2008年12月18日

トップをねらえ! Vol.1

・・以前もここの記事のどこかで
取り上げたアニメですが。

知っている人には言わずもがな
知らない人間には
その面白さ(あからさまなあざとさ?)
楽しみ方を教えるのが非常に難しい
1988年、ガイナックス製。
OVA(オリジナルヴィデオアニメ)

ま、一般的に見れば
「なーーに?オタクのアニメ?
 しかも昔の??」

ですからね。

なんでも「オネアミスの翼」の
興行的不振を穴埋めするために

ほぼ、なりふりかまわず
「当時当たりそうな要素を
 すべてぶち込んで」作った作品
なのだそうな。

確かに、
「SF」「美少女」「メカ」「戦争」「戦艦」
ですからね。
さすがに誰もが躊躇していた要素を
恥ずかし気もなく、すべて取り込んで
作った「オタク」王道を
時速250キロくらいで
突っ走ってみた・・。
そんな作品。

そういうこと書くから
知らない人間はこの作品に
見向きもしないんだよなぁ(ため息)

<あらすぢ>
人類が宇宙に進出するようになった時代、
地球は宇宙生物群(通称、宇宙怪獣)による
激しい攻撃を受けていた。
その脅威に打ち勝つため、地球は
マシーン兵器の後継機である
バスターマシン「ガンバスター」を製造。
その搭乗員に選ばれたノリコの双肩に
人類の運命という重みがかかる。

そんなバカな(笑)・・・
そうつぶやきながら、
酒を飲みつつ、独りで観賞する。
そんな楽しみ方でヨイのだと思います。
このアニメは。

この「カッコ笑い」=(笑)の
精神が大事なのですな。

だってお馬鹿だもんよ。
全編に流れる「コンセプト」が。
「むちゃくちゃだがカッコいい」
ってヤツ。

・たとえば・・宇宙戦士訓練学校があるのはいい。
 宇宙怪獣と戦うための「ロボット」
 (マシーン兵器!という)があるのもいいだろう。
 けど、なんで放課後の部活動に
 ロボットで「腕立て伏せ」!する必要があるのか??
 絶対に生徒の体力向上にはならんし
 そんなことしても、乗っているロボットの
 関節部分が傷み、整備部が困るだけ。
 生徒の戦闘力向上には
 ちっとも貢献しない
とおもうよ(笑)
 しかも名前が「マシーン兵器」だ。
 このダサカッコよさときたら!

そのあたりに気が付くことが出来れば
このアニメに対しマトモに
怒るのは野暮というもん。
ただひたすら楽しめばいいのである!
ということに気が付くはず。

題名の
「トップをねらえ!」は
お察しの通り
「トップ・ガン」(1986年)
「エースをねらえ!」(1973年)
を融合して
「トップをねらえ!」(1988年)
なのです。

サザンの「勝手にシンドバッド」に近い。
言ったモン勝ち。

コ「タカヤ!トップをねらえ!
タ「ハイッ、コーチ

ですからね〜。
まあいいや。
続くよっ。(そのうち)



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。