2010年10月20日

「アトムの最期」 手塚治虫

「アトムの最期」 手塚治虫

鉄腕アトムの番外編。
当時、小学校の図書室に存在していいマンガと
いえば「手塚治虫」関係か「はだしのゲン」
くらいなものだった。

あかね書房の「少年少女世界SF文学全集」を
ひととおり読み終わったしまったPONは
ガッコウに存在する「マンガ」という変り種に
手を出してみた。
「はだしのゲン」は別の意味で衝撃を受けたが
それはココではひとまず退けておく。

んで、「手塚治虫」全集。
とはいっても氏の作品「人間昆虫記」であるとか
「ばるぼら」「奇子」であるとか、いろんな意味で
アヤウイ、アヤウ過ぎるマンガは収録されておらず、
氏が食うために描きまくった子供向けマンガが
中心のマイルドな全集だったと思う。

1971年生まれのPONにとって、手塚治虫作品
よりも藤子不二雄先生作品のほうが「なじみ」深く
アトムにしたって、昔白黒でやってた作品でしょ?位の
認識しかなかった。

あらすぢ
ロボットが娯楽のために人間を育てる世界。
普通の家庭で育ったつもりが両親とも
ロボットだと知った主人公は
幼なじみのガールフレンドと共に逃走。
博物館に保管されてた伝説のロボット
アトムを人類の味方とするため復活させるが
背後に逃走した人間を捕獲する
保健所ロボット軍が迫っていた・・

************************

ネタバレです・・。

背後の空に、ロボット軍が迫る。
数にしてアトム1に対し敵軍100以上。
逃げ切れないと悟ったアトムは主人公に聞く。

ア「あの娘に対するキミの思いは変わらない?」
主「ああ」
ア「ほんとうに?」
主「もちろんさ!」
ア「わかった。だったら僕、行ってくる」

なんかそんな会話が続いて。
その実、主人公が一生守る存在として
連れ出してきた「幼なじみの女の子」すら
ロボットであることが判明する。

なお「こび」を売るようにすり寄る女の子を
手のひらを返すように突き放す主人公。
彼のアイデンティティが一気に崩壊する。

主「・・・!!!!!」
ア「なんだ、知っているものだと思ってた。
  一目見てわかったよ。僕もロボットだからね」
アトムも非常にドライ。

別に主人公に同情したからとか
正義の激情に駆られてとかでは全然なく・・
おのれの思考回路に「ただ人類の要求に従うべし」
というのが焼きついていたからなのでしょう。

アトムは空のかなたに展開する敵軍を見上げ
戦闘態勢に入るや、ジェットで単身突撃してゆく。

DBやワンピースあたりならば、バトルだけで
数話消費しそうなところだけれど
ロボット軍の中で小爆発がおきたような描写で
漫画はいきなり終了。
一応、アトムの生死は不明。

あの頃の漫画では、また長期連載モノにはつきものだが
大風呂敷を拡げた挙句の「やっぱあの話は無し!」
パラレルワールドというのも便利な言葉だ。

この話も正真正銘「手塚」氏が描いたものではあるが
正式なアトム最終話とは認定されていないらしい。

手塚漫画といえば夢と「ヒューマニズム」に溢れてる
と思いがちであるが、いやいや全然。
あの先生の内面はチカラいっぱいブラック
だったんだと思う。

手塚治虫漫画全集第251巻
手塚治虫恐怖短編集4「科学の暴虐編」


************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

手塚作品の代表作といえば「鉄腕アトム」
posted by PON at 21:00| 神奈川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする