
posted by PON at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

SF未来史 その1

「SF未来史 その1」

右下の方に勝手にリンクさせていただいておりますけれども
SF未来史」が元ネタです。

実現したら、ホンキで迷惑99%、ちょっと嬉しい1%の
人類のイマジネーションの産物。
ある意味20世紀少年の「よげんの書」であります。
(一応書いておきますと、各種サブカル作品で起きる
 フィクション未来の出来事を羅列した「遊び」です)

1999年って奴は、PONのような世代にとりまして
ホントに思い入れある?年です。理由は言わずもがなですが。
結構ジブンも、ああ俺の人生は27歳で終了するのかあ。
28歳まで生きられるのかな?と軽く心配したものです。
ノストラさんが1999年7の月としか語ってくれなかった
ようなので、1999年7月27日が誕生日である自分には
誕生日まで地球が持つのかどうか、割と問題でしたw
結果はご存じのとおり、ちびがるた氏まで誕生して
本日に到ります。

************************

−1999年−
・ノストラダムス「諸世紀」 7の月 恐怖の大王が降下、
人類は壊滅的な打撃を受け、生き延びた人々も混乱、
暴徒発生。この後軍事独裁体制が敷かれる。

21エモン
・7月 ダイオー星人キョウフが訪問して以来、
地球は外宇宙より注目を浴びる
→相変わらず、藤子・F・不二雄先生は「ひとをおちょくる」
 のが得意ですねえ。「ダイオー星人」のキョウフさん。
 その発想が凄すぎ。けど先生にはもっと長生きして
 欲しかった。そうすれば、あのスターウォーズの続きも
 楽しまれたことでしょうに。

超時空要塞マクロス
・異星の巨大宇宙船:マクロスが南アタリア島に降下
→マクロス世界で生きていきたいかというとかなり微妙。
 自分、おそらく飛行機パイロットの適性もないし。

超力戦隊オーレンジャー
・マシン帝国パラノイア、地球侵略
→全然知らんけれど、「マシン帝国パラノイア」なんて
 言葉が浮かんでしまう企画者の頭こそが「パラノイア」
 なんてマジコメントでお茶を濁す。

新1000年女王
・遊星ラーメタル接近、関東平野浮上
→新1000年女王って「新」と「旧」があったのか?
 この話も結構??なんだよねえ。だってある作品で
 想い入れあるヒロインの未来が「悪女」で確定
 しているんですから。「雪野弥生」=メーテルの母親
 「女王プロメシューム」ってのはどーかと。

蒼き流星SPTレイズナー
・グラドス制圧下の地球に、エイジ再出現
火星年代記
・人類は火星に到達→人類が持ち込んだ水疱瘡で火星人絶滅
→それ以前に、人類はまだ火星にも行ってません。残念。
 小ブッシュがぶちまけた計画はあるようですが。

闘将ダイモス
・バーム星人の地球移住計画発動
→いろんな宇宙人がいるなぁ。
 たまには、地球人類が征服者なアニメも
 良いかも。南米征服のスペイン人みたいな。

機動戦士ガンダム
・各国が主権を放棄して、地球連邦設立
→なんか、ここら辺の話がからんでいるんでしょ?
 機動戦士ガンダムユニコーンって。

2001年宇宙の旅
・アメリカ月面探検隊、モノリスを採掘
→そういえば、月にも行かなくなってだいぶ経つ。
 そのうちK国かC国あたりが「独星」とか称して
 自国領土宣言したらどうしよう。

六神合体ゴッドマーズ
・ギシン星人、人類の宇宙進出阻止のため、地球侵略
→名前がよろしくないですな。「疑心」星人。

特捜機兵ドルバック
・宇宙流民イデリア星人の地球侵略、苦戦する地球連邦軍
→宇宙「流民」に圧倒される「地球連邦軍」ってのもなあ。
 もともと、一族皆で恒星間移動を実現できるテクノロジーを
 相手が持っている時点で、戦争の趨勢は明らかなのですが。

超音戦士ボーグマン
・東京に4つの隕石が落下し、首都は壊滅
→「遊星爆弾」ですかね(古)

・・こっから先は「19XX」年ですが、まあ大体皆さんも
  お分かりの通り、ほぼ1999年を指していると
  解釈していただいて無問題です。

−19XX−
勇者ライディーン
・大魔妖帝バラオ復活
→「大魔妖帝」かあ。強そうだけど「自称」?

猿の惑星
・米宇宙船が名もない辺境の惑星に墜落
→納谷吾郎氏(銭形警部)の声で
 「うををぅ〜 ついにやっちまったんだ!
  おおばかヤロウ〜!!」

メテオ
・アポロ小惑星群に彗星激突、その破片が地球に降り注ぐ
→これも当時のTVCMをみてすげー興奮したんだが・・。
 尻すぼみ映画でした。ソ連の核ミサイルの名前は
 「ピョートル大帝」

−199X−
超獣機神ダンクーガ
・ゾルバドス帝国の侵略
→「うををぅ〜! やあっってやるぜぇ〜!!」

北斗の拳
・地球は、核の炎に包まれる
→「No boy No cry 進まなきゃ
  勢いを増した、向かい風の中を〜」

長いので、二つにわけます。
次回は2000年〜2010年まで。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
ラベル:SF未来史
posted by PON at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

「理由」宮部みゆき

「理由 宮部みゆき」

ひとつのミステリーじみた殺人現場(小説では
これを爆心地と呼ぶ)の周りに、ある家族は濃厚に、
ある家族はほんのちょっとだけ関わってくる。
表面上はごくフツーのニッポンの「家族」。
その複数の「家族」を通して、ときには昭和初期まで
さかのぼりながら、「家族」ってなに?
「血のつながり」って?ついでに「日本人」って何?を
眺めてゆく作品。

あらすぢ
東京都荒川区の超高層マンションで起きた凄惨な
殺人事件。殺されたのは「誰」で「誰」が殺人者だった
のか。そもそも事件はなぜ起こったのか。事件の前には
何があり、後には何が残ったのか。ノンフィクションの
手法を使って心の闇を抉る宮部みゆきの最高傑作がついに
文庫化。

読んでいて爽快なヒーローは出てこない。
(極悪なヤツいるケド)

次が読みたくなる「面白さ」のテンションを維持しつつ
謎を読み解かせてゆく作者の圧倒的な「筆力」に
感心することしきり。

宮部みゆき作品では、以前に「火車」を読んだけれど
この小説と基本的な構成は似ている。

まずガツーーンとしょっぱなに、???な事件を持ってくる。
その事件の根底には、実は何かしらの「社会問題」が潜み、
読み進むにつれ、たまたま事件の関係者になったにすぎない
今も日本のどこかで実在していそうな一般市民が
「ぽつりぽつり」とインタビュー形式の証言を繰り出し
それはやがて事件の核心へと収斂してゆく。
事情を小出しにして、読者を焦らせつつもダラケることなく
読ませる文章力と構成力はさすが。

小説においてあんまり構成に凝ると、読者(少なくとも自分は)
読む気がしなくなってしまう。頻繁な場面転換、語る時間軸が
前後したり、語る人間が変わったりと、やりすぎると話の把握
が苦痛になってきて、正直うんざりするものだけど、
宮部さんのすごいところは、話の切り出し方がうまく
また、変に真相の出し惜しみをしたり、分かりにくい
言い回しなどをしないので、すんなりと頭に入ってくる
ところだ。

ここからネタばれするけれど、
「火車」は、あの頃問題になり始めた「キャッシング・
クレジット問題」が根底にあり、この小説「理由」は
バブル経済と土地にまつわる暗黒話、「競売と居座り屋」
の話である。

火車にしても理由にしても今より10年ほど前の
日本社会なので、内容が多少古くなってきているのは
仕方ないけれども、文庫の厚さ(3cmはあるかな)を
モノともしない面白さはすごい。
角川スニーカー文庫だったら、おそらく
これ1冊を3巻以上に分割して販売するだろうね。

なにか読むものはないかなあ・・と活字中毒の方には
お勧め。もっともそういった方は既に宮部作品を
読破されていると思うけれども。
良作。



「舅が嫁に手を出したというような大時代的なことで
 一人の女性の人生が歪められたなんて実感わきません
 けれど・・だって時代は続いているんだもの。
 どこかで一回まっさらになったわけではないもの・・
 女がそういうふうに苦しまねばならなかった時代は
 確かにあったんです・・薄皮一枚はいだ下には
 まだまだ昔の生活感が残っているですよこの国は。」
(意訳)

「核家族なんていうけれど、私たちの周りに
 純粋な核家族なんて一軒もありません。
 みんな、親を捨てたり面倒見たり、子供に捨てられる
 悪夢におびえたりと、家族の恐怖におびえているんです。
 そういったいじましい話は山ほどありますよ・・」(意訳)

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

ネタばれありのフレーズ
ラベル:理由 宮部みゆき
posted by PON at 21:00| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書(ミステリ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

この手があったかw

2008/06/04-16:24

偽札こっそり、妻の財布に
=飲み代欲しさにすり替える
−通貨偽造容疑で夫逮捕

 妻の財布にあった1万円札を偽造1万円札に
すり替え、これを使わせたとして、警視庁捜査
2課と青梅署は4日、通貨偽造、同行使容疑で、
東京都青梅市東青梅、トラック運転手藤原正広
容疑者(47)を逮捕した。同容疑者は容疑を認め
「飲み代が欲しかった。20枚ぐらい作成した」
と供述している。

 調べによると、藤原容疑者は昨年6月ごろ、
自宅でカラーコピー機を使い、1万円札10枚を
偽造。昨年7月から11月の間、
事情を知らない妻(54)に2枚を使わせた疑い。
 同容疑者は妻が財布に入れていた生活費から
本物の1万円札を抜き取り、発覚を逃れるために
偽1万円札とすり替えていた。
 透かしがなく、粗雑な造りだったが、妻は偽札と
気付かないまま、台東区内のファストフード店や
同市内の歯科医院で使用したという。

************************

このオヤジはサラ金方面にはとっくに出入り禁止に
なった上での犯行なのか知らんけれど、奥さんも
大変だ。事情を知らない妻は7つ年上らしいから、
頭が上がんなかったのかもしれない。
デジタル技術が、大衆に普及したからこその
悲喜劇だねえ。カラーコピーがそんなに簡単に
行えなかった時代だったら、こんなこと思いつか
なかったろうに。

>妻の財布にあった1万円札を
>偽造1万円札にすり替え
まったく「とほほ」でございますが

>透かしがなく、粗雑な造りだったが、妻は偽札と
>気付かないまま・・
本当に気がつかなったのかなあw



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

「とほほ」その2
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

お尻の穴がスモールでございますこと

”SMAP定食”に事務所&フジTVが困惑4月11日

10時47分配信 デイリースポーツ

 8日から大阪府庁の食堂に“SMAP定食”が
登場したことで、SMAPの所属事務所とフジテレビが
困惑していることが10日、分かった。
 フジテレビ系「SMAP×SMAP」の
「ビストロスマップ」に出演した橋下徹大阪府知事が、
木村拓哉の作った料理を気に入ったのがきっかけ。
府庁の定食にはSMAPの名前も番組名も冠されて
おらず、レシピも渡していないため全くの別物。
だが、同局は「アイデアをお持ちいただくことは
了承しましたが、同じ味を食べられるとの誤解を
与えかねない」とコメント。ジャニーズ事務所関係者も
「詳細を全く聞いていなかった」と話している。

************************

ジャニーズも、しかも単なる「関係者」も
>「詳細を全く聞いていなかった」
聞いていなかっただけで、別に怒っているわけでも
ないようーだ。コトを大事にしないでほっとけよ。
スポーツ紙も。
「テレビ局&ジャニ帝VS大阪知事」という構図の
喧嘩を煽ろうとしたようだけども、完全に失敗
だったようで。

テレビ局だって勝手にジャ二ーズ事務所を
恐れているだけでしょ?
大阪府でジャ二ーズ定食とか意味不明なものを
販売し始めたら怒ってもいいだろうけどさ。
いいじゃん放っとけば。そんなのから大阪府の
食堂の売り上げが伸びて、少しでも財政改善に
貢献できるのであればいいじゃんよ。
それにしても情けないな。

フジテレビ

ジャニ帝国がホント怖いんだね。

スポーツ紙の記者にしても、自分達が社会になんら
寄与していない仕事しているんだ・・と充分
理解しながらも日々、こういったゴミ記事を
書いているんだろう。プロだな。プロ。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

記事の続き
posted by PON at 21:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

ガチャガチャ

当時、PONが所属していた某小学校では
「ゲーム」および「ゲーム」の置いてある
ようなワイザツな場所は、誠にもって
子供の教育によろしくない。
けしからん。
まして親の金で「TVゲーム」なんか
やってはイカン。
イカーン。
見つけた場合は、即刻止めさせ、後日
職員室での吊るしあげ!という
ルールがありました。

ここでいうゲームってやつは、当然、ゲーセンや
駄菓子屋前に置いてあった「テレビゲーム」のこと。
ゲーセンにはときどき見回りの先生が来るので
避けるにしても、更に厄介だったのは、当時の子供達の
サロンであり憩いの場であった「駄菓子屋」でありました。

旧東欧や、ドイツ征服時のフランス、戦争中の
日本みたく、どこに秘密警察(=クラスの女子)の目が
光っているか知れたものではなかったからで。
たまたま通りかかる・・らしい学級委員の
女子なんかが学校側に通報(チクる)するんだ。
まったくもって

けしからん奴らだ!

憐れおいらたちは結構、職員室でやら
街頭でやら説教をくらいました。

TVゲームはいいよ。もう仕方ない。
しかし「ガチャガチャ

※カプセルに入った駄オモチャ販売機。
 お金をセットすると一回だけレバーを
 「ガチャガチャ」と回すことができ、
 おもちゃ入りカプセルが一個出てくる。
 当時の売価は20円。100円という
 高価な「ガチャガチャ」も存在した。
 今ではすっかり大人のモノとなり
 一回の売価は200円。500円なんて
 金額と内容がアダルティーな奴も実在する。

まで悪者にされ、駄菓子屋の出入り禁止という
風潮になってしまってはたまらん!というわけで、
我らバカ男子どもは
「あれは自動販売機だからいいんだ!」と
珍しく「それらしい」根拠をよりどころに
女子どもに強弁しておりましたが・・

ついに学校側から、
「ガチャガチャ」は意とした景品が出てくるとは
 限らない=射幸性が強い=自動販売機にあらず
という統一見解がでてしまいました。

駄菓子屋で「ガチャガチャ」をしただけで
翌日、職員室に呼び出される事態に。
まったく、毎度毎度誰が通報するんだか。

ゲームはできない、ガチャガチャ禁止。
駄菓子屋での楽しみの8割は奪われたようなもの。
駄菓子屋で、ガチャガチャもできないとは!
なんたるファッショ。
なんたる圧政。
いいのかこれで。
アイ ウォンツ フリー!!
立て、万国の労働者諸君。

こういう時に通報(密告する)側に立つ子供は
その「楽しみ」を覚えてしまい、次に日本社会が
暗黒時代に突入することになりでもしたら
絶対に敵になるに違いない。そう確信している。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

ソボクな疑問

本日7/3は「インパール作戦」終了記念日。

めちゃめちゃ素朴な疑問を書きたいと思います。

軍隊の話。
不要な人は、すみません。ココから退出してください。

「大本営」「牟田口」「参謀本部」という、バカの
3乗が華麗に歴史デビューをした「インパール作戦」。
第二次世界大戦中、日本軍が東南アジアで行った作戦で
ボロ負けした作戦のことです。

「おいおい、俺ら強いジャンよ〜。
 マジ、ビルマ占領してインド(当時は英国領)まで
 行っちまったら、ごめん、マジごめん!」と

牟田口(むたぐち)中将、率いる第15軍が、ビルマ奥地を
西へ西へと攻め入ることにした作戦。
軍は地図の上では順調に攻め入ることができると
判断したけど、実際は、山あり谷あり、深い河もあり。
しかも携帯食糧も数えるほど。んで「牛」が同行だって。
牟田口しれーかんは得意げに「ジンギスカン作戦」と
名付けたんだとか。
荷物は牛の背中に乗せて、兵の負担は軽く。
お腹がすいたら牛一頭屠って、牛肉鍋パーティー!と
ホンキで考えたそうです。コイツわ。

雨期だったんで、ロクに調べもせず渡った河は
増水中。んで作戦開始早々、8割方の牛は溺死。
牛歩戦術って国会で言われるくらい、実際に
牛の歩みは遅く、移動の速さが最も問われる
軍事行動に合うわけがない。

満州事変以降の旧日本軍の行動はこんなのばっか。

そうそう、それでギモン。
補給が無くて負けたっていうけれども、輸送機に「米」
とか「弾薬」とかを、困っている地域へ空中投下するって
ことは出来なかったのだろうか?

・日本の制空権が確保できていなかった?
・日本軍の輸送機の足が短くって作戦地域まで
 届かなかった?
・輸送機の数が圧倒的に少なかった?
・当時の輸送機が運べる物資の量なんか高が知れていた?
・そもそも用意できる食糧や弾丸そのものが
 手元に無かった?

所詮、何やっても焼け石に水だったのか?

一方、ビルマを防衛する側のイギリス軍はグライダー
で防衛師団のゆく先々にに物資をばらまき
、ビルマ
防衛隊の行動はスムースに行われたそうだ。

→ここまで書いて調べてみたところ、やっぱ
 英軍に制空権を完全に奪われていたらしい。
 加藤隼戦闘隊の加藤隊長も戦死しているような状況。
 戦闘機などによる物資落下程度(高が知れている)
 は行われることもあったらしいけど。

ジンギスカン=牟田口なんかが中将やれるんだから。
何やっても負けるわな。
心情的には純粋に悔しいけれども、負けて
よかったんだと思う。もし、あんな調子でも
世界に勝っていたら、その後の日本は、
世界というかこの世を嘗めきって、今以上に
ロクでもない社会が待っていたように思う。
という自己完結。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

「お金の原則」邱 永漢  

「邱 永漢  お金の原則」

光文社 「知恵の森文庫」収蔵

お金に関することを丁寧につらつらと。
エッセー集とでもいえばいいのかな。
お金を儲けることのできた人間には
なんでも言える権利があります。

書いてることはなるほど、もっともだと
思いますね。資産家の爺さんから訓示を
受けているようなそんな内容。
「金持ち父さん貧乏父さん」とほぼ一緒。

・金持ちになるには金を使わないこと。
・袋に例えると、入口を広く出口を狭くせよ。
・生活費の借金は絶対しない。
・小銭を馬鹿にしない。
・自分のメインバンクを選ぶには銀行の
 大きさではなく、いずれお世話になりそうな
 銀行をセレクトすべし。
・貯蓄も借金もこつこつ処理すること、
 それが「信用」となり次につながる
・いつも節約ではなくたまには贅沢をせよ
・お金はさみしがり屋なのであるところに寄ってくる
・100万円貯蓄できたら500万円は近い。
・貯金だけではなくて株に手を出せ
(但しその時点の部相応の金額で)

こんなところですかね。

こんなこと特に目新しくもなく、皆さんも
当然分かっていますよね?というレベルの記述。
けれどこの当たり前のことをまとめ、「邱永漢」
ブランドを貼りつけると、買う人必ず買いますし、
またまた邱さんのところにはお金が舞い込む仕組みです。
金が金を呼ぶのはこんなところからもうかがえる。



PONが書いても誰も買わないでしょうな。
こつこつと、信用が第一。
言うだけなら簡単ですが、
人間、なかなか直視、実行できません。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書(他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

鬼龍院花子の生涯

「鬼龍院花子の生涯」

先日まで放送していたNHK連続ドラマ
「ちりとてちん」のおかげで、我が家の
(特に嫁の)流行は「若狭言葉」だったが、
ここへきて土佐弁になりそうである。

先日、嫁がTSUTAYAでレンタルしてきた
作品がコレ、直木賞作家、宮尾登美子原作、
五社英雄監督作品
「鬼龍院花子の生涯」である。

現在、ミソジストおよびミソジーナには
当時テレビCMでさんざん流れた・・今は亡き
三蔵法師夏目雅子さんが喪服をまといながら・・
なめたら・・なめたらいかんぜよっ!!」と
タンカを切るシーンでおなじみだった映画だ。

もっとも、当時の子供にとって例え「おなじみ」で
あったとしても、お父さん「キリューイン花子」
見に行こう!なんて、子供が口走ることなどありえず、
結局、いつものヤクザ映画+お色気でしょ?ってことで
スルー、見る機会もないまま大人になったってのが
普通であるまいか。PONもそうであった。

あらすぢ
大正から昭和にかけての二つの時代に生きた
土佐の侠客・鬼龍院政五郎とその周辺の女たちの
ドラマチックな生き方を描く。原作は高知出身の
直木賞作家・宮尾登美子の同名小説。

まずお断りしておかねばならない。
自分も嫁も「鬼龍院花子の生涯」というからには
「なめたらいかんぜよッ」の夏目雅子さんが
当然、主人公の「鬼龍院花子」だと思っていたら
コリはびっくり。違ってた。
題名に出ている人物を「主人公」と指すならば
この映画の主人公「花子」は別のヒトが演じてた。

夏目雅子さんの演じたのは「松恵(まつえ)」
なる女性で、彼女は、子供になかなか恵まれない
「鬼の松五郎親分(演じるは仲代達矢)」の養子として
子沢山の貧乏家庭のなかからもらわれた男の子の
おまけとして、ついでにGETされてきたに過ぎない。
彼女は鬼龍院一家の栄枯盛衰を、ずっと見続ける
役回りだった。

いろいろあったけど晩年、一人になってしまった
「親分」に結局、最後まで残っていたのは、血のつながり
こそない娘、「松恵」だけだった。

それにしても、邦画常連役者連の壮絶な演技合戦は
見ものだ。また、それを見事に受け止めつつも、
存在感では一歩も引くことのない夏目雅子さん。
いやはや。話の内容よりも各役者の
負けるもんか姿勢が前面に出ていて、
そっちの方がまさに鉄火場でありました。
目だけで演技というのは本当に可能なんですねぇ。

正直なところ、東映と大映とヤクザ映画が
1970〜1980年代にかけて、邦画を
腐らせたと本気で思っていたのだが、
(悪気はないけれど、80年代邦画の大作ってーと
「緒方拳」か「仲代達矢」んでヒロインはいっつも
「吉永小百合」、舞台は吉原だったり雪国だったり
 正直、こころ動かされない・・但し「高倉健」さんは
 別格であります)
そろそろ、洋画のこってり感に飽き気味である
自分には、和食テイストでこういうのもありだなぁと
素直に楽しめる境地に達したようだ。 

三蔵法師夏目さんの生ムネを拝むことができたのは
今回の最大のラッキーポイントだが、仲代達矢さんの
手が胸もみまくりで、見えねえっての・・と
ついつぶやいたら、嫁に鼻で笑われてしまった。

仲代さんの眼が凄い。
出入りのシーンの血の涙を流す般若の目とかぶる。
人間一生二万日、どうせ死にに来た世よ・・
と、ゴッコをしては嫁と笑っております。

彼は純粋で真っ直ぐだからこそ強い・・鬼政のことを
そう評しているところがあったけど、PONの脳裏に
まっ先に浮かんだのは
あの、「人より3倍速いまっかな人」でした。
見る分には楽しいが、そばにいたら迷惑だ。
うん、ジャイアン。


裸体を前面に出さないと、観てくれないと
制作側は思ってたんだろうな。当時から。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

続きを読む
posted by PON at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(カ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。