2015年01月15日

ドラゴン桜(ドラマ版)

「ドラゴン桜(ドラマ版)」

「バカとブスほど東大へ行け!」

「世の中のルールは頭のいいやつに
 都合のいいように作られており
 勉強をしないやつはそれに騙されつづける」

漫画「ドラゴン桜」のTVドラマ化作品。
主人公の阿部ちゃんは全然変わらないが
よく見ればちょうど10年前の作品(2005年作品)

あらすぢ
元暴走族の駆け出し弁護士・桜木建二
(さくらぎ けんじ)は、経営破綻状態となった
落ちこぼれ高校、私立龍山高等学校の清算を
請け負うこととなる。自分の名前を高めるため
ただ清算するのではなく進学実績、それも
東大の合格者数を上げ、破綻を回避し
経営状態を良くしようと考える。
1年後に東大合格者5人を出すことを掲げる。
そのための第一歩として特進クラスを開設するが・・

************************
すげーキャスティングである。

主人公、やさぐれ弁護士「桜井」演ずる
阿部ちゃんのカッコよさは順当だとして
その阿部ちゃんを補佐する女教師役で
長谷川京子」が出てる。
このころ最盛期。たしかに可愛いが、
このドラマを見てる当初
「不倫は文化とかほざいた
 どこぞのオヤジの愛人さんだろ?」と
奥さんに言ったら、呆れられてしまう。
(それは長谷川理恵)

主人公山ピーの幼馴染役に「長澤まさみ
彼女の可愛さも順当。
これで10年前だってんだから。
たとえ信仰のよりどころがどこだって
とりあえず許しちゃうレベル。

新垣結衣」山ピーの正式な彼女役。
自分にとっては「リーガル・ハイ」で
堺雅人の相方が初認識なんだけど
もうこの頃からオーラ出してる。
ヤンキーという設定なんで
ヤンキーメイクなのだが、
ヤンキーメイクであってもたしかにかわいい。
各キャラの恋愛模様は不要に思う。

二卵性双生児の兄だが、家庭内では
弟と違って全然期待されていない男に
中尾明慶」。彼もNHKのドラマ
「つるかめ助産院〜南の島から〜」あたりで
仲里依紗と共に意識した人だけど
もうこんな前から活躍していたんだな。へえ。

山ピーのバンド仲間役に「小池徹平」。
軽くてチャラいキャラを装っているが
その実、家庭内では相当ダークな人。
小池徹平って左利きだったんだな。
一回気になると結構見てしまう、左利き。

サエコ」アイドルになるには今一歩の
カリスマの女の子。自分にはプラスアルファが
足りないと「東大生アイドル」を目指すため
頑張る。自分には全く興味がないキャラ。
妻に教えてもらったけど
ダルビッシュの元妻だそうで。
ああ、そういやそうだな。

他に、アンチ桜井派の教頭「斉藤洋介」さん。
別にこの人が悪いわけではないんだけど
このヒトがドラマに出てくると
彼特有のモッタリとした話し方とも相まって
非常に嫌な雰囲気を想起せずにはいられない。

そして東大合格請負人の特別講師たち。
・数学のヒゲ講師、柳鉄之介
(演:品川徹。またこの竹刀が必要になるとは・・)

・古文・漢文担当、芥山龍三郎
(演:寺田農。涼やかな国語教師がステキ。
 その正体はメトロン星人)

・ダンシング英語担当、川口
(演:金田昭夫、金田さんといえば
 懐かし深夜番組”そっとテロリスト”だよなあ)

・理科担当、阿院修太郎
(演:小林すすむ。小林すすむさんって、
 元ヒップアップの。
 しかも2012年に亡くなってた)

皆さん、いちいち言う事がカッコいい。
最初はゲテモノ講師のようだが
物語の回を重ねるごとに、非常に頼もしい
講師たちに見えてくる。



試験問題を見れば
 東大がどんな人間が欲しいのかわかる


東大の試験問題(解答用紙だったか?)の
余白には検算など”落書き”禁止なんだそう。
もし”落書き”有りのまま提出すると
どんなに出来が良くても0点になってしまう。
表紙にも確かに小さい文字でそう書いてある。
「そんなのどうでもいいじゃん」と
反発する生徒たちに・・
「ある分野で大事を為す人間ほど
 実はそういった決まり事に忠実なんです。
 むしろそのようなキホンの守れない、
 注意書きに気がつかない人間を
 東大は求めていない・・」

それぞれの結果が出た春。桜井は
世の人間がなぜ過剰なまでに東大とその卒業生を
恐れるのか
、を生徒たちに説く。
「それはな・・日本中の大半の連中が
 チャレンジもせずに
 東大のことを超えられない壁だと
 決めつけているからだ・・

 だからお前ら どんなことにも
 ”できない”という先入観を持つな!


「世の中に越えられない壁なんてねえんだ」

「それと最後にもう一つだけ言っとく。
 人生には正解がいくつもある
 東大に行かないのも正解だ」



ぐは、桜井先生。
自分ももう一旗立ててみますかw
遅まきながら。

ドラゴン桜
放送時間:金曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間:2005年7月8日 - 9月16日(11回)
制作局:TBS
原作:三田紀房
脚本:秦建日子

出演者:
阿部寛
長谷川京子
山下智久
長澤まさみ
中尾明慶
小池徹平
新垣結衣
サエコ
野際陽子

オープニング
melody.「realize」

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

続きを読む


posted by PON at 21:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。