2009年10月31日

ワケあり商品

「ワケあり商品」

最近の経済悪化が家計を直撃しはじめ
ネットで流行っているらしいのが、お題の
ワケあり商品

名前の通り、ワケあり。当然の事ながら
製造途中、さまざまな要因からイレギュラー
は発生するわけで、形が悪い、色が悪い
規定よりも量が少ないとか、普段ならば
QCの面から廃棄処分となるはずの製品を
「ワケあり」と称し、それを充分理解した人
だけに通常価格よりお安く提供・・というヤツ。

この商法が大繁盛。おかげで、一部では、
わざわざワケあり商品を作り出して販売する
といった本末転倒も行われている様子。

まあ、実用に耐え(美味しく食べられて)
お安いのであればいいんじゃないの?

PONが触れた初めての「ワケあり」といえば
京都に修学旅行に行ったとき。
自分、実は「八つ橋(固いやつのみ)」が大好き
でありまして、たまに親戚のおばちゃんあたりが
買ってくる土産程度では、その量の少なさに
常に不満を抱いておりました。それが、中学の
修学旅行時にふと土産物屋の軒先をのぞきますと
いろんなところが欠けた八つ橋が、ビニール
いっぱいに詰め込まれて、たしか500円も
しなかった気がする。

大喜びで購入した厨房PON。おかげで旅行中、
飽きるほど八つ橋を食べることが出来ました。

次に出会ったのは、プー太郎1年生の時。
ヒマだったので長崎に行ったPON。
実は当方、「カラスミ」も大好きでして
名物だから今晩あたり宿で食べたいけど
一枚で3000円とかするしなあ・・と
ひやかしでカラスミ屋をのぞいてみますと・・

ありました。店頭に無造作に積んである
カラスミのパック。小さいものは800円
くらいから大きくても1500円。正規品の
半分ですよ。奥さん!
なるほど贈答用としては、片すみが黒ずんで
たり、形がいびつだったりと、いろいろ
あるんでしょうが、自食用や身内に贈るには
アレで充分でした。

そんな具合で、ご当地ならではの楽しみ方がある
ことを知った、ヤングPONでありましたが・・。
ワケあり商品に人気が殺到の昨今、
品薄、値段上昇とかいったら、なんだソレ?だし。
その方面に少々心配。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

さすがに・・


posted by PON at 21:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。