2008年12月14日

大阪のビデオ屋で放火したバカが・・

大阪のビデオ屋で放火したバカが忘れ去られようと
・・しています。厚生省元次官を狙った殺人といい。
どうしてこうも次々とバカが事件を起こすのか。

バカといえば、厚生省元次官の犯人が自首した
時点(11/25)では、逮捕前に出したと思われる
週刊朝日12/5の電車広告が妙にイタイタしい。

「総力取材 年金テロ 全情報」
△警視庁捜査一課元刑事が明かす犯人像と狙い
△当局が追う厚労省への「抗議と苦情」
△山口夫妻殺害までの「不気味な予兆」
△カギは80メートルにわたる血痕の先
△襲撃犯の次のターゲットは?

・・結局ね、週刊誌は「売ってナンボ」なんで
真実よりも売らんかなって姿勢なんで。
基本は煽っているだけで、どれひとつ真実を
突いていなかったとしても、クレームまで
言われないような見出しであることがよーく判る。

しかも犯人逮捕前から「テロ」だと決め付けたくって
仕方なかった様子だよ。

100%憶測だけども、あの犯人を「バカの犯行」と
決めて終了してしまってよいものなのか?って気もする。
ある組織があのバカを人間凶器として利用した・・
(いわゆる陰謀論ですな)なんて話もあるようだけど、
真相は闇の中。いくらメディアが掘り起こしたところで
我々が知ることの出来る情報なんてタカが知れているし
なによりすべては「二次、三次情報」に過ぎないわけだし。

おそらく最後まで解んないだろう。
かつて民主党の国会議員や狂気の宗教集団のキーパーソンが
消されたときだって、右翼崩れや暴力団の跳ね上がり
といわれる実行犯は捕まったかもしれんけど
今に至るまで真相は不明なまま。

この社会は、モノゴトの真相がPONごときのレベルに
伝わってくるようには決して出来ていないんだな。
知る必要もないのかもしれないけど。

ただ、たとえ組織の所為だとしても、奥さんまで殺害
もしくは重傷を負わせたというのは、さすがにやり過ぎだと
感じているハズ。
やっぱ、バカの妄想による暴走が真相なのか?

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif


ラベル:バカ
posted by PON at 21:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事(怒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。