2008年12月06日

「グレイヴディッガー」高野和明

「グレイヴディッガー」高野和明

講談社文庫。これも上司にもらった文庫。
今度の話はなんじゃろな?と
事前情報なきまま、またまた読書開始。

あらすぢ
改心した悪党・八神は、骨髄ドナーとなって他人の命を
救おうとしていた。だが移植を目前にして連続猟奇殺人
事件が発生、巻き込まれた八神は白血病患者を救うべく、
命がけの逃走を開始した。首都全域で繰り広げられる
決死の追跡劇。
謎の殺戮者、墓掘人(グレイヴディッガー)の正体は?
圧倒的なスピードで展開する傑作スリラー巨編。

************************

あらすぢで散々煽っておりますが・・
>謎の殺戮者、墓掘人(グレイヴディッガー)の正体は?

・・正体は、なんだったっけw
半年くらい前に読んだ本なので忘れてしまいました。
読んでいるうちは、ジェットコースター的展開で
それなりに楽しめましたケド
主人公のおかれる状況(小説での設定)に
割とムリがあった気がします。

・元ワルで
 →もうこの時点で社会の善意は期待できない
・ワナにはめられ
 →組織を(具体的には警察を)頼れない
・捕まる訳にも、大怪我や死ぬわけにもいかない
 →ドナーとして白血病患者のため
・都内各地を体ひとつでとにかく逃げ回る
 →お金も移動手段もないので
 
主人公の行動を制約するために
色々と後付設定が付随していった感が。

っつーか、主人公は「自分の生き方を変える」
その第一歩として「骨髄移植」をすることにした。
まあ、それはいいけれど、自分が死ぬか生きるかの
瀬戸際にまで、とことん「骨髄移植」にこだわる
(→あらゆる障害を乗り越えて病院へ駆け込もうとする)
というのは、さすがにこだわりすぎだろ。
行動理由として弱く、納得できない。
それが男の意地からきているのだとしても。

権力組織(警察内部)に旧知の仲がいると
自分が何者にも頼れなくなったときに
なにかと重宝します・・ということで。
あと、ドナーを保護する役の病院側の方も
何かと頼りなるなあ。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書(ミステリ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日は、ありがとうございました。
こちらにもトラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
Posted by 藍色 at 2010年08月18日 13:59
>藍色様
グレイヴディッガーもTBさせて
いただきました。
これからも宜しくお願いします。
Posted by PON at 2010年08月23日 12:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107232901

この記事へのトラックバック

グレイヴディッガー 高野和明
Excerpt: 都会の闇を生きてきた悪党・八神俊彦は、運命の一日を迎えるはずだった。 生き方を改めるため、自ら骨髄ドナーとなり白血病患者の命を救おう...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2010-08-18 13:22