2008年12月25日

コレジャナイロボ 推参

クリスマスの朝は
サンタさんの無知、勘違いからくる悲劇が待っています。
コレジャナイ〜!!

マスライです。

************************

コレジャナイロボ 推参

コレジャナイロボといえば
ザ・アニメージ」とか
メガロ・ザマック」とか
大御所
ガンガル」なんてのが
ありますが。

最近の親は、PONも含め下手すると
自分の子供よりも番組内容やおもちゃに
詳しかったり(爆笑)するんで
あまり、そういった悲劇は無くなりつつあります。
また、著作権意識が浸透してきたことからも
正規ルートでいわゆる「パチモン」品は
入手しにくくなっているご時勢なんで。

こういうニッチ業界の更に隙間を、あえてとぼけて
狙うことで、食いつないできた台東区あたりの
小玩具メーカーやら製作所も、誠に生きにくい
世の中になってしまいました。

そんな世の中だからこそ、正面から正規の
「パチモン」を商品化した会社があります。

************************

コレジャナイロボ
<あらすぢ>
Introduction[ストーリーの背景]

西暦200×年、世界は物に溢れていた。
次々と発売される新製品や映画、テレビ番組、
マンガ、人々は情報を受け止めるだけで
精一杯だった。プレゼントに自分のお目当ての
商品を親が解らずに類似品を買って来てしまう
事故が世界中で多発。
クリスマスの時期をピークに
「コレジャナーイ!!!」という
子供たちの悲痛の叫びが
世界中に響き渡っていた。

そんな中、日本のエネルギー研究の権威、
是茂博士は子供達の
「これじゃない」という気持ちの
反発時に生じるエネルギーに着目。
研究を続けた結果
「コレジャナイエネルギー」の運用に成功した。
それは次世代のエネルギーとして学会の、
そして世界の注目を浴びた。

ある日、是茂エネルギー研究所が何者かに襲われ、
開発中のロボット用動力機関
「コレジャナイエンジン」が盗まれてしまった。
原子力機関をも凌ぐと言うコレジャナイエンジンの
悪用は世界をも滅ぼすと言われていたが、
このエンジンを手にしたのはこともあろうか
世界統一国家論を唱えるテロリスト集団「MAZI」の
総統、ナクゾ・マジ氏であった。
直後、ナクゾ・マジ氏は「コレジャナイエンジン」を
搭載したロボット兵器の開発が約一ヶ月半で
完了することを世界中継で発表、
たちまち世界中を恐怖のどん底に落とし入れた。

「コレジャナイエンジン」を盗まれてしまった
是茂博士。実は盗まれたエンジンの他に最新型の
エンジンを隠し持っていた!
最新型エンジンはまだまだ実験段階で、
盗まれた旧型エンジンのパワーを遥かに凌ぐ
潜在力はあるものの、通常のパイロットには
とても扱いきれる代物ではなかった為、
その機体と共に開発を一時中断していたのである。
しかしナクゾ・マジ総統の侵略はすぐそこまで来ている。
博士はこの一刻を争う事態を考慮し、
最新型エンジンでの自衛型ロボットの完成を急いだ。

そして・・・

Copyright (C) 2006 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

************************

まあ、まじめに捉えることもなくてね。
笑って終わり。
確かにコレ、ゲーセンのUFOキャッチャー景品にて
見かけたことはあります。



そういえば、ガンダム界のパチモン王「ガンガル」で
その裏設定をくみ上げてしまった
好事家がおりまして、その人をくったおちょくり設定は
一見の価値があり。↓
ツァアと主人公アムルの圧倒的な才能の差も笑える。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

続きを読む


posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。