2015年01月27日

フランダースの犬(アニメ)

フランダースの犬

先日、親子のひょんな会話の中から
「世界名作劇場・フランダースの犬」で
主人公の好少年”ネロ”を
追い詰めた、庄屋の使用人
”ハンス”がいかに嫌な奴か
妻と息子に力説している内に
そのアニメ「フランダースの犬」を
見せることになった。

早速TSUTAYAでレンタル。
毎週日曜の夜に放映してたアニメなんで
ホンキで全話見るとしたら
ウンザリするくらい長い作品。
いざとなりゃ最終巻だけ借りてくればいいや
と勝手に決意する。

ところが世の中便利になった。
「世界名作劇場・完結版 フランダースの犬」として
有名な最終話を中心とした
いちおう総集編(全120分)が既に存在してた。

あらすぢ・・するまでもないが>
日本アニメーションによる「世界名作劇場」
第一弾。最終回で天に召される主人公のため、
山のような助命嘆願が届いた逸話は余りにも有名。
ベルギーの一地方フランダース。祖父と二人暮らしで
絵を描くのが好きな少年ネロは、ある日、虐げられて
瀕死状態の老犬パトラッシュに出会う。ネロの
懸命な看病で元気になったパトラッシュは、
彼と深い心の絆を結ぶ。だが祖父の死、
仕事の喪失、犯罪の容疑など、
現実はあくまでネロに過酷だった。

************************

ネロを見守るおじいさん。ヒゲ爺さん。

PONがこれまで観てきた物語では
ヒゲ爺さん”といえば
・優しいが現実世界では
 あんまり頼りにならないタイプ
・とっつきにくいが
 もんの凄く力を持ったタイプ
といずれかに分かれる。

前者が「ネロの祖父」であり
アルプスの「オンジ」
後者が言わずもがな
国連宇宙軍の「沖田艦長」
そして同盟軍の「ビュコック提督」

いずれにせよヒゲわしゃわしゃの
じいさんに悪い奴はいない

幼少期のPONに強烈に
刷り込まれたステレオタイプです。

ネロの愛犬”パトラッシュ
そもそもはさるゴウツク商人のモノで
馬車ならぬ犬車の動力として
こき使われていた。
それがある日、道の真ん中でリタイヤ。
死んじゃったものと判断した商人は
草むらにパトラッシュを棄てて行った。
そのパトラッシュを看病して
立ち直らせたのがネロたちだったのだが
(一応)元気になったパトラッシュを
みてしまった商人は、そいつは元々
俺のものだと所有権を再主張。
欲しければ金よこせとのたまう。

困ったネロは上沼相談員
お爺さんに相談。
するとお爺さんは、ネロに内緒で
商人が出入りしている
酒場に向かうのだった。

「じーさん、その男はクズだよ」
親切な赤の他人がクソの役にも立たない
忠告をする中、爺さんは商人にささやく。
「犬のことで話がある。
 ここじゃなんだからちょっと
 場所を変えようか・・


それから場面変換。以後商人は
話に出てこなくなり、パトラッシュは
正式にネロの飼い犬となる。

さすが爺さん、体育館の裏で商人を
ボコボコにしたり、脅しに近い説諭でも
カマしたのかと期待するじゃないですか。
あの引き方ならば・・
ところがネロのための貯金を
ほぼ全額商人に渡して手を打ったのだった。
(しかも足りない分は分割払い)

そんな事、夢にも思わないネロ。
哀しい。哀しずぎる。

ネロのガールフレンド”アロア
当時のベルギーは風車の所有台数が
金持ちの証、のようなところがあったのか。
そんな風車を複数台保有する
豪農のダンナ”アロア父
このアロア父がまた、頑固でプライドが高く
差別主義者というメンドクサイ存在。
ネロに同情的ではあるが封建社会の犠牲者か
そんなオヤジになんも言えない”アロアの母

そしてPONが己の人生において
この名前の人間だけは絶対に信用しない、と
心に決めている輩、ハンス!!
ハンスはアロア父家の使用人で
強いものに弱く弱いものに強い。
しかも保有するボロ屋をネロ家に
貸している大家だというからタチが悪い。

あとは、ネロの友人だが
ストリートチルドレン一歩手前
社会的影響力はゼロなんで
騒ぐ割りに状況改善には
まったく役に立たない
ジョルジュ&ポール兄弟。あと黒アヒル。

プラスの勢力もいる。
ときどきネロにご飯を持ってきてくれる
メガネのお婆さん
ネロの祖父が死んじゃったから
いっそネロをひきとろう、と
裏で手配していた大工の爺さん
(声:バカボンのパパ)
ベルギーお絵かきコンクールで
ネロの作品をイチオシした地味目の画家

彼らが物語の途中で、ときどきネロを
プラスの方向へけん引してくれるのだが
それ以上に闇の勢力たる
”ハンス”と”アロア父”と
何より”間が悪すぎ”て
ネロはどんどん、暗黒の最終回へ。
最終回では闇の勢力と光の勢力が
激突する・・。


それにしてもムカつく。
見れば見る程ムカつく展開。
このころのよい子向お涙ちょうだいアニメ
(みなしごハッチとか
 樫の木モックとか)は
とにかく涙の前にムカつくことばかりで
当時、ブラウン管を叩きまくっていたことを
急に思い出した。

心の健康に悪いので
全50何話をフルでなんか絶対見たくない。
であるから、総集編で充分なのであった。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


posted by PON at 21:00| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。