2010年12月19日

信長とラーメン

「信長とラーメン」

自分もラーメン党であることを
エクスキューズしつつ、敢えて書くのだが
ラーメンってつまるところ
いかに安い(後は捨てるしかないような)
材料をつかって、ショッパくて脂っこい
モノをつくることができるか、
工夫しまくる業務なんだと思う。

労働者階級(というか肉体派階級)ほど
塩っけを欲しがるもの。
ラーメン激戦区って言えば
やっぱ工場近くが多いし。

信長が近畿(京都)を占領してだいぶ偉くなった頃
日の本一(≒京都一)の料理人といわれた男を
召しだして料理を作らせたことがあるらしい。

信長は、ひとくち口にするや
まずい、と断言。その料理人をクビ
(文字通りの死刑)にしようとした。

そこでその料理人は
「もう一度だけ作らせてください。
 それが不味かったら、死刑になろうと
 どうぞお好きにしてください」
と答えたので、信長はもう一度だけチャンス
を与えた。今度は信長の満足する
料理が出てきたので、事なきを得たそう。

後に弟子が聞いたところ、その料理人が言うには
二度目の料理は全般に塩をキツくした。
あれこそは田舎料理。信長も喜ぶのハズよ苦笑。

京都の料理はうす味。
結局は貴族(肉体労働をしない人たち)向けの料理。
戦国大名なんて肉体派の最たるモンだから
塩辛いくらいでちょうどよかったのだろう。
PONの好きな話。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


ラベル:信長 ラーメン
posted by PON at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。