2013年05月13日

ステキな金縛り

「ステキな金縛り」

物語のスタートはちょっとタルくて
しかも映画の題名も「ステキな金縛り」と
あまり食指が動かないコトバ。

ところが、やっぱこの人
日本が誇る最後のコメディアン
西田敏行さん演じる落武者「更科六兵衛」さん。
彼が出てくるあたりから
俄然面白くなってきました。
アドリブ利かせまくりだったんだろうな。

あらすぢ
妻殺しの容疑で逮捕された矢部五郎の弁護を
担当する宝生エミは、将来性ゼロの三流弁護士。
勝てる見込みのない裁判に矢部は
「旅館で金縛りにあった」とアリバイを証言し
無罪を主張する。矢部が泊まった旅館に赴いた
エミは、矢部に金縛りをかけたという
落ち武者・更科六兵衛を法廷につれて、
矢部の無罪を証言してもらうことに。しかし、
対する検事・小佐野徹はオカルトを真っ向から
否定して、六兵衛の証言は法的に無効であると
主張する。更には殺された鈴子の愛人、
日野勉が陰陽師を雇って六兵衛を除霊しようと
していた。

************************

てなふうに、西田敏行氏を持ち上げてみたけれども
これはアレだな・・。
一般的には「西田敏行」と「深津絵里」の
映画のように宣伝されるが(実際そうなのだけど)
実は阿部ちゃんの映画だと思う。

三谷幸喜が自身で話していたが
「落武者が裁判に出廷する」シーンだけを
夢で見たことがあり、妙に気に入ってしまった。
そこから話を無理やり膨らませていったものらしい。
なもんだから、もともと無理がある設定。

例えコメディーといえど、幽霊に「裁判」を絡めるには
主人公側には理解者と、
裁判を続ける上で、話のわかる「裁判長」および
「検察官」がいなければならない。

「話」の無理な「ゆがみ」を全部吸収してくれる
役回りだったのが「阿部」ちゃんであり
裁判長であり、三木プルーンだった。
阿部ちゃんなぞ最後は責任とって
いきなり死んでしまうし。

阿部ちゃん演じる弁護士事務所のボス。
とぼけすぎである。

絵里「ボス〜どうしましょう」
阿部「2時間か・・まだだいぶあるな。
    よし、俺が時間を稼ぐ」
ええ??そんな時間稼ぎ方法があったのですかw

いわゆる「三谷」ファミリーというか
三谷映画の常連さんが、かしこに端役で出演。
なにもそんな役で出なくっても、
と思わずにはいられない。

オンキリキリバサラ・・
高名な陰陽師「安倍清明」の親友から数えて
数十代目のえせ陰陽師、安倍つくつく。
演じるは市村正親。とっても楽しそう。
んで楽しそうに死神に吹き飛ばされる。

私、あーゆーの嫌いなんです・・
カッコよかったなあ。
白づくめの死神役「小日向文世」さん。
六兵衛さんも恐れていたけれど
「ほら小指でた、でたよ小指〜」
(↑こういう言い回しは西田チックで好物だ)

普段、柔らかいニコニコ顔であるからこそ
本気を出したときの死神は
そらもータダでは済まない能力を持つ。
なのに、物わかり良すぎなキャラがここにも。

私と貴女は敵味方ではありません。
 真実を追求する意味では同志といえます

中井貴一がこれまた気持ちよさそうに
「検察官」を演じている。

「裁判は勝ち負けではありませんからね」
なぜ彼は最後にあんな繰り返したんだろう?

「阿部ちゃん」「裁判官」「検察官」「死神」
誰かひとりでも、ガチな原理主義者だったら
そもそも話が成り立たたないところでした。

佐藤浩市。今回も勘違い俳優役。
調べていないが、別の三谷映画
「ザ・マジックアワー」に出てきた
俳優と同じ設定だったら面白いのに。
彼が出ると、なんか画面が息ぐるしく感じるのだ。
たとえ喜劇を演じていても。

主人公?のひとり。
北条家家臣、侍大将(現・落武者)
更科六兵衛さん役、西田敏行氏。
六兵衛さん、全然落ち着きないw。
常に画面のどこかで動き回っているよ。

最後、父上が登場するところは
さすがに無理矢理お涙頂戴に感じましたが。
三谷映画(コメディー)として素直に楽しみました。

キャスト
宝生エミ〔弁護士〕 - 深津絵里
更科六兵衛
〔証人、落武者の幽霊、後北条氏家臣〕 - 西田敏行
速水悠〔弁護士〕 - 阿部寛
小佐野徹〔検事〕 - 中井貴一
菅仁〔裁判長〕 - 小林隆
矢部五郎〔被告人。鈴子の夫〕 - KAN
矢部鈴子
〔美術品バイヤー、風子の妹〕- 竹内結子
日野風子
〔化粧品会社・社長、鈴子の姉〕 - 竹内結子(一人二役)
日野勉〔風子の夫、鈴子の愛人〕 - 山本耕史
木戸健一
〔歴史学者、更科六兵衛の子孫〕 - 浅野忠信
阿倍つくつく
〔陰陽師、安倍晴明の友人の子孫〕 - 市村正親
宝生輝夫〔エミの亡き父〕 - 草g剛
工藤万亀夫
〔エミの恋人、役者〕 - 木下隆行 (TKO)
段田譲治
〔向こうの世界から来た男、管理局公安〕
- 小日向文世
日村たまる〔法廷画家〕 - 山本亘
旅館「しかばね荘」の女将・猪瀬絹 - 戸田恵子
旅館「しかばね荘」の主人・猪瀬潤 - 浅野和之
占部薫〔タクシー運転手〕 - 生瀬勝久
伊勢谷〔トラック運転手〕 - 梶原善
野島〔スモーク係〕 - 阿南健治
心霊研究家 - 近藤芳正
村田大樹〔まだ売れていない役者〕 - 佐藤浩市
前田くま〔ウェイトレス〕 - 深田恭子
悲鳴の女〔コールガール〕 - 篠原涼子
ドクター - 唐沢寿明
ラブ - ナナ(声:山寺宏一)
漆原森太郎〔傍聴マニア〕 - 相島一之
ナース - 西原亜希
弁護士〔勝訴を持つ男〕 - 大泉洋
裁判官(左側) - 中村靖日
被告人(老人) - 榎木兵衛

ステキな金縛り
Once in a Blue Moon
監督 三谷幸喜
脚本 三谷幸喜
音楽 荻野清子
撮影 山本英夫
編集 上野聡一
製作会社 フジテレビ/東宝
配給 東宝
公開 2011年10月29日
上映時間 142分
製作国 日本
言語 日本語

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。