2009年08月16日

大艦巨砲主義

「大艦巨砲主義」

PONが歴史モノ(第二次世界大戦)に
興味を持ったのは「宇宙戦艦ヤマト」から。

近所のお姉さん(今では当然のことながら
立派なオバサンとなっておりますが)に
連れられて、当時公開してました
「宇宙戦艦ヤマト」および「さらば宇宙戦艦ヤマト」
の豪華二本立てを
観に行ってしまってからであります。

大人となった今となっては、そらまあ
色んなところがアラだらけで、
Nプロデューサーも、その後すっかり
人生を狂わされてしまって・・と、この後書こうと
思えばいくらでも書けてしまいますが、
当時はそんな事まったく知るヨシも無い子供。
ヤマトのカンドーと衝撃ときたら
まあ凄いものでした。
一緒に行ったおねーさんも泣いていたしね。
隣の見知らぬおにーさん達も。

最後、ヤマトはテレサに導かれるように
白色彗星帝国超巨大戦艦へ単艦特攻。
遠くでキラッと一瞬だけ光る中
沢田研二の「いまはさらばと言わせないでくれ・・」の
名曲が流れ、広大な宇宙空間に唐突に「テロップ」
が現れます。

びっくりしました。だってこれまで映画が
物語を離れて観客に直接語りかけてくる
(メッセージを伝えてくる)ことなんて
ありませんでしたから。

たしかそのテロップには・・
「ファンの皆さん、いままでヤマトを愛してくれて
 ありがとう」とか
「もうヤマトは永遠に還ってきません」とか
「愛を大切に生きていきましょう」とか
なんかそんなことがずらずらと記され
(正確な文面はビデオなりを
 見直せばよいのだけど)
それが更にお涙を誘っていた気がします。

PON子供はそのときがヤマト初見だったのに
(それまで知らんかった)
いままで愛してくれてありがとうとか
ファンの皆さん、といきなり呼びかけられ
「いままで」も何もないのだけども・・

「もうヤマトは永遠に還ってきません」なんて
製作者(多分Nプロデューサー)も
当時、感極まって書いちゃったんだろうな。
あんな余計な事書かなければ、もう少し
スマートにシリーズ化できたのに。

閑話休題

ざっと申せば、
宇宙戦艦ヤマト→帝国海軍戦艦大和
→太平洋戦争→第一次・第二次世界大戦
→近代史→政治史→光栄ゲームで大補強

ってな流れですわな。
子供のころのスリ込みって怖いです。
最強の艦といえば今でもヤマトですので
(46サンチ砲3連装砲塔*3)
おかげで、砲塔が二連装の艦なんて
ハナから論外。戦艦として認めません。
気持ち的には今でも。

だから長門も陸奥も金剛も日向もビスマルクも
大人になってシルエットとかはカッコいいと
思うようにはなってきたけれども、
彼女らの二連装砲塔を見た瞬間、
ああ、弱そうと感じてしまう自分が居るのです。

中には海軍の祖であるロイヤルネービーが開発した
キングジョージ5世(だったかなあ・・)の様に
4連装砲塔ってのもあるようだけど・・
アレは逆に「ゴテゴテ」しすぎて嫌い。

そんなPONですからね、今の海上自衛艦とか
見ちゃうとね・・
OTTメララとか76ミリ単装砲とか云々
一抹の寂しさを感じてしまうのです。
ああ大砲よ、そこまで落ちぶれてしまったのか!と。
(対艦ミサイル、ハープーンとかの攻撃力と
 命中力があれば大和の様な大砲、もう要らない
 ことくらい、理屈では判るんですけど〜)

せめて艦橋の左右舷に3機づつくらい
CIWS(近接戦闘用バルカンファランクスシステム)
並べたってバチは当たらんだろうに・・と
自衛艦を見ると思ったりする。

CIWSごとき前後に一機ずつ鎮座まして終了、みたいな。

あれ、設置、維持費とも高いのかな。
それとも現代戦でそこまでミサイルに接近されたら
何しても終わりだよってこと?

・・えーと何が言いたかったんだっけ。
おお、興が乗ってきたのでもう少しだけ続けます。

***********************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
ラベル:大艦巨砲主義
posted by PON at 21:00| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする