2008年12月10日

オーチス社ボタンから放射性物質

「オーチス社ボタンから放射性物質」

<仏エレベーター>オーチス社ボタンから
放射性物質、被ばく


10月23日11時16分配信 毎日新聞

 【パリ福井聡】フランス原子力安全機関(ASN)は、
エレベーター製造大手オーチス社の子会社が仏国内で
エレベーター補修に使用した昇降ボタンから、
放射性物質のコバルト60が検出され、
ボタンを取り扱った作業員30人が被ばくしたと発表した。
オーチス社は22日、8月から10月にかけ補修した
エレベーター約2500機のうち、500〜600機の
ボタンを取り換えると明らかにした。

 ASNによると、30人のうち20人は
1〜3ミリシーベルトの放射線を浴びていた。
ASNは事故を8段階の国際基準のうち
「法定年間被ばく量を超える従業員被ばく」に
当たるレベル2と認定。
原子力業界以外でレベル2の事故が起きるのはまれという。

 オーチス社によると、ボタンはインドにある
下請け6社から仏国内の系列会社の工場に
納入されたもので、製造過程で使用された金属が
放射性物質を含んだリサイクル品だったとみられる。

 オーチス社のボタンとは別に、スウェーデン当局は
22日までに、「インドから輸入された工業部品から
コバルト60が検出され、一部はスウェーデン
国内4カ所の工場に運ばれていた」と発表。
仏政府と共にインド側と連絡を取っている。

 ◇日本オーチス社「至急確認したい」

 日本オーチス社カスタマーセンター広報室は
「米国のオーチス社から連絡を受けておらず、
 事実関係を把握していない。インドから
 ボタンスイッチを納入しているかも分からない。
 至急確認したい」と話した。

************************

>ASNによると、30人のうち20人は
>1〜3ミリシーベルトの放射線を浴びていた。
>ASNは事故を8段階の国際基準のうち
>「法定年間被ばく量を超える従業員被ばく」に
>当たるレベル2と認定。

これって結構な被曝だよね。
近くでは、中国がらみの食の安全もそうだけど
面倒くさいこと、安く済ませたいところを
他人(他国)に任せているとロクなことにならない
ってことですねえ。

確か台湾でも昔、放射能にまみれたマンション
(コワ・・)がなぜか完成してしまい、調べてみると
使用されていた鉄鋼がリサイクル品で、どこかの
原子力発電所でかつて使用されていたモノであった
ためらしい。
そん時はガイガーカウンターが振り切れたとか聞くケドも。

それと間抜けなのは「被曝」が「被ばく」表記であること。
ばくさんのかばん」って教育TVがあったな。
ばーくばくばくばくばくばくばくぅ〜

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。