2013年03月11日

松永英明の 絵文録ことのは

もう二年か、まだ二年か・・。

黙祷。

************************

「松永英明の 絵文録ことのは」

もう振り回されない!「虚構新聞」らに学ぶ
”デマ”との付き合い方

の記事にに紹介があった。

「松永英明の 絵文録ことのは」というブログ。

震災時(3/11)に飛び交ったデマを
丁寧に分類、整理している。


情報を大事にする、ってこういうことなんだな。

私の知り合いにも、
震災直後に出回った例のおためごかしデマメール
「千葉のコ○モ石油コンビナートが爆発
 雨に放射能などの有害物質が含まれる可能性があるので、
 雨には当分の間は当たらない方がいいらしいです。 
 コ×モ石油に勤めている人から
 なるべくお友達に伝えるようにとのこと」
を転送してきたオッチョコチョイがいました。

メールの内容が本当かウソかなど、
あの時点では、一般市民には確認しようがありませんし
また、原発が爆発した以上、雨や風向きに注意しなければ
ならないのは自明であって、ことさらメールで
流すようなものではありません。

話の内容や正確さなどは、この際どうでもいいのです。
問題なのは、ニュースソース不明の話を
ハナから信じ込み、よく咀嚼することもなく
垂れ流す姿勢です。
大正時代の関東大震災での「自警団」の連中に直結する
思考プロセスなのです。
全然変わっていないなあ。日本人。

個人の思いつきですが、小学校の「科目」に
「道徳」なんかよりも
「メディアリテラシー」と「ディベート能力」
あと「金銭感覚」を教えて欲しいな。

日本人を「無思考の労働者候補」として養成することが、
役人の究極目標だとするなら、100年たっても
そんな科目を取り入れることはないでしょうな。
自国民は馬鹿(政治に無関心)で居てくれることこそ
為政者や役人の理想とするところでしょうから。


↑おすすめ

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 14:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。