2008年09月16日

初の女性大将誕生

<米軍>初の女性大将誕生へ…
ダンウッディ陸軍中将

6月25日18時17分配信 毎日新聞

 【ワシントン及川正也】ブッシュ米大統領は23日、
女性のアン・ダンウッディ陸軍中将を大将に昇進させ、
陸軍資材軍司令官に指名したと発表した。上院の承認を
得れば米史上初の女性大将となる。ゲーツ国防長官は
「歴史的な出来事であり、誇りに思う」との声明を
発表した。
 ダンウッディ中将は1975年に入隊。91年の
湾岸戦争の際、第82空挺(くうてい)師団の隊員
としてサウジアラビアに駐留した。現在副司令官を
務める資材軍は陸軍のすべての物資の備蓄を担当
している。

 米軍の女性兵士は約19万4000人で全体の
約14%。女性将官は57人で、このうち中将は
ダンウッディ氏含め5人しかいない。

****************************

女性だからどうだとか、男性だから
どうだってことも無いんでしょうけど。
バカな決断は性別関係なく起こすものですし。
いや、この米軍初の女性大将が、バカだとか
そういうことが言いたいわけではありません。

女性が権力の一端を握るようになれば、
昔のような軍人が威張りまくるような
どうしようもない時代に戻るようなことは
なさそうだ・・とか。
いつか起こりうるかも知れない軍の暴走に対して
ある程度のストッパーになるかも?といった
淡い期待が市民の側に少しでもあるとしたら、
それは大いなる間違いです、と
それが書きたかっただけ。

PONにとっては女性高級軍人と言えば
スターシップトルーパーズの女性指揮官
マルー大将(だったっけ?)が良い。
人類VS虫たちの同じマヌケな戦いを
展開するにしても、前任者のじじい司令官
(スカイマーシャル司令官)よりは
まだ、まともな戦い方をしたし。

敵地上陸、白兵戦の前に、まずその敵地を
猛烈に爆撃をするという、当たり前のセオリーを
敢行しただけなのだが
彼女が名将に見えてしまうから不思議。

よく言われるのが、あの世界で、人類がアラクニド
(虫達)の生息星域に、わざわざケンカしに行く理屈が
全然判んない。虫達の支配惑星に、人類が絶対に必要な
物資が眠っているとかいうならまだ分からなくもないけど。

映画だけ見ていると、虫達は、地球からみて銀河中心部
を越えた正反対の星々に棲んでいるらしい。
プラズマバグというでっかい虫が、
巨大なプラズマ「おなら」を大気圏外に打ち上げ、
それが衛星軌道上の隕石群にあたり、弾かれるように
隕石が隕石爆弾としてなぜか地球めがけて襲ってくる
銀河規模のビリヤード・・猛烈にスゴイ、
凄すぎる侵略方法(地球に命中させるのは天文学的確率)

実際に虫が地球に降下してきたわけでは
無いでしょうに。原作ではアメーバみたいなアラクニド種が
地球に侵略降下するのだが。
ここは映画だけの話として原作は無視しましょう。

「こりゃあまずい。連中とは共存できない」と
人類側が思う理由がみあたらないんだな。
隕石なんて迎撃すりゃあいいのだから。
「トップをねらえ」とか「でたまか」のように
宇宙空間でもお構いなしに、巨大昆虫が進撃して
くるなら話は違うけども。
敵の本星に、核もしくは惑星破壊ミサイルを
投入ってことでいいじゃんねぇ。

ってなわけで、ダンウッディ大将。
おめでとうございます。

ウッディ.jpg
こちらは別のウッディさん(右)

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 記事(喜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。